音名

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

音には、高さによって名前が付いています。これを音名といいます。

幹音の音名[編集]

ピアノの鍵盤を見てみましょう。オクターブの中に7つの白鍵があります。これら7つの音を「幹音」といいます。この幹音に名前が付いています。日本では(日本語圏では)、日本語式、英語式、ドイツ語式、イタリア語式の音名がよく使われます。また、時にフランス語式が使われることもあります。

日本語式
英語式 C D E F G A B
ドイツ語式 C(ツェー) D(デー) E(エー) F(エフ) G(ゲー) A(アー) H(ハー)
イタリア語式 Do Re Mi Fa Sol(ソル) La Si
フランス語式 Ut(ユト) Mi Fa Sol(ソル) La Si

日本語式は、英語式のABC...をイロハ...に直したものであることが分かりますね。ドイツ語式は、HのところがBでないことに注意しましょう。イタリア語式のSolに注意。フランス語式は、より古い形を保っているUtの部分とRéの綴りの問題を除けば、イタリア語式と同じです。また、イタリア語式と同じものが階名(後述)にも使われます。

派生音の音名[編集]

♯や♭のついた音を「派生音」と言います(ピアノで白鍵でも、楽譜で♯や♭が付いていたら派生音です)。派生音の呼び方について、ドイツ語以外は比較的単純です。

記号 ダブルシャープ ダブルフラット
日本語式 嬰○ 重嬰○ 変○ 重変○
英語式 ○ sharp ○ double sharp ○ flat ○ double flat
イタリア語式 diesis(ディエシス) doppio(ドッピオ) diesis bemolle(ベモレ) ○ doppio bemolle
フランス語式 dièse(ディエーズ) double(ドゥーブル) dièse bémol(ベモル) ○ double bémol

ドイツ語は、ダブルシャープ、ダブルフラットを除いては1音節で言い表すことができますが、そのために多少構造が複雑です。それから、いくつかの例外があります。

  • ♯ - 幹音の音名の文字に-isを付けて、普通の単語のように読みます。
  • ダブルシャープ - 幹音の音名の文字に-isisを付けて、普通の単語のように読みます。
  • ♭ - 幹音の音名の文字に-esを付けて、普通の単語のように読みます。ただし、×Ees→Es、×Aes→As、×Hes→Bの3つの例外があります。
  • ダブルフラット - 幹音の音名の文字に-esesを付けて、普通の単語のように読みます。ただし、×Eeses→Eses、×Aeses→Asas、Ases(稀)の例外があります。なお、Hのダブルフラットは普通はBesと言わず、Hesesと言います。ただし、BBとすることもあります。
ナチュラル C D E F G A H
Cis(ツィス) Dis(ディス) Eis(エイス) Fis(フィス) Gis(ギス) Ais(アイス) His(ヒス)
ダブルシャープ Cisis(ツィシス) Disis(ディシス) Eisis(エイシス) Fisis(フィシス) Gisis(ギシス) Aisis(アイシス) Hisis(ヒシス)
Ces(ツェス) Des(デス) Es(エス) Fes(フェス) Ges(ゲス) As(アス) B(ベー)/Hes
ダブルフラット Ceses(ツェセス) Deses(デセス) Eses(エセス) Feses(フェセス) Geses(ゲセス) Asas(アサス)/Ases Heses(ヘセス)/Bes/BB

オクターブの呼び方[編集]

同じ音名の音が各オクターブにあります。普通はそれで困ることがありませんが、時々区別する必要のあることがあります。オクターブの呼び方には幾つかの方法があります。ただし、いずれもハ─ロ (C─B) でひとつのオクターブと考えることに変わりありません。

よく使われる一般的なものを表にします。

中央ハ
MIDIのノートナンバー 0 11 12 23 24 35 36 47 48 59 60 71 72 83 84 95 96 107 108 119 120 127
国際式 C-1 B-1 C0 B0 C1 B1 C2 B2 C3 B3 C4 B4 C5 B5 C6 B6 C7 B7 C8 B8 C9 G9
ドイツ語式 C3 H3 C2 H2 C1 H1 C H c h c1 h1 c2 h2 c3 h3 c4 h4 c5 h5 c6 g6

日本語では、中央ハを「一点ハ」、その1オクターブ上を「二点ハ」のように呼びます。中央ハの1オクターブ下を「(片仮名)ハ」、2オクターブ下を「(平仮名)は」、3オクターブ下を「下一点は」のように呼び、「二点ハ」から「下一点は」までそれぞれ次のように書きます。

: ・
ハ ハ ハ は は
        ・

このほかにもいろいろな呼び方があります。詳しくは音名・階名表記(ウィキペディア)をご覧下さい。