Ef3の投稿記録

利用者の編集は7,106回。 2006年11月19日 (日)にアカウント作成。
投稿の検索開く折り畳む
⧼contribs-top⧽
⧼contribs-date⧽
(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示

2024年4月17日 (水)

  • 04:492024年4月17日 (水) 04:49 差分 履歴 +3,800 Ficl→‎ANS Forthへの準拠状況: Ficlは、Forth言語の実装であり、ANS Forth規格に準拠していますが、完全に準拠しているわけではありません。以下は、FiclがANS Forthにどの程度準拠しているかを示す一般的な概要です。 コアワードの実装*: FiclはANS Forthのコアワードの多くを実装しています。これにはスタック操作、制御構造、データ型、変数、定数などが含まれます。 ワードセット*: FiclはANS Forthの基本的なワードセットに加えて、いくつかの追加のワードセットもサポートしています。これには、Forthの実行環境やアプリケーション開発を支援するための拡張機能が含まれます。 標準準拠度の程度*: FiclはANS Forthの基本的な機能には準拠していますが、すべての機能や拡張機能を実装しているわけではありません。特定の機能やワードがサポートされていない場合もあります。 Ficl固有の拡張*: Ficlは独自の拡張機能や機能を持っており、これらはANS Forthとは異なる場合があります。 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:582024年4月17日 (水) 02:58 差分 履歴 −353 高等学校理科/地学基礎/移り変わる地球→‎化石の年代測定: 化石の年代測定には、主に以下の方法が使われます。 相対年代測定(Relative age Dating):放射性炭素年代測定(Radiocarbon Dating):カリウム-アルゴン法(Potassium-Argon Dating): ウラン-トリウム法(Uranium-Series Dating): 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:182024年4月17日 (水) 02:18 差分 履歴 +359 C言語/基礎知識→‎代入式の右辺と左辺: 校閲と推敲 最新 タグ: 2017年版ソースエディター

2024年4月16日 (火)

2024年4月15日 (月)

  • 23:012024年4月15日 (月) 23:01 差分 履歴 +6,043 Ficl→‎オブジェクト指向プログラミング: Ficlのオブジェクト指向(OO)システムの特徴 遅延バインドと早期バインド: Ficlのオブジェクトは通常遅延バインドされます。これは、特定のオブジェクトに対して常に適切なメソッドが呼び出されることを保証します。しかし、コンパイル時にオブジェクトのクラスがわかる場合は、早期バインドも利用できます。 単一継承、集約、およびオブジェクトの配列: FiclのOOPは単一継承をサポートし、さらに集約やオブジェクトの配列も可能です。 独立したメソッド名前空間: クラスごとに独立したメソッド名前空間があり、メソッドはそのクラスまたはオブジェクトのコンテキスト内でのみ可視です。サブクラスではメソッドをオーバーライドまたは追加することができます。 クラスとオブジェクトの統一された構文: Ficlでは、すべてのクラスがオブジェクトであり、クラスメソッドにはサブクラス化やインスタンス化などの機能が含まれます。 既存のデータ構造のラッピング: Ficlはオブジェクトラッパーを使用して既存のデータ構造を適応できます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:272024年4月15日 (月) 02:27 差分 履歴 +1,908 Ficl→‎浮動小数点数: Ficlは、「Providing names from the Floating-Point word set[1]」としており「Floating-Point Extensions word setの一部を提供する標準システム」とラベル付けされます。 Ficlは、データスタックとは別にフロートスタックを持ちます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:352024年4月15日 (月) 01:35 差分 履歴 +2 Ficl→‎文字列処理: HeadLevel タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:262024年4月15日 (月) 01:26 差分 履歴 +904 Ficl→‎Ficlの起動と終了: Ficlを起動して使用する方法は、通常のForthシステムと似ていますが、具体的な手順についてはFiclの実装に依存します。一般的な方法を以下に示します。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:552024年4月15日 (月) 00:55 差分 履歴 +20 Ficl→‎構文の基礎: {{See also|Forth}} タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:532024年4月15日 (月) 00:53 差分 履歴 −3 Forth→‎データスペース(Data Space): ln. 最新 タグ: 2017年版ソースエディター

2024年4月14日 (日)

