利用者・トーク:すじにくシチュー

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

過去ログが 2016年3月8日 (火) 11:31 の版 にあります。

ふりがな[編集]

こんにちは。地歴公民の教科書は、ルビを多用しますので、冒頓単于(ぼくとつぜんう)とか完顔阿骨打(ワンヤンアグダ)みたいに、テンプレート:Rubyを活用しませんか? いやですかね? これは好き嫌いがありますから。--Charidri (トーク) 2015年11月8日 (日) 06:28 (UTC)

私のトークページではなく、該当の記事のトークページで議論をお願いします。この私のトークページでは、あなたの質問には返答しません。--すじにくシチュー (トーク) 2015年11月8日 (日) 07:09 (UTC)
なるほど。そういうしきたりなんですね。どこでやったらいいのかわからないのでもうやめておきしょう。--Charidri (トーク) 2015年11月8日 (日) 07:30 (UTC)

お願い[編集]

Vigorous actionTalk/History)です。テンプレート:RC話題へのこの投稿あは日本語として致命的な誤りが有ります。これは日本語を母語としない人が日本語を学習する上で躓く原因の一つであると聞き及びますから、日本語を母語としない人の場合であればある程度許容すべきことなのかもしれません。しかし日本語を母語とする人にとってはかなり問題であると考えます。何故なら誤った使い方であることは、日本における学校教育では小学校高学年(5,6年生)の国語で履修する内容なのですから。
あなたは、「誤りに気がついたのなら、その人が直せば良い。」と仰るかもしれません。しかし、この誤りは他者には修正が不可能です。
先日あった助詞の使い方などもそうですが、wikibooksは教科書編纂プロジェクトですから、誤解を招かないなど正しい日本語を使うのが基本だと思います。その上で美しい日本語を使うように心がけていただけませんか?よろしくご検討下さい。--Vigorous actionTalk/History) 2016年3月8日 (火) 04:11 (UTC)

(返答)対案を出してください。あと「美しい日本語を使うように心がけていただけませんか?」は、オマエの日本語は美しくないという意味の人格攻撃です。--すじにくシチュー (トーク) 2016年3月8日 (火) 04:51 (UTC)

(報告) 対案を出そうとしないアナタ(利用者:Vigorous action)の振る舞いに対し、Wikibooks:談話室に苦情を入れました。以降、談話室で議論をしてください。私個人は、現在のあなたの行為を迷惑行為と感じています。なので今後もし、この件で私のトークページに投稿しても、私があなたの投稿を除去する可能性もあります。--すじにくシチュー (トーク) 2016年3月8日 (火) 11:30 (UTC)

あなたは批判を、個人攻撃だとひねくれて理解し、受け入れない人なのですね。 令和少年 (トーク) 2020年2月11日 (火) 04:31 (UTC)

投稿ブロック(1日間)を行いました[編集]

(報告)1日の投稿ブロックとしました。事由は,IPユーザーの方の会話ページにおける暴言があったためです。1日経過すればブロックは解除されます。特に,w:WP:NPAw:WP:CIVあたりの援用しているjawpの方針・ガイドラインの精神をブロック期間中によくご理解いただければと思います。

ブロック解除後は各種の方針・ガイドラインに基づいた行動を心がけてください。いかなる事情があっても,議論相手に暴言を吐くことがあってはなりません。--かげろん (トーク) 2016年7月3日 (日) 01:11 (UTC)

いやですね。馬鹿に馬鹿と言って何が悪いのか、というのが私の信条です。犯罪者は場合によっては警察によって暴力を振るわれる事になるのと同様、低レベルな発言しかできないくせに断定的な態度の馬鹿は暴言を振るわれて当然です。それで私をアカウントをブロックせざるを得ないのなら、どうぞお好きなようにブロックしてください。私にとって、wikibooksに投稿できなくても困りません。むしろ、私以外の人間は無知蒙昧なほうが、私にとって愚民を支配しやすく好都合ですので、私の書いた教科書を読める人間が減るのは好都合です。--すじにくシチュー (トーク) 2016年7月3日 (日) 17:09 (UTC)

警告[編集]

Wikibooksは教科書を作るプロジェクトであって、あなたの主張や妄言を発表する場所ではありません。利用者:すじにくシチューのような使い方はおやめください。--Vigorous actionTalk/History) 2016年9月23日 (金) 03:33 (UTC)

