財産犯総論

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
財産罪総論 から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学刑法刑法各論個人的法益に対する罪財産に対する罪財産犯総論

財産犯総論[編集]

財産犯の分類[編集]

  • 領得罪と毀棄罪
  • 移転罪と横領罪
  • 財物罪と利得罪(財産犯の客体を参照)

財産犯の客体[編集]

財物[編集]

  • 学説
    • 有体物説
    • 管理可能性説
  • 判例
    • 大判明治36年5月21日刑録9輯874頁
    • 東京地判昭和40年6月26日下刑集7巻6号1319頁
    • 東京地判昭和59年6月28日判時1126号6頁
    • 東京地判平成9年12月5日判時1634号155頁
  • 不動産

財産上の利益[編集]

財産犯の保護法益[編集]

  • 学説
    • 本権説
    • 所持説
  • 242条の解釈
  • 判例
    • 大判大正7年9月25日刑録24輯1219頁
    • 大判大正12年6月9日刑集2巻508頁
    • 最判昭和24年2月15日刑集3巻2号175頁
    • 最判昭和24年2月8日刑集3巻2号83頁
    • 最判昭和34年8月28日刑集13巻10号2906頁
    • 最判昭和35年4月26日刑集14巻6号748頁
    • 最判平成元年7月7日刑集43巻7号607頁

不法領得の意思[編集]

不法領得の意思:権利者排除意思と一時使用の可罰性

関連項目[編集]

このページ「財産犯総論」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。