高等学校情報/社会と情報/電子メールの使い方

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メールの機能[編集]

添付[編集]

メールには、本文の他にも、別のファイルを添付(てんぷ)できる。メールに添付されたファイルは、添付ファイル(てんぷファイル)と呼ばれる。

一般に、添付ファイルとして画像ファイルや音声ファイルなどでも、メールに添付できる。

HTMLメール[編集]

Webブラウザがホームページを表示するさいにはHTMLという言語が用いられている。

このHTML言語の形式でメールを保存することによって、メールソフト上で、メールをホームページのように高機能な表示をできるようにさせることができる。

このような、HTML形式のメールを、HTMLメールという。


※ ノウハウやリテラシー[編集]

※ 数年前、一部の教科書で、これらの話題が検定教科書に追加された(2019年1月に本文を記述)。

HTMLメールとセキュリティ[編集]

HTMLメールは機能は多彩だが、それゆえにウイルスなども埋め込みやすく、悪用される場合もある。なので、一般のメールソフトには、HTMLメールの機能をオフにする場合もある。

このような場合もあるので、メールを送る際には、相手にHTMLメールを送るべきか、それとも通常のテキスト形式メールを送るか、考えてから送ろう。


機種依存文字は使わない[編集]

相手のパソコンでは、自分のパソコンと入っているOS(オペレーティングシステム)が違っていたりする場合もある。必ずしも、皆がウィンドウズをパソコンで使ってるとは限らない。携帯電話のOSが、必ずしも皆がアイフォンとは限らない。

特定のOSでしか表示できない文字など、特定の環境でしか表示できない文字のことを機種依存文字(きしゅ いぞんもじ)という。OSが違っていると、機種依存文字のある文章では、間違って別の文字が表示される場合がある。

なのでメールでは、機種依存文字は使わないようにしよう。

マニアックな漢字や、古い絵文字などが、機種依存文字だったりするので、気をつけよう。


メーリングリスト[編集]

設定されたアドレスにメールを投稿すると、サーバーに登録されている相手にまとめて、投稿されたメールが同時配信されるサービスがある。このサービスをメーリングリスト(mailing list)という。

大勢の人とメールをやりとりして情報を共有したい場合に、メーリングリストを用いる場合がある。

メーリングリストから届いたメールにメールソフトなどの返信機能でそのまま返信すると、その返信メールも、そのメーリングリストに登録された全員に届く。

たとえば、送信者A氏がメーリングリストにメールを投稿して、メーリングリストの配信によって、そのメールが、A以外の登録者であるB氏とC氏とD氏に届いたとする。 Bがメールソフトの返信機能でそのまま返信すると、A氏だけでなくC氏とD氏にも返信メールが届く。

  • メーリングリストからの退会

メーリングリストから自分にメールを送られるのを中止したい場合は、一般に、そのメーリングリストから退会する必要がある。もし退会しないままでいると、自分宛てにメールが送られつづけてしまう。なので、メーリングリストに入会する場合には、事前に退会方法も確認しておくべきである。