「中学校社会 地理/日本の諸地域 北海道地方」の記載[編集]

Kyubeといいます。中学校社会 地理/日本の諸地域 北海道地方#農業などで東部と西部の記述が逆のように思えるのですが、あの記載で正しいのでしょうか。単純に直してよいのか分かりかねますので、その旨お知らせします。 kyube (トーク) 2016年10月18日 (火) 10:05 (UTC)

Share your experience and feedback as a Wikimedian in this global survey[編集]

  1. ^ この調査では、ウィキメディア財団の現在の問題についてのご意見をお伺いするためのもので、長期的な戦略について論じるものではありません。
  2. ^ 法的事項: 購入の必要はありません。未成年者は参加できません。ウィキメディア財団 (149 New Montgomery, San Francisco, CA, USA, 94105) により後援されています。2017年1月31日に終了します。但し、禁止されている場所では無効。コンテストルールを参照するにはこちらをクリック

投稿ブロック(3日間)を行いました[編集]

3日間の投稿ブロックとしました。事由は,参加者に対する明らかな暴言があったためです。その内容は放置するべきではないと考えたため不可視化しています(他の管理者には確認いただきたく)。かげろん さんの上の措置度同様の措置と考えてください。

>いやですね。馬鹿に馬鹿と言って何が悪いのか、というのが私の信条です。

その信条を曲げる必要は全くありませんが、行動に対しては相応の対応がとられることをご理解ください。--Tomzo (トーク) 2017年9月28日 (木) 00:06 (UTC)

ESEAP Conference 2018[編集]

Hello please see an invitation below,

I’m Biyanto from Wikimedia Indonesia who organized ESEAP Conference. ESEAP Conference 2018 is a regional conference for Wikimedia communities throughout the ESEAP region: ESEAP stands for East, Southeast Asia, and Pacific. Taking place in Bali, Indonesia on 5–6 May 2018, this is the first regional conference for these Wikimedia communities.

East and Southeast Asia and the Pacific are the most under-represented regions within the Wikimedia community. There is a significant number of Wikimedia contributors in our regions, yet we continue to struggle in establishing a well-managed community. This conference will bring participants from various ESEAP communities together in order to better understand the issues and to look for solutions. It also aims to connect people of the Wikimedia movement within ESEAP regions, to share ideas, and to build regional collaborations that are impossible to achieve through online communication.

We’ve got a lot of participation from several countries, but we’re lacking from your country. As we need more participants from your country, we believe that your contribution and participation would be a valuable asset to the success of this event. If you would like to participate in the conference, please do fill the form as soon as possible (by April 5, 2018) and we’ll inform you if you get selected for the conference.

Thank you and we hope to see you soon. --Pilarbini (トーク) 2018年3月29日 (木) 09:18 (UTC)

投稿ブロック依頼[編集]

5月22日午前0時までに、以前提出された投稿ブロック依頼を取り下げなかったため、すじにくシチュー氏への投稿ブロック依頼を提出いたしましたことをご報告いたします。今後の議論は投稿ブロック依頼ページにて行いましょう。--椎楽 (トーク) 2018年5月21日 (月) 15:23 (UTC)

現在もなお、すじにくシチュー氏の投稿ブロックに関する議論が行われています。-- 令和少年 (トーク) 2019年6月26日 (水) 12:21 (UTC)

通告[編集]

こんにちは。ダーフレです。最近精力的に編集をされていて、尊敬の限りです。さて、では本題にはいりましょうか。あなたがなされました この編集ですが、言うだけ無駄であることも分かっていますが、あなたに一応私がマークアップをした理由を述べると、「『気がする』の部分があなたの主観又は昔の記憶に基づいて書かれていることを読者に知ってもらうため」です。あなたの主観または記憶と書きましたが、要するにその本はあなたのものではない上に、あなたが書いた部分に間違いがあったとしてさらにそれにより何らかの損害を読者に及ぼした場合もあなたに責任は及ばないからこそ(今回の内容で損害が発生することはないでしょうけど)マークアップをしました。では、あなたがおそらく要求するであろう「対案」を書いておきます。

