電気事業法第44条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール電気事業法)(

条文[編集]

(主任技術者免状)

第44条  
  1. 主任技術者免状の種類は、次のとおりとする。
    一  第一種電気主任技術者免状
    二  第二種電気主任技術者免状
    三  第三種電気主任技術者免状
    四  第一種ダム水路主任技術者免状
    五  第二種ダム水路主任技術者免状
    六  第一種ボイラー・タービン主任技術者免状
    七  第二種ボイラー・タービン主任技術者免状
  2. 主任技術者免状は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、経済産業大臣が交付する。
    一  主任技術者免状の種類ごとに経済産業省令で定める学歴又は資格及び実務の経験を有する者
    二  前項第一号から第三号までに掲げる種類の主任技術者免状にあつては、電気主任技術者試験に合格した者
  3. 経済産業大臣は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、主任技術者免状の交付を行わないことができる。
    一  次項の規定により主任技術者免状の返納を命ぜられ、その日から一年を経過しない者
    二  この法律又はこの法律に基づく命令の規定に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から二年を経過しない者
  4. 経済産業大臣は、主任技術者免状の交付を受けている者がこの法律又はこの法律に基づく命令の規定に違反したときは、その主任技術者免状の返納を命ずることができる。
  5. 主任技術者免状の交付を受けている者が保安について監督をすることができる事業用電気工作物の工事、維持及び運用の範囲並びに主任技術者免状の交付に関する手続的事項は、経済産業省令で定める。

解説[編集]

参照条文[編集]

このページ「電気事業法第44条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。