病理学/感染症

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

感染経路[編集]

接触感染[編集]

文字通り、接触によって感染が広まる場合、接触感染という。黄色ブドウ球菌などの感染経路も普通、接触感染である[1]

性行為による感染も含む。よって、性感染症の多くは普通、接触感染である。

飛沫感染[編集]

咳、くしゃみ、などで飛び散る飛沫のうち、5μm以下の小さな飛沫(「飛沫核」という)は空中に長く浮遊して留まるので、 感染症を広げる場合もある。

これを飛沫感染という。

インフルエンザ、風疹、麻疹、結核が、飛沫感染をする[2][3]

特に咳、くしゃみに感染経路を限定しない場合、「空気感染」ともいう。


経口感染[編集]

汚染された食料や飲み水により、病原体が感染することを、経口感染という。

一般の細菌性食中毒よびウイルス性食中毒、寄生虫のアニサキス[4]なども、経口感染に含める。


赤痢やポリオも経口感染する[5]


ベクター感染、節足動物感染[編集]

節足動物によって感染が広まる事を言う。日本脳炎やマラリアなど[6]

皮膚を蚊やダニに刺される感染という意味で、「経皮感染」ともいい、 フィラリア[7]や住血吸虫[8]なども含める。


母子感染、経胎盤感染[編集]

胎盤からの母体血を通して、トキソプラズマ、風疹が、胎児に感染する[9][10]

なお、HIVやB型肝炎ウイルス[11][12]、ヘルペス[13][14]は、分娩時に産道での感染をするが、これら産道感染は接触感染に分類する[15]


関連法規[編集]

感染症の防止のための法律は、従来は「伝染病予防法」「性病予防法」「後天性免疫不全症候群の予防に関する法律」と分かれていたが、 1999年にこれら従来の3法は感染症法に統一された。

さらに2007年、結核予防法が廃止され、結核は感染症法の2類感染症として統合された。

用語[編集]

医学では、細菌だけでなくウイルスも「微生物」に含める。

さらに、この「感染症」の単元で微生物という場合、主に病原性の「微生物」について述べる。


病原体と病原性[編集]

感染によって病気などの障害を引きおこす微生物のことを病原体という。

また、感染対象の生物に障害を引きおこす能力のことを病原性という[16]


病原体が体内に侵入したからといって、必ずしも症状が出るとは限らず、症状が出ていない感染のことを不顕性感染という[17][18]。不顕性感染と同じ状態だが、病原体と潜伏しているけど発症していないという意味で「潜伏感染」[19]という場合もある。

一方、感染によって症状が出た場合を、顕性感染という。

※ 『標準病理学』は、顕性感染などを説明せず。

最終的にその病原体によって症状が出る場合でも、現時点で症状が出ていないなら、とりあえずは不顕性感染として分類する[20]


また、感染してから症状が出るまでには、時間差がある。感染してから症状が出るまでの間のことを潜伏期という[21][22]または「潜伏期間」[23]という。


不顕性感染であっても、体内にその病原体を多く保有している。体内に病原体を保有しているヒトのことを保菌者[24](キャリア career)または「保因者」[25]といい、他のヒトに感染を移す可能性があり、感染源となりうる。


※ そのほかの用語として「宿主」(しゅくしゅ[26])というのがあり、医学書では意味は説明されていないが、「宿主」とは単に、微生物を体内に宿している生体のことである。病理学では、病原体の宿主が、関心事になる。通常、ヒト用の医学の病理学では、ヒトが宿主である[27]

※ 「宿主」と「保菌者」(または「保因者」)とのニュアンスの違いとして、保菌者・保因者には感染源としてのニュアンスがある。保菌者は英語でキャリア career[28] だが、たとえば自動車運搬車をキャリアカー(和製英語。英語では car career trailer)というように、キャリアには「運ぶ」という意味合いがある。ニュアンス的には、おそらく「病原菌を運んでしまっている」のようなイメージだろうか?
ベクター vector という用語にも英語で「運び屋」のニュアンスがあるが、しかし微生物学では既に節足動物による感染症で「ベクター」という用語がその媒介の節足動物に使われてしまっているので、ベクターは保菌者の意味では用いない。


持続感染

病原体は、感染してもすぐに排除されるものも多いが、なかには長期にわたって体内に残存するものもある。

C型肝炎ウイルス、エプスタイン・バー ウイルス[29][30]、エイズウイルス[31]が、持続感染になる。持続感染の患者は、必然的に保菌者となる[32]

食中毒[編集]

単に「食中毒」とだけ言った場合は、毒キノコなどの誤った食事も含み、必ずしも細菌・ウイルスによるものとは限らない[33]

※ 本単元では、おもに感染症としての細菌・ウイルスによる食中毒を取り上げる。


細菌の中には、毒素を産出するものがあり、黄色ブドウ球菌とボツリヌス菌が毒素型食中毒を引きおこし、これら毒素を産生する事によって起きる食中毒のことを毒素型食虫毒という。

また、特に毒素を作らないが(※ 要確認)、ノロウイルス[34]、病原性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクターなどが、腸管内で微生物の増殖による食中毒を起こし、これらの食中毒を感染型食中毒という。

輸入感染症[編集]

わが国に入国した海外渡航者など、外国から持ち込まれた感染症のことを輸入感染症という。

日本における輸入感染症としては、 マラリア、赤痢、コレラ、腸チフス、デング熱[35]、などである。

一般的に、わが国には、その感染症は常在せず、その感染症の常在する外国に旅行して帰国することで持ち込まれる。

広義には、輸入食品によって持ち込まれる事や、動物[36]の輸入によって持ち込まれることも含む。


正常菌叢と菌交代現象[編集]