  1. 当該記述を削除する
  2. 放置する

まあ、この程度でしょう。1.に関してはあなたがなされるとは思えませんし。2.しか路はありません。あなたは編集要約に「議論ページなどで根拠を述べてください。」とされましたが、あなたがどうせ反対などされるのは目に見えていますから、ここに述べた次第です。まあ、あなたの主観などに基づく記述はこれだけではありませんので。最後に、あなたへの投稿ブロック依頼に反対票がないこと、賛成票の理由に「個人の意見の記述」が理由になっている票が複数あることをお知らせします。あなたのウィキブッキアンとしてのウィキブックス・ライフが素晴らしいものとなりますように。--峰浦景勝(会話)2019年4月26日 (金) 05:55 (UTC) 峰浦景勝 (会話履歴SUL1SUL2他Pw:会話) 2019年4月26日 (金) 05:56 (UTC)に修正)~

ああ、頭が悪いコメントだなあって感じます。ウィキ○○ってのは誰でも編集できるサービスなんだから、もし記述にマチガイの箇所があると思うなら、その箇所を間違いを直したいと思う人が自分で訂正すればいいだけなんだが・・・。 もしアナタが自分で訂正するのがメンドウくさいというのなら、だったら、そもそも私に文句を言えるような立場でないと思うんですが? 「他人にきびしく、自分に甘い」というフレーズが思い浮かびました。 --すじにくシチュー (トーク) 2019年5月28日 (火) 18:54 (UTC)

忠告[編集]

こんにちは。令和少年です。

あなたが作成・編集したページの高等学校美術Iにおいて、さまざまな問題がございましたので通告いたします。

  • 侮辱的な発言が多すぎます。

この事は、椎楽氏などをはじめ、さまざまな人が注意をしてきたと思います。また、投稿ブロックにも数回かかっていますよね?
あなたはこれらのことを受けて反省はしていないのですか?
あなた曰く、「馬鹿に馬鹿と言う事の何が悪い」と思っていられるようですが、
記事に侮辱的発言を加えるということは閲覧者にとっても不快です。また、人として許されることではありません。
ウィキブックスはあらゆる人に分かりやすい教科書を提供することが目的です。
あなたのように、侮辱的発言を繰り返し行うような利用者は大変迷惑です。
言っておきますが、「他人に厳しく自分に甘い」のは、すじにくシチュー氏の方ですからね。 以後、このような行いは止めて下さい。繰り返し続けた場合、wikibooks:投稿ブロック依頼にあなたの名前を挙げますよ。

  • 独自研究・演説的内容が多すぎます。。

自分の思想は教科書に載せるべきではありません。
ただ事実を記載すればいいのです。教科書というのは、分かりやすく中立的に編集すべきものです。
思想を載せるのでしたら、利用者ページかブログでお願いします。

あなたは、記載内容が間違いであれば、見つけた人が直せばいいと仰っていますが、そもそも「間違ったこと」を書くこと自体「あり得ない」行為ですからね。

以後、気をつけて下さい。

あなたが素敵なウィキブッキアンになられることを期待します。--令和少年 (トーク) 2019年6月27日 (木) 09:32 (UTC)


手を動かさないで口だけを出す人に、実社会では価値は無いのです。なので、アナタの意見には、私はあまり興味がないです。自分では何の手作業もせず、あとから、手作業をしてきた人に文句を言う人は、コロンブスの卵でも勉強してください。
さて「投稿ブロックにも数回かかっていますよね?」 ですか。基本的に、私はwikibooksではブロックにかかってないですよ。私の記憶にあるかぎり、トークページで相手に馬鹿とか何とか言ったのでブロックされた事の1回しか、掛かったことないです。ブロックされた場合、ページ上段の設定表示バーにアラートが出ますので、見落としていることも無いと思います。また、このときの1回の投稿ブロックは、投稿ブロック依頼ページにある依頼とは別件です。2019年6月27日の時点で、寡聞にして、wikibooks日本語版では私(すじにくシチュー)に対する投稿ブロック依頼が可決されて実行された記憶は無いです。
「記事に侮辱的発言を加える」。時系列が違います。私による批判のコメントの多いほとんどの記事は、そもそも私の著作した記事です(編集履歴を見れば分かりますよね?)。小中高のwikibooks教科書および学習ガイドは、数学以外、ほとんど私が1人で作る羽目になりました。私が書き足す前まで、そもそも記事が作成されてなかったか、あるいは記事があったとしても大幅に文章量が不足していた状態です。もし私の編集が非中立で侮辱的だというので見るのですら修正投稿のために嫌だというのであれば、私より先に記事作成をすればよかっただけです。また、そもそも論として、その記事が不要だというのなら、削除依頼を提出するのがスジです。そういった運営の実務をサボってきている人に、私は説教をされる筋合いはないです。実社会とは、そういうものです。  --すじにくシチュー (トーク) 2019年6月27日 (木) 12:38 (UTC)

