音の高さ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

しゃべり声と歌声の違いは何でしょうか? 一番の違いは、しゃべり声は明確な音の高さがわからないけれど、歌声はわかる、と言うことではないでしょうか。 音楽に使う音には、明確な音の高さがわからない音と、わかる音の2種類があります。前者を噪音(騒音ではありません)、後者を楽音といいます。

前者に含まれるのは、バスドラムスネアドラムシンバルなど、多くの打楽器の音です。

後者に含まれるのは、ティンパニ鉄琴木琴系の楽器、弦楽器管楽器その他の楽器です。歌声も楽音です。

さて、音の高さがわかるなら、それを音楽に利用しない手はありません。

音の高さと周波数

ところで、音とは、物理的に言えば、音波です。音の高さは、周波数によって変わります。

音が高い、というのは、音波で言えば、周波数が高い、ということになります。

目次

  1. 音名
  2. 五線と音部記号
  3. 臨時記号
  4. 音階
  5. 音程
  6. 調
  7. 和音