高等学校日本史B/天平文化

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(てんぴょうぶんか)

奈良時代の美術では、立体造形が進歩した。

従来の木像と銅像に加え、さらに塑像(そぞう)と、乾漆像(かんしつぞう)が、加わった。

塑像は、木の芯のまわりを粘土で作る方法。(基本的に焼かない。自然乾燥させる。)

乾漆像は、木や粘土でおおよその形をつくり、その上に麻布をはりつけ、漆(うるし)で ぬりかためる方法。

  • 塑像

東大寺 法華堂 執金剛神像(しつこんごうしんぞう) が塑像。

東大寺 法華堂 日光菩薩・月光菩薩 が塑像。

東大寺 戒壇院(かいだんいん) 四天王像 が塑像。


  • 乾漆像

興福寺 阿修羅像 が乾漆像。

興福寺の八部衆像が乾漆像。

聖林寺(しょうりんじ)の十一面観応像が乾漆像。