あなたは、善良な編集も山ほどしています。その一方、(客観的に見ても)あなたは、問題な投稿を行っていると言えます。(あなたが問題な投稿をしていないと言うならば、管理者に聞いてみれば良いでしょう)
しかも、投稿ブロックは1回だけと仰っていますが、2回ではないですか。
あなたが、小中高のwikibooksの教科書を作成し、wikibooksに貢献してくださったのも認めますよ。
ですけど、侮辱的な発言をしたり、侮辱的な内容を教科書に書いたりすることは良いことですかね? また、運営の実務をサボっていると仰いましたね?しかし、私も私なりにwikibooksの発展に努めております。
貴方より編集回数が少ないのは確かですが、客観的に見てあなたの投稿内容は一部問題があると思いますよ。(まあ、諫言ってやつを私はしています)
いくら、貴方より編集回数が少なくても、問題行動は、見逃せません。
それに、「もし私の編集が非中立で侮辱的だというので見るのですら修正投稿のために嫌だというのであれば、私より先に記事作成をすればよかっただけです。」という発言をしていらっしゃいますが、問題のある記事を書くこと自体問題です。他編集者の手間となり、大変迷惑です。 それに、wikibooksが閲覧者から疎まれてしまいます。--令和少年 (トーク) 2019年6月28日 (金) 09:17 (UTC)

しつこい。大した連絡でもないのに、いちいちトークページで話しかけないでください。私はあなたの友人ではないのです。国語数学理科社会科英語のwikibooks教材をつくれるようになってから、出直してください。もしくは、大学課程のwikibooks教科書をつくれるようになってから出直してください。--すじにくシチュー (トーク) 2019年6月28日 (金) 10:17 (UTC)

大した連絡ですよ。 あなたの発言に対して注意をしているのですから。
国語数学理科社会英語のwikibooksの教材をしっかり書けるようにしないと、貴方に忠告出来ないのですか?

ただの言い逃れではないですか?--令和少年 (トーク) 2019年6月28日 (金) 11:01 (UTC)

あなたは、自身の利用者ページに「文句をつけるが対案を出さない」とありますが、どういうことでしょう? あなたが独自研究的な内容や、暴言や差別を書き連ねたりしたから注意(あなたにとっては文句かもしれませんが)をしたという次第です。また、私と共に挙げられている蜂浦景勝さんも、何も誤っていることを、あなたに押し付けてはいません。編集回数で比べれば、あなたの方が経験があり、質の良い記事が書けるかもしれませんが、改善して欲しいのです。 (トーク履歴グローバル利用者情報全履歴)2020年1月12日(日)8:19 (UTC)

Community Insights Survey[編集]

RMaung (WMF) 2019年9月9日 (月) 14:34 (UTC)

Reminder: Community Insights Survey[編集]

RMaung (WMF) 2019年9月20日 (金) 19:14 (UTC)

Reminder: Community Insights Survey[編集]

RMaung (WMF) 2019年10月4日 (金) 17:04 (UTC)

議論に出てきたらいかが?[編集]

ご自分のページでネチネチと演説をかましている暇があったら、Wikibooks:投稿ブロック依頼に出てきたらどうですか? --椎楽 (トーク) 2020年3月21日 (土) 04:55 (UTC)

すじにくちゃんよ^^[編集]

はっきり言ってお前みたいなやつは,24時間1億年手を動かし続けたとしても,大した絵も文章もかかないし,人を貶めて苦しめて,何一つ意味のあるものは生み出さないだろう。