皮膚や口腔、消化管などの粘膜の表面には、宿主と共存する微生物が存在しており、「正常菌叢」あるいは「常在細菌叢」[37]あるいは「常在微生物叢」[38]という。

しかし、抗生物質の使用によって、正常菌叢のうち抗生物質に感受性のある微生物が減少し、他の微生物が増加する場合があり、この現象のことを菌交代現象という。


菌交代現象の際に、病原性の高い微生物が増加してしまう場合もあり、問題視される。カンジダ[39][40]が、菌交代現象によって増加することがある。

日和見感染[編集]

※ どの医学書でも、正常菌叢のあとで解説する順序。

正常な状態では病気を引きおこさない病原性の弱い微生物であっても、免疫の弱った場合には病気を引きおこす場合があり、このような感染症を日和見感染という。

AIDS、糖尿病[41][42]、白血病や、免疫抑制剤の使用中などに、日和見感染が見られる。

日和見感染を引きおこす微生物としては代表的なものには、サイトメガロウイルス、ニューモシスティスなどがある[43][44]


敗血症[編集]

敗血症とは、感染によって、全身に発熱や白血球増加などの症状が出る現象を言う。血管に細菌などの微生物が侵入して全身に拡散されたのが敗血症の原因だとされる。

※ 敗血症の原因微生物として、『標準病理学』では、言及しておらず、つまり細菌に限定していない。『スタンダード病理学』は細菌に限定。『なるほど なっとく!病理学』は真菌も考慮して言及している。

ただし、血液に感染しただけで炎症を起こしていない「菌血症」とは区別される。


薬剤耐性菌と院内感染[編集]

前提の知識

※ まず、原則として、抗生物質は、ある種の細菌に、増殖を抑える作用する。(ウイルスには作用しない。)
しかし、(たとえば細菌の変異などによって、)抗生物質が効かない細菌が出てくる場合がある。
抗生物質が効かないことを、抗生物質への「耐性」をもつ、のように言う。
そのまま抗生物質を使うと、抗生物質の耐性を獲得した細菌を殺せないので、殺菌できず、医療問題になる。
※ ここまで中学高校の復習

医学的には、「抗生物質」とは限定せずに、広く「抗菌薬」という。

※ つまり、上記の前提の説明は、下記のように言い換えされる。


抗菌薬の投与の際、微生物がその抗菌薬への耐性を獲得する場合がある。

抗菌薬への耐性を獲得した微生物が、細菌である場合、薬剤耐性菌という。


ひとたび耐性を獲得した微生物には、その抗菌薬が無効になるので、従来の抗菌薬が無効になってしまう。院内感染などの原因のひとつとして、薬剤耐性菌が問題視されている。なお、院内感染とは、病院内で新たに感染症が起こる事[45]を言う。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌、多剤耐性黄色ブドウ球菌などが、薬剤耐性菌として知られている。

「メリシリン」も「バンコマイシン」も、抗生物質の名称のひとつである(※ 要確認)。

なお、院内感染の原因としては、上述の薬剤耐性菌のほかにもあり、免疫の弱った患者が日和見感染[46]をする事も、よくある。


※ 医学書での病原体各論の教育[編集]

※ サイトメガロウイルスなど、個別の病原体についての説明は、『標準病理学』のみ説明あり。
本wikiでは、個別の病原体についての解説は、微生物学にゆだねる事とする。


脚注[編集]

  1. ^ 『シンプル病理学』
  2. ^ 『標準病理学』
  3. ^ 『シンプル病理学』
  4. ^ 『スタンダード病理学』
  5. ^ 『標準病理学』
  6. ^ 『標準病理学』
  7. ^ 『スタンダード病理学』
  8. ^ 『シンプル病理学』
  9. ^ 『標準病理学』
  10. ^ 『スタンダード病理学』
  11. ^ 『シンプル病理学』
  12. ^ 『スタンダード病理学』
  13. ^ 『標準病理学』
  14. ^ 『スタンダード病理学』
  15. ^ 『スタンダード病理学』
  16. ^ 『標準病理学』
  17. ^ 『スタンダード病理学』
  18. ^ 『なるほど なっとく!病理学』
  19. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  20. ^ 『スタンダード病理学』
  21. ^ 『スタンダード病理学』
  22. ^ 『なるほど なっとく!病理学』
  23. ^ 『シンプル病理学』
  24. ^ 『スタンダード病理学』
  25. ^ 『シンプル病理学』
  26. ^ 『なるほど なっとく!病理学』
  27. ^ 『なるほど なっとく!病理学』
  28. ^ 『スタンダード病理学』
  29. ^ 『シンプル病理学』
  30. ^ 『スタンダード病理学』
  31. ^ 『シンプル病理学』
  32. ^ 『シンプル病理学』
  33. ^ 『標準病理学』
  34. ^ 『スタンダード病理学』
  35. ^ 『標準病理学』
  36. ^ 『標準病理学』
  37. ^ 『シンプル病理学』
  38. ^ 『スタンダード病理学』
  39. ^ 『標準病理学』
  40. ^ 『シンプル病理学』
  41. ^ 『標準病理学』
  42. ^ 『シンプル病理学』
  43. ^ 『スタンダード病理学』
  44. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  45. ^ 『標準病理学』
  46. ^ 『標準病理学』