行政機関の保有する情報の公開に関する法律第16条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政機関の保有する情報の公開に関する法律

条文[編集]

(手数料)

第16条
  1. 開示請求をする者又は行政文書の開示を受ける者は、政令で定めるところにより、それぞれ、実費の範囲内において政令で定める額の開示請求に係る手数料又は開示の実施に係る手数料を納めなければならない。
  2. 前項の手数料の額を定めるに当たっては、できる限り利用しやすい額とするよう配慮しなければならない。
  3. 行政機関の長は、経済的困難その他特別の理由があると認めるときは、政令で定めるところにより、第1項の手数料を減額し、又は免除することができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第15条
(他の法令による開示の実施との調整)
行政機関の保有する情報の公開に関する法律
第2章 行政文書の開示
次条:
第17条
(権限又は事務の委任)
このページ「行政機関の保有する情報の公開に関する法律第16条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。