村上とか世のイラスト者とか,権威に媚びすぎ。しかし実際は,だれ一人お前の味方にはならないだろう。 --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 04:57 (UTC)

仕方ない…[編集]

じゃあ透視図法について,少し書いてやるよ。

まず最初にあんたの指摘したとおり,俺は一日にはそれほど絵を描く時間は取ってないよ。まあある程度は描こう,描きたいと思って時間は取っているし,実際そうしている…。

だから透視図法についての考えは,むしろ理論的,数学的に考えたうえで身につけたものでね…。

だから,あんたの奥行きを短く,圧縮,圧縮,って主張は経験からも理論からも妥当なものだと思うよ。

だけどあんただってその通りに描かないでデフォルメすることがあるし,それが大事だって書いてたじゃん。

そうしないから馬鹿だアホだ駄目だアリエナイって言葉は,いったいどこから来るのかね…。 --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 05:33 (UTC)

うーん…[編集]

ほんとにあんたの文章を読むのは,地獄のようにストレスだな…。なぜそうなるのか…。

まあもうちょっと待ってくれよ。ちょっと時間をかけないと解読不能だからね…。 --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 05:38 (UTC)

うーん…[編集]

とにかくあんたは手を動かして生産すればするほど偉い,至上の偉さなんだね…。

でも人間,生きていくのに必要なものなんてそんなにないよ。

ものつくりって言うけど,要らないものや害悪のあるものだっていっぱい作られてない? --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 05:45 (UTC)

江川の事なんかどうでもいいよ…。[編集]

大体あいつ,金欲しさにやらせ番組に出てなかった?

とにかく手を動かせば動かすほどあんたにとっては至上の偉さなんだね…。

じゃあもし一生手を動かさない奴がいたら,そいつの事殺しに行けば? --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 05:54 (UTC)

レベルレベルって…[編集]

眠たいなー。それって美味しいの?

別に一生何もしないで何もなくて死んでったっていいじゃん。この世界も人生も,お前の考えとは大違いの仕組みでできているはずだよ。 --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 06:01 (UTC)

うーん,じゃあ…[編集]

じゃあもうちょっとすじにくの透視図法に関する記述を差し戻した理由を書いておくかな…。

まず第一に,事実,内容云々以前に,文章,表現,書き方,言葉がだめだよね。 恐ろしくストレスフルで,読み手の気力をそぐ文章だよね。普通の高校生がこんな文章読んだら,もう美術,絵になんか二度とかかわりあいたくないって思っちゃうよ…。 とにかく人間性を貶めて否定して,他者を奴隷化する文章だよね…。

第二に内容,事実関係についても,もちろん多くは正しいけど,何か,モザイクのように事実誤認が含まれているように思うんだけど…。この人は大量の本を読むのが自慢で,しかも権威ある人物の言う事には目を輝かせて聞いて,全肯定して生きているようだけど,結局その本や話のいくつかは間違って解釈しているように見える…。しかもそういう間違いが,文章の中にモザイクのように少しずつ含まれているので,結局全削除するしかないんだよね…。

そしてもうちょっと内容について書くと,奥行きの圧縮って話,これはこの人が大量に読んだ美術書によく書かれている話なんだろうけど,結局は個別論,散発的なコツの話だよね。透視図法について,高校普通科かね,これは,その教科書に書くなら,もっと体系的に,順序だてて,透視図法について分かりやすく説明するべきだろう。いきなり個別論をして,こう描くのは馬鹿,こう描くのは大統領,なんて,そんなのおかしいよ。

じゃあお前がその透視図法の体系論を書けと言われそうだけど,実は俺は絵は描くけど,美術の教科書を書くことにはそんな興味なくてね…。今回はすじにくの文章があまりにひどくて不快だったから,どうしようもなくなって,関わっちゃったんだよ…。

しかしすじにくサンってどういう人なのかね…。頭はいいし,いろいろ知ってるんだろうけど,大変人,変人中の変人だね…,なんかすごく疲れたな…。 --Honooo (トーク) 2020年3月21日 (土) 10:24 (UTC)

透視図法って…[編集]

あのさーすじにくちゃん。まず,話を整理するためにあんたの今日書き足した文章に行番号をつけて引用するけど,(ただ,ところどころ,吐き気がするほど気持ち悪い言葉があるので。そこは,片仮名を漢字に直したよ。或いは伏字にした。)

