行政手続法第45条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政手続法

条文[編集]

(公示の方法)

第45条
  1. 第39条第1項並びに第43条第1項(前条において読み替えて準用する場合を含む。)、第4項(前条において準用する場合を含む。)及び第5項の規定による公示は、電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法により行うものとする。
  2. 前項の公示に関し必要な事項は、総務大臣が定める。


解説[編集]

参照条文[編集]

39条1項 命令等の案及びこれに関連する資料の公示
43条1項 意見公募手続を実施して命令等を定めた場合の公示
43条4項 意見公募手続を実施したにもかかわらず命令等を定めないこととした場合には、その旨の公示
43条5項 意見公募手続を実施したにもかかわらず命令等を定めないこととした場合には、その旨の公示

判例[編集]


前条:
第44条
(準用)
行政手続法
第6章 意見公募手続等
次条:
第46条
(地方公共団体の措置)


このページ「行政手続法第45条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。