語句で覚えるラテン語文法/関係詞と関係文

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラテン語の語句

関係詞と関係文[編集]

関係詞は、代名詞的にも形容詞的にも用いられ、関係文・関係節を導く。定関係代名詞(形容詞)と不定関係代名詞(形容詞)がある。

下に、カエサルの『ガリア戦記第3巻18節に記された、関係文(関係節)の例を示す。

Fere libenter homines id quod volunt credunt (Japanese).png

  • 一般的には、修飾される名詞または指示代名詞などを先行詞とし、その先行詞に性・数を一致させた関係代名詞を含む関係文(関係節)を続ける。関係詞のは、関係文の構造によって決められる。
  • 先行詞は、関係文の後に置いたり、あるいは省略される場合もある。

定関係代名詞[編集]

定関係形容詞[編集]

不定関係代名詞[編集]

不定関係形容詞[編集]

関係副詞[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]