1>この例のように、近い者を見る場合には、視線と被写体上面の高さの差 h の影響が大きくあります。

2>このため、 ではなく、目の位置を中心とした距離比 で考える必要があります。

3>被写体の上面の多く見える構図の場合、右図のように被写体は近くにある筈です。

4>だとすると、高低差 h の影響が大きい筈です。

5>ならば、(たと*(え)水平方向の距離で考えると被写体前面と被写体後面の距離の変化は大きくとも、)目を中心とした距離の変化率で考えると、(高さの影響のため)長さの変化はあまり大きくないのです。

ここまではいいんだけど…。それ以降だよね…。

6>よって、近くの被写体を見るときにパースを強く表現するのは、****なのです。

7>いっぽう、高さ h の影響の弱い場合とはどういう場合を考えると、被写体が遠くにある場合です。

8>よって、冒頭で参考文献とともに紹介したように、側面・上面を圧縮せずに直線を引いて一点透視や二点透視を近似的に描く透視図法は、遠くにあるモノを描く場合でしか使えない[2]わけです。

9>また、被写体がもし遠くにある場合、距離比で考えると、かならず側面・上面の奥行きは強く圧縮されることになります。

どうもこの辺の文章,言葉の使い方の意味があいまいで,何のことを言ってるのかよくわかんないんけど…。まあまたそう書くと,それ見ろお前は何も分かってない,馬鹿だアホだって大騒ぎするんだろうけど,まあちょっと落ち着いて聞いてよ。

まず第一に,我々は,立方体を見ている訳だよね。でねーこの場合は消失点は,立方体の奥行きを示す辺の方向になるんだよね。その辺の平行線の無限遠だよね…。そしてこの光景を1点∨2点透視で描くためには我々は,その辺(と,言うか,上面だね)に平行な方向を向いていなければいけない…。だから,観ている人の背が高ければ,近いキューブは下に見えるんだけど,遠いキューブは画面の真ん中に近くなるよね。そこで,奥行きがどうのはともかく,近ければ下で大きいし,遠ければ真ん中近く下で小さい。実際には近いキューブを視界に入れるためには,あんたの嫌いな画角の広い広角で見なければいけないんだけど,その辺は大した問題じゃあないのかな…。とにかく条件と言葉の意味があいまいだから,後半の文章の意味は良く取れないな…。近い遠いってやたら言うけど,キューブ自体の大きさは同じなんだよね?

どうも,俺が思うに,あんたの狙いは,理屈を駆使して特定の種類の絵を貶めたいだけに見えるんだけど…。まあそれはそれとして,ちょっとこの文章では言いたいことが伝わらないよ。それはお前が馬鹿だからだって言うんだろうけど,まあ馬鹿でもいいから,馬鹿にもわかるように,言葉の意味を明確にして,観ている光景や物体の条件もはっきりさせて,分かりやすく説明しないと,何を言いたいか,よくわからないよ。

例えば一点透視って普通消失点は画面中央にあるのが望ましいんだよね。近くにキューブがあると,画面の下の方に映るでしょ?そうなるとパース線の鉛直に対する角度は,キューブが浮かんで目に近い位置にある時よりは,小さくなるよね。これをあなたはパースが弱いって呼んでるのかな?

でも,やっぱりあんたの目的は,特定の種類の絵を *マチガイ* だと断定して,貶めたいだけじゃあないかなー。 -- Honooo (トーク) 2020年3月22日 (日) 06:26 (UTC)

無題[編集]

あ,なるほど。だいぶ話が見えてきました。だけどねー。例えばですよ。ふつう最近のテレビの画面は16:9 ですよね。そこでいま,細い木枠で,27cm*48cm の長方形枠を作ってこれを手でもって目の前に置くとするでしょ?そしてこれを視線の方向と直角になるようにする…。そうすると両目の問題を考えないとして,この木枠に映る光景は,私が前に書いた両目のレンズを結ぶ線分の中点である視点から,木枠が作る平面(しかも無限平面ですよ)に,実際の光景物から視点に直線を引いて,平面に写し取ったものになりますよね。結局カメラも同じような事をしてますよね。だから,絵も写真も実際にはθが問題ではなく,この平面に写し取られる図が問題になりますよね。