  • 05:542024年4月14日 (日) 05:54 差分 履歴 −164 有機化学/基→‎ハロゲノ基: テーブルをWiki記法で再マークアップ 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 05:472024年4月14日 (日) 05:47 差分 履歴 −179 有機化学/基→‎炭化水素基の種類: テーブルをWiki記法で再マークアップ タグ: 2017年版ソースエディター
  • 05:392024年4月14日 (日) 05:39 差分 履歴 −451 有機化学/基→‎酸素を含む化合物: テーブルをWiki記法で再マークアップ タグ: 2017年版ソースエディター
  • 03:402024年4月14日 (日) 03:40 差分 履歴 +435 Forth→‎Hello, world!: Forthでは、.(ワードはデリミター )に囲まれた文字列を指定し表示します。 .( Hello, world!) cr これにより、"Hello, world!" が表示されます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 03:192024年4月14日 (日) 03:19 差分 履歴 +1,741 Forth→‎制御フロースタック: 制御フロースタックは、Forthの制御構造の実装に使用されるメカニズムです。具体的には以下のような役割を果たします: 分岐命令の始点(origin)を記録する IF、AHEAD などの前方ジャンプ命令の始点を記録 分岐命令の終点(destination)を記録する BEGIN、AGAIN などの後方ジャンプ命令の終点を記録 分岐命令の始点と終点を解決する THEN でIF や AHEAD の始点を解決 AGAIN で BEGIN の終点を解決 制御フロースタックは、Forthの制御構造を実現するための中間表現として機能しています。プログラマはこの制御フロースタックの管理を意識することなく、高レベルな制御構造を記述できます。 実装方法は任意ですが、たとえばデータスタック、連結リスト、特殊な配列など、必要な操作ができる形で実現されます。重要なのは、制御構造の始点と終点が適切に記録・解決されることです。 この制御フロースタックを基に、IF-THEN、BEGIN-UNTIL、BEGIN-WHILE-REPEAT などの基本的な制御構造が構築されます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 03:062024年4月14日 (日) 03:06 差分 履歴 +2,872 Forth→‎辞書: Forthの辞書に関する情報を要約します。 辞書と名前空間 名前空間: Forthの辞書は名前空間を提供します。標準プログラムは非標準の定義で標準ワードを再定義することができますが、その結果は標準システムではなくなります。 定義名: 標準プログラムが使用する外部要素が標準システムで提供されていない場合、実行環境に依存する可能性があります。 コード空間とデータ空間 データ空間: Forthシステムのデータ空間は不連続な領域に分かれています。複数の領域の配置については標準プログラムは仮定できません。 アドレスの整列: アクセス命令によって使用されるアドレスにはアライメント制約があります。例えば、16ビットのデータは偶数アドレスにのみ保存される必要があるなどの制約があります。 他の情報 一貫したアドレス: データ領域の一貫性は、領域内でのアドレス演算を有効にします。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:472024年4月14日 (日) 01:47 差分 履歴 +1,732 Forth→‎例外処理: Forthの例外処理に関する情報を要約します。 Exception word set はオプショナルなので、実装していない処理系もありえます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:392024年4月14日 (日) 01:39 差分 履歴 +2,522 Forth→‎ファイル操作: Forthのファイル操作に関連するオプションのワードセットである「File-Access」についての情報を要約します。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:312024年4月14日 (日) 01:31 差分 履歴 +2,086 Forth→‎ローカル変数: ForthのOPTIONAL Locals word set(ローカルワードセット)は、Forthのプログラミングでローカル変数を定義するための機能を提供します。以下は、このワードセットに関する情報の要約です。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:252024年4月14日 (日) 01:25 差分 履歴 +1,989 Forth→‎浮動小数点数: Forthの浮動小数点数についての情報は、Forth-2012仕様におけるオプションの浮動小数点数ワードセットに関連しています。以下にその内容の要点をまとめます。 浮動小数点数の基本 浮動小数点数は、DECIMALのBASEで入力する必要があります。任意の基数での浮動小数点数の入力は許可されていません。 標準システムで解釈されるすべての浮動小数点数には、指数インジケーター "E" を含める必要があります。 浮動小数点数の例 1e 3.14e 1.2e3 1e9 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:092024年4月14日 (日) 01:09 差分 履歴 +7,244 Forth→‎データ型: Forthには明示的なデータ型宣言がないため、データ型は主に暗黙的に扱われます。Forthでは、データ型はデータの解釈や使用方法に依存します。以下では、Forthでよく使用されるデータ型について説明します。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:362024年4月14日 (日) 00:36 差分 履歴 +2,202 Forth→‎アライメント: Forthの ALIGN ワードは、データ領域のアラインメントを行うためのワードです。アラインメントとは、データがメモリ上で配置される位置を調整することであり、特定のアドレス境界にデータを配置することを指します。アラインメントは、プロセッサの性能やメモリアクセスの効率性に影響を与える重要な要素です。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:242024年4月14日 (日) 00:24 差分 履歴 +2,573 Forth→‎CREATE: Forthの CREATE は、新しい変数や配列をディクショナリに定義するためのワードです。CREATE を使うことで、任意の名前で参照可能なデータ領域を確保し、その領域に対する操作を定義することができます。 タグ: 2017年版ソースエディター

2024年4月13日 (土)

