社会法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会法(しゃかいほう)とは、医療福祉衛生労働に関する法の総称。私的所有権の絶対性や契約自由の原則などを基本理念とする近代市民法と対比する法体系で、市民法がもたらす社会的な問題を修正・解決する意味合いを持つ。 主としてドイツやフランスにおいて運用されており、その定義は多種多様だが、労働法を中核とする社会政策立法の意味に解されることが多い。

このページ「社会法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。