でですねー,一気に結論に行ってしまいますが,例えば広角レンズで,私の感覚では50~55mm あたりが標準レンズなんですが…,前後があまりぼけないように絞りをしぼって光景を映すと,近くの物も,遠くのものも,平行線は明らかに消失点に直線に向かっていますよ。もちろんすじにくさんの言った奥行きの圧縮効果はありますが…。

ですからやはり,「遠くにある物を描く場合でしか直線透視図法は本来なら使えない」という主張は,何らかの問題があると思うのですが…。

画面内だけではなく,画面を無限平面と考えると,視点にデカルトの三次元座標の原点があると考えると,無限平面には必ず1点から3点の消失点があって,これは近いものとか遠いものとかは関係ないと思うのですが…。

だから,奥行きの比を正確に出したいという欲求の問題なんでしょうかね。これがいい加減な絵を見ると,なにそれ?ってなるんでしょうか…。あ,そうか,わかった,奥行きの比を距離の比から求める手法がある程度確立してるって事ですね。そして,その方法は,遠くのものにしか使えないって事なのではないでしょうか?そうか,よく読むとその辺の事も書いてありますね。要するに奥行きを距離比から求める手法も併せて,直線透視図法と呼んでいる訳ですね。まあ歴史的事実として,そういう事なのかもしれませんね。私は良く知りませんが…。でも絵を描く場合にそこまで正確に,手法作法を守らないからと言って,罵倒されるのはおかしいと思いますが…。いや,むしろその手法を近くの物に適応していることが,罵倒対象なのかな…。でも,罵倒される人の多くはそこまで細かく考えて絵を描いていませんよ。熟練者なら必ずこう描くっていう型はあるだろうけど,私はそんな重要な事だとは思わないな…。

奥行きの比に関しては,私自身も,独自研究で,と言っても同じ内容を語っている人は他にもいるかもしれませんが,ある程度の考えがあるのですが,でも,基本的に自分で絵を描くときは目腐れ見当ですね…。

後,近くにある小さいものを見下ろすときは,明らかに消失点は画面のずっと上の方にありますから,パースを弱くするという主張に異存はありませんよ。

でも,これを教科書に書くにはもうちょっと内容を詰める必要があると思うんですが…。要するに透視図法において奥行きの比をどう求めるかって事ですよね。これはもうちょっと体系的に,わかりやすく記述する必要があると思います。例えば,まず一番当たり前の事実として,遠くに行くほど同じ距離の奥行きは短くなるとか…。私は知りませんが,物体が遠くにある時,奥行きの長さを簡単に求める方法があるなら,まずそれを,原理も含めて分かりやすく説明するべきではないでしょうか?

後,もう一つ…。「直線を引いて一点透視や二点透視を近似的に描く透視図法」っていうのは何を示しているのか,今ひとつわからないのですが…。私の理解では,目に見える光景の真ん中を描く以上は,1点透視の消失点は画面の中央,2点透視の消失点を結ぶ線分は画面の中央点を通る,それ以外の消失点を持つ場合は,3点透視っていう理解なんですが…。もちろん目に見える光景の端の方,隔たって描くなら,その限りではありませんよ。 -- Honooo (トーク) 2020年3月23日 (月) 11:13 (UTC)

補足[編集]

今なんとなく,ある漫画単行本を見ていて気付いたんですが。(基本的には漫画ってあまり読まないんです。自分が面白いと思えるものが,なかなか見つからなくて…),ほとんどの絵で,近くのものを描くときは,近くから見た光景をそのまま描くのではなくて,遠くから望遠レンズで写したような絵を描いていますね。要するに,近くの物をそのまま近くから見たように描く画法が,すじにくサンの好きなプロの絵描きたちはあまり使わないって事なんですかね…。その辺が,今回の議論に関係しているように思います。 --Honooo (トーク) 2020年3月23日 (月) 22:06 (UTC)

そうか…。[編集]