  • 01:212024年4月13日 (土) 01:21 差分 履歴 +5,802 Forth→‎データスペース(Data Space): Forthのデータスペースとは、メモリ内の連続した領域を指し、データやワードの定義などが格納される場所です。Forthでは、データスペースは主に ヒープ(heap) と ディクショナリ(dictionary) の2つの領域に分かれています。 ヒープ: データスタックやワードの実行時に使用される一時的な領域です。ここでは、動的に割り当てられたデータや一時的な計算に使用されるデータが保持されます。 ディクショナリ: ワード(単語)の定義やその実装が格納される領域です。Forthのディクショナリはワードの名前とそれに対応する実行可能なコードへのポインタを保持します。 →‎HERE ワード: HERE はForthで使用される特定のワードであり、現在のデータスペース内の「ここ(here)」の位置を示します。具体的には、ディクショナリ内の次の空き領域の先頭アドレスを指します。 HERE を使用すると、新しいワードやデータをデータスペースに格納する際に位置を特定することができます。主にワードの定義やデータの動的な確保に使用されます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:432024年4月13日 (土) 00:43 差分 履歴 +1,616 Forth→‎基本的な制御構造: Forthの制御構造は、他のプログラミング言語とは異なり「制御構造もワードの集合から定義する」という独自の特徴を持っています。Forthでは、基本的な制御構造として条件分岐とループが利用されます。 制御構造に関するワードは、コンパイル時(つまり : から ; までの間)でのみ使用でき会話モードでは使用できません。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:292024年4月13日 (土) 00:29 差分 履歴 +3,164 Forth→‎Forthのワードとは?その定義と使用について: Forthにおける「ワード」とは、基本的には単語や言葉を意味しますが、Forthプログラミングでは、より具体的には次の2つの意味を持ちます。 定義済みの単語 ワードは、Forthの語彙において定義された単語や操作を指します。Forthでは、これらのワードはスタック操作や制御構造、算術演算などの基本的な機能を表します。例えば、+は2つの数値を取り出して足し合わせ、結果をスタックに戻すワードです。 新しい単語の定義 ワードは、Forthプログラム内で新しい単語を定義するための仕組みとしても使われます。これは、既存のワードを組み合わせて、新しい機能を持つ単語を定義することを意味します。例えば、DOUBLEというワードを定義して、与えられた数値を2倍にするような操作を定義することができます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:132024年4月13日 (土) 00:13 差分 履歴 −1,488 Forth→‎はじめに: Forthはスタック指向のプログラミング言語であり、そのシンプルさと柔軟性から広く用いられています。 本書は、プログラマがForthを効果的に使いこなすための手引書として設計されています。例示や実践的なヒントが豊富に盛り込まれており、読者は理論を理解しながら実際のプロジェクトに応用できるでしょう。 本書を通じて、Forthの魅力と実力を十分に体感し、その利用価値を最大限に引き出すことができるでしょう。 本書では、ForthのCore Word Setに準拠した標準的なForthシステムを題材とします。 タグ: 2017年版ソースエディター

2024年4月12日 (金)

  • 05:572024年4月12日 (金) 05:57 差分 履歴 +2,043 Forth→‎イミディエイトワード: イミディエイトワード(immediate word)は、Forthプログラミング言語において特定の動作を持つワードの一種です。イミディエイトワードは、通常のワードとは異なり、コンパイル時ではなく実行時に直ちに処理されます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 03:002024年4月12日 (金) 03:00 差分 履歴 +3,235 Forth→‎コントロールフロースタック: コントロールフロースタックとは、Forthのプログラムの制御フローを管理するために使用される仮想的なスタックです。 →‎リターンスタック: Forthには、データスタックとは別に、リターンスタックと呼ばれる重要なスタックが存在します。リターンスタックの主な役割は以下の通りです: 関数呼び出しとリターン 関数を呼び出すとき、その関数の呼び出し元の命令アドレスがリターンスタックにプッシュされます。 関数から抜け出すときは、リターンスタックからアドレスがポップされ、その場所に制御が戻されます。 これによって、関数呼び出しの際の制御の移動を管理することができます。 一時的データ保管 リターンスタックは、データを一時的に保管する場所としても使えます。 データスタックからデータを>Rでリターンスタックにプッシュし、後でR>で取り出すことができます。 これにより、データスタックの状態を一時的に変更せずに、値を保持しておくことができます。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:452024年4月12日 (金) 00:45 差分 履歴 +2 Forth→‎基数: HeaderLevel タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:422024年4月12日 (金) 00:42 差分 履歴 +2,642 Forth→‎基数: Forthの BASE は、数値の基数(n進数のn)を設定するための変数です。Forthでは、数値の表現において基数を変更することができます。通常、Forthはデフォルトで10進数を使用しますが、BASE を変更することで他の基数(2進数、16進数など)で数値を表現することが可能です。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:232024年4月12日 (金) 00:23 差分 履歴 +3,849 Forth→‎変数の宣言・代入と参照: Forthにおける VARIABLE は、変数を定義するためのワードです。Forthでは、変数はメモリ内のアドレスに名前を関連付ける方法で定義されます。→‎定数の定義と参照: Forthの CONSTANT は、定数を定義するためのワードです。定数は変更されることのない値であり、プログラムの中で何度も使われる値を簡潔に表現するために使用されます。 タグ: 2017年版ソースエディター

