特許法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学 > 知的財産権法 > 特許法

ウィキバーシティ
ウィキバーシティ特許法の学習教材があります。

まえがき[編集]

現代社会において、利益の源泉は知的財産だといわれている。本書は、知的財産のうち特許に焦点を合わせて解説する。特許の概要については、特許(Wikipedia)および特許法(Wikipedia)を参照のこと。

特許法上の発明とは[編集]

特許法第2条1項は、「この法律で『発明』とは、自然法則を利用した技術思想の創作のうち高度のものをいう」と定義している。 より具体的には、特許庁が公表する特許・実用新案審査基準 第Ⅲ部 第1章 発明該当性及び産業上の利用可能性(特許法第29条第1項柱書)に審査上の取り扱いが記載されている。

自然法則の利用であること[編集]

技術的思想であること[編集]

創作であること[編集]

高度であること[編集]

職務発明[編集]

特許要件[編集]

出願手続[編集]

出願審査請求[編集]

補正[編集]

拒絶査定不服審判[編集]

特許権[編集]

技術的範囲[編集]

均等論[編集]

消尽論[編集]

ライセンス[編集]

存続期間の延長[編集]

係争[編集]

特許異議の申立て[編集]

特許無効審判[編集]

訂正審判[編集]

侵害訴訟・仮処分事件[編集]

侵害論[編集]

損害論[編集]

補償金請求権[編集]

特許調査[編集]

このページ「特許法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。