よく考えてみた結果,今回の議論,何が問題なのかわかってきました。

まず,話を簡単にするために,1点透視図法だけに議論を絞ります。そしてまず第一に,1点透視っていうのは,目に見える光景の真ん中を描く以上は,消失点は,画面の中央になければいけないんです。そしてもし画面の中央に消失点がないのに1点透視を使う場合は,これは,画面の中央を描いてはいないで,隔たって端のほうを描いていることになります。つまり,消失点の位置が,本来の視線の位置になります。ここで,もし広角画角,広角パースを一切使わないで画角の小さい,つまり望遠パースの絵を描くとしたら,消失点は画面の外になるか,あるいは画面内に入るときは,奥行きはかなり圧縮されますよね。

そこでですねー,今,この問題を数量的に議論するために,こういう状況を考えてみます。まず,中学校でも使う x-yのグラフ,座標系を考えます。これを視線の方向に垂直に広げて,視点との距離を a とします。そして,辺の長さが 1 の立方体の前面を,4点の座標,(-2,-2),(-2,-1),(-1,-2),(-1.-1) にはめ込みます。そして描く画面を(-3,-3),(-3,3),(3,-3),(3,3)の座標が囲む正方形とします。どうですかね,これで以前すじにくさんが示した例の絵を見る状況ができていると思います。

ここで,視点との距離a を変えていくと,立方体の前面の辺の画面上の長さを1としたときは,側面の画面上の水平方向の幅は,1/(a+1) になります。そして,この時の画角がθだとすると,tan(θ/2)=3/a になりますね。そこで,今aが1の時,Wolfram さんによるとθが143.13…°,かなりの広角ですね,側面の水平方向の幅は 1/2 ,立方体の前面の,右上から原点に向かう辺の画面上の大きさは,(ルート2)/2 になります。

つまり,1点透視,望遠パース(画角が小さい)に限った画面では,奥行きの画面上の長さは,ここですじにくさんが語った説明と符合します。

…と,いうことですね。ただ,私が思うに,この条件を満たさない絵があったからと言って,それを罵倒して貶める権利は誰にもないと思いますが…。しかも広角の画面なら,そこそこ奥行きの長さが許容されますよ。また,画面の中央に消失点がない1点透視は,見える光景の真ん中を描いていないのですから,その時点ですでに不自然な絵になっていると思います。

また,ここですじにくさんが紹介した本の著者は,望遠パース推進者で,広角の絵は一切許容しない人のようですよ。 -- Honooo (トーク) 2020年3月25日 (水) 12:06 (UTC)

もう対話拒否はやめませんか?[編集]

私たちは、あなたのことを責めるのが好きというわけではありません。対話をしないとあなたの気持ちや主張も理解できませんし、無視しては何も進展しませんよ。利用者ページに引きこもらずに、外へ出てきてください。よろしくお願いいたします。--令和少年 (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年4月12日 (日) 02:31 (UTC)

透視図法においての差し戻しの差し戻し[編集]

Honoooさんが高等学校美術Iの透視図法を差し戻していらっしゃいましたが、差し戻しする理由が不明瞭なため、すじにくシチューさんが執筆した前の版に差し戻しました。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 02:05 (UTC)

Goの構成の改善の提案[編集]

こんにちは、Linuxmetelです。Goの作成をありがとうございます。いくつかのページの構成ですが、もう少し改善の余地があるのではと思っているのですが、良い案は思いつかないでしょうか?--Linuxmetel (トーク) 2020年6月12日 (金) 13:26 (UTC)

あと、Goの記述でいくつか間違えがあります。一応気が付いたものは修正しましたが、いくつか報告させていただきます。
  • importはモジュールの導入とありましたが、Goではモジュールではなくパッケージで、また、一般的に導入ではなくインポートと言います。
  • packageの説明が分かりづらがったですが、Goでは「package」はパッケージの宣言です。
他にもいくつかあるので、間違いの無いように、別のサイトや本で確認をとっていただけると修正の作業が楽になって有り難いです。--Linuxmetel (トーク) 2020年6月12日 (金) 13:26 (UTC)

画像を作らせていただきました[編集]

あなたがアップロードなさった図を参考に、ショート回路の例を作成しました。--ゆにこーど (トーク) 2020年6月17日 (水) 13:40 (UTC)

こちらです。

VHDLの編集を手伝っていただけないでしょうか?[編集]

VHDLを作成しました。編集を手伝っていただければ幸いです。--Linuxmetel (トーク) 2020年6月22日 (月) 06:38 (UTC)