2024年4月11日 (木)

2024年4月10日 (水)

2024年4月7日 (日)

  • 06:342024年4月7日 (日) 06:34 差分 履歴 +8,576 N Ficlこのハンドブックは、Ficl(Forth-Inspired Command Language)の使用法と機能について包括的に説明するものです。Ficlは、組み込みシステムやリソースの制限された環境で使用することを目的とした、ANS Forthに基づく拡張可能な言語インタプリタです。 Ficlは、Forthのシンプルさと柔軟性を活かしながら、より広範なユーザーに向けて設計されています。本書では、Ficlの基本構文から始めて、逐次的に高度なトピックや活用法について掘り下げていきます。Ficlを利用することで、ユーザーは効率的かつ迅速に、組み込みシステムや小規模プロジェクトでの開発を行うことができます。 このハンドブックは、Ficlの新規ユーザーから経験豊富なプログラマーまで、幅広い読者層を対象としています。Ficlの基本概念や実用的な例を通じて、読者が短時間で理解を深め、自身のプロジェクトでFiclを有効活用できるようにサポートします。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:022024年4月7日 (日) 02:02 差分 履歴 +28 Elixir→‎Webフレームワーク: WebSockets 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:582024年4月7日 (日) 01:58 差分 履歴 +6,205 N WebSocketsWebSocketsは、クライアントとサーバー間の双方向通信を実現するためのプロトコル規格です。従来のHTTP/1.1では、クライアントが要求を送信し、サーバーがそれに応答するという単方向の通信モデルでしたが、WebSocketsではクライアントとサーバーが常時接続された状態で、お互いにメッセージを送受信することができます。 WebSocketsプロトコルは、HTTP/1.1を拡張したものです。WebSocketsは、初期接続時にHTTPのハンドシェイクを使ってサーバーと接続を確立し、その後はHTTPとは異なる独自のフレーミング形式でデータの送受信を行います。 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:482024年4月7日 (日) 01:48 差分 履歴 +36 ASP.NET Core→‎認可(ポリシーベースの認可): {{See also|ASP.NET Core/Identity}} 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:462024年4月7日 (日) 01:46 差分 履歴 +5,818 N ASP.NET Core/IdentityASP.NET Core Identityは、ASP.NET Coreアプリケーションにユーザー認証と承認の機能を提供するフレームワークです。従来の ASP.NET Membership Systemの後継にあたるものです。 ASP.NET Core Identityは、ユーザー登録、ログイン、ログアウト、パスワード管理、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) など、一般的な認証/承認機能を統合的に提供します。開発者は、これらの機能を容易に組み込むことができます。 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:332024年4月7日 (日) 01:33 差分 履歴 +22 ASP.NET Core→‎Swaggerによるドキュメンテーション: {{See also|Swagger}} タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:322024年4月7日 (日) 01:32 差分 履歴 +7,267 N SwaggerSwaggerは、RESTful APIを定義し、文書化するためのオープンソースフレームワークです。Swaggerは、プログラマーやAPI消費者が、APIの機能、パラメーター、リクエスト/レスポンスモデルなどを簡単に理解できるよう支援します。 Swaggerの中心的な要素は、OpenAPI Specification (OAS)と呼ばれる標準的な記述フォーマットです。OASファイルには、API全体の仕様が記述されます。これにより、開発者はさまざまなツールを使ってAPIドキュメントを自動生成したり、APIクライアントを自動生成したりすることができます。 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:152024年4月7日 (日) 01:15 差分 履歴 +169 Go/実行の方法編集の要約なし 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:582024年4月7日 (日) 00:58 差分 履歴 +600 Go/環境構築→‎動作確認: Go言語の環境構築が完了した後は、バージョンが正しくインストールされているか確認する必要があります。バージョンの確認は、go versionコマンドを使用して行います。 例えば、Windows、FreeBSD、GNU/Linux、Androidなどの環境での表示結果の例を示します。 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:452024年4月7日 (日) 00:45 差分 履歴 +516 Go/環境構築→‎FreeBSD: Go言語の環境構築を行う際、FreeBSD上ではPorts/Packages Collectionを利用して行います。特にFreeBSDでは、Goのバージョン1.22についてはports/lang/go122からビルドやインストールが可能です。 タグ: 2017年版ソースエディター

2024年4月6日 (土)

(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示