C++

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアC++の記事があります。

情報技術 > プログラミング > C++ 大学の学習 > C++


C++とは[編集]

ビャーネ・ストロヴストルップ

C++は、1979年、 米国ニュージャージー州マレーヒルのベル研究所で、 ビャーネ・ストロヴストルップによって開発された、 オブジェクト指向型のプログラミング言語である。 何度かの改訂、 アレクサンダー・ステパノフによる標準テンプレートライブラリ(STL)の作成を経て、 標準化されている[1]

C++は、Cを拡張してより使いやすい言語にすることを目指して作成された。 実際には、現在でもCは非常に人気のある言語であり続けている。 このことには、様々な理由が考えられるが、 例としては、

  1. Cはよく用いられる言語なので、他人のコードを読むためには、Cを勉強する必要がある。
  2. C++は、Cよりも機能が多く、勉強するのに時間がかかる。
  3. C++が提供する機能は、ある程度大きいコード以外ではあまり用いる機会がない。

等があげられる。

C++が提供するCの拡張として以下の機能があげられる。 これらは、Cを用いる上でたびたび現れる問題に対応するために導入された。

  1. クラスの定義や継承
  2. 関数や演算子のオーバーロード
  3. テンプレート
  4. 仮想関数
  5. 例外処理
  6. 名前空間

[2]

目次[編集]

はじめに
基礎知識

C[編集]

記法
データ型と変数
演算子と式
制御文
配列
ポインタ
配列とポインタ
構造体・共用体
関数
前処理指令

C++[編集]

C++のキーワード一覧
クラスの定義や継承
オブジェクトの配列とポインタ
関数オーバーロード
演算子オーバーロード
C++の入出力システム
仮想関数
テンプレート
例外処理
名前空間
標準テンプレートライブラリ(STL)

脚注[編集]

  1. ^ 神林靖監修 Herbert Schildt著『独習C++ 第3版』トップスタジオ訳、翔泳社、2005年11月05日 第3版第10刷発行、p. iii
  2. ^ C++言語とは - 意味/定義 : IT用語辞典