気象学/大気の組成

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大気[編集]

大気の気体含有量
気体 パセント成分
窒素 (N2) 78 .080
酸素 (O2) 20 .946
アルゴン (Ar) 0 .934
二酸化炭素 (CO2) 0 .038
ネオン (Ne) 0 .00182
ヘリウム (He) 0 .000524
メタン (CH4) 0 .00015
クリプトン (Kr) 0 .000114
水素 (H2) 0 .00005

大きな青い不思議、それは私たちが吸う空気と出す汚れに満たされています。ほとんどすべてのみなさんがご存知のように、私たちは酸素を吸います。空気として知られる大気中の混合物の中で、酸素ではなく窒素が第一の成分であるということは、実際かなり驚くべきことです。全種類の気体が大気を構成しますが、私たちの日常の生活において目に付くものは少数で、酸素、二酸化炭素、オゾンくらいです。

ニューズ、新聞、本、ご両親、友達や先生から、二酸化炭素が大気を汚染しているというのを聞いたことがあるでしょうが、完全に悪いというわけではありません。二酸化炭素は私たちの惑星と私たちを凍死しないように暖めてくれる気体の一種です。もちろん、悪い面もあります。二酸化炭素が多すぎると地球を熱し暑くなりすぎます。

オゾンは最もよく耳にする気体の一つですがあまり知られていません。オゾン、またはO3は、通常の二つではなく三つの酸素原子のグループになる酸素です。オゾンは有害な紫外線(日焼けやガンを引き起こし、死に至ることもあります)が私たちに入らないようにしてくれます。もちろん、多くの人が“オゾンホール”を耳にしたことがありますが、一つより多くの穴がありそれが絶えず成長し続けているということは多くの人は知りません。私たちはオゾン、オゾンホールとそれが引き起こす問題をみていきます。

[編集]

ただ空を見上げただけでは、大気に層があるということは分からないでしょう。しかし実際に層はあるのです。ケーキに違った味の層があるように。これらの層とそれをつなぎ合わせるアイシングは大気中にほとんど正確かつ同様に見つかります。これらの層はそれぞれ私たちの惑星と天気に異なる役割を果たします。層については次のセクションで深く掘り下げていきます。