「高等学校化学II/イオン交換樹脂」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
製塩工業についての参考文献を追加。
(→‎水酸化ナトリウムの製造: 図を追加した: イオン交換膜法によるNaOHの製造法。)
(製塩工業についての参考文献を追加。)
 
:( ※ 発展:)またイオン交換樹脂は、食塩の製造にも使われている。(※ 啓林館および第一学習社の検定教科書で記述を確認。) 「イオン交換膜」という技術が使われる。(※ 本wikibooksでは「イオン交換膜」の詳しい説明は、省略する。)
:食塩の製造法をネット調べたところ、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。(※ 参考文献: サイエンス社『工学のための無機化学 [新訂版]』、橋本和明 著、2016年 新訂版、120ページ) 結局、食塩の製造では、最終的には、塩田と同様に蒸発に頼ることになる - 現代の(イオン交換膜を使う)方法でも最終的に蒸発に頼ることになる
 
== 陽イオン交換樹脂 ==
23,474

回編集

案内メニュー