行政不服審査法第58条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタール行政不服審査法

条文[編集]

(教示をしなかった場合の不服申立て)

第58条
  1. 行政庁が前条の規定による教示をしなかったときは、当該処分について不服がある者は、当該処分庁に不服申立書を提出することができる。
  2. 前項の不服申立書については、第15条(第3項を除く。)の規定を準用する。
  3. 第一項の規定により不服申立書の提出があった場合において、当該処分が審査請求をすることができる処分であるとき(異議申立てをすることもできる処分であるときを除く。)は、処分庁は、すみやかに、当該不服申立書の正本を審査庁に送付しなければならない。当該処分が他の法令に基づき、処分庁以外の行政庁に不服申立てをすることができる処分であるときも、同様とする。
  4. 前項の規定により不服申立書の正本が送付されたときは、はじめから当該審査庁又は行政庁に審査請求又は当該法令に基づく不服申立てがされたものとみなす。
  5. 第三項の場合を除くほか、第一項の規定により不服申立書が提出されたときは、はじめから当該処分庁に異議申立て又は当該法令に基づく不服申立てがされたものとみなす。


解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第57条
(審査庁等の教示)
行政不服審査法
第3章 補則
次条:

このページ「行政不服審査法第58条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。