Java/プログラミングのための準備

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアJava Development Kitの記事があります。

情報技術 >Java>プログラミングのための準備

JDKのインストール[編集]

Javaのプログラムを作るには、Javaの開発キット「JDKJava SE Development Kit)」をシステムにインストールしておく必要があります。


参考:

Javaのアプリケーションを実行するだけであれば、Javaの実行環境「JREJava Runtime Environment)」があれば大丈夫です。JREは、もしかしたら今お使いのシステムにも、すでにインストールされているかもしれません。しかし、これはあくまでJavaのアプリケーションを実行するためのもので、JREではJavaアプリケーションを作ることはできませんので注意してください。

一方で、JDKにはJREが含まれています。ですから、JDKをインストールしてしまえば、Javaのプログラムを作ることも、実行することもできるようになります。

なお、JavaアプリケーションはJDKでしか作れないわけではありません。たとえば、もしあなたがLinuxをお使いなら、そのシステムにはGCJ(GNU Compiler for Java)があらかじめインストールされているかもしれません。 GCJは、GNUが提供するJava開発環境です(ネイティブの実行ファイルも作成できます)。

もっともGCJは、単なるJDKのクローンではありません。JDKとは明らかに異なる価値観のもとに開発されています。また、すべてのクラスライブラリが実装されているわけでもありません。GCJはGCJで、たいへん興味深い、価値あるものと言えると思いますが、少なくとも「いわゆるJava」を初歩から学ぼうという場合には、必ずしも適したものとは言えません。

本書では原則的にJDKを対象にして解説を進めます。


JDKが、お使いのシステムにすでにインストールされているかどうかは、次の手順で確認できます。


CUI環境を立ち上げる[編集]

Windowsであればコマンドプロンプト、 Mac OS Xであればターミナル、 LinuxであればGNOME端末やKonsole、Ktermなどを起動します。


参考:

Windowsのコマンドプロンプトは、スタートメニューの [プログラム]ー[アクセサリ] の中にあります。 Mac OS Xのターミナルは、[アプリケーション] フォルダの中にある [ユーティリティ] フォルダの中にあります。


javacコマンドを実行する[編集]

Wikipedia
ウィキペディアJavaコンパイラの記事があります。

起動したCUI環境で、次のように入力します。

javac -version

javac」というのは、Javaのコンパイラのことです。 上記のコマンドを実行して、javacのバージョン情報やオプションの説明が表示されれば、 JDKがインストールされています。

以下は、実行結果の一例です。

$ javac -version
javac 1.5.0_08
javac: ソースファイルがありません。
使い方: javac <options> <source files>
使用可能なオプションには次のものがあります。
  -g                         すべてのデバッグ情報を生成する
  -g:none                    デバッグ情報を生成しない
  -g:{lines,vars,source}     いくつかのデバッグ情報だけを生成する
  -nowarn                    警告を発生させない
  -verbose                   コンパイラの動作についてメッセージを出力する
  -deprecation               推奨されない API が使用されているソースの位置を出力する
  -classpath <path>          ユーザクラスファイルを検索する位置を指定する
  -cp <path>                 ユーザクラスファイルを検索する位置を指定する
  -sourcepath <path>         入力ソースファイルを検索する位置を指定する
  -bootclasspath <path>      ブートストラップクラスファイルの位置を置き換える
  -extdirs <dirs>            インストール済み拡張機能の位置を置き換える
  -endorseddirs <dirs>       推奨規格パスの位置を置き換える
  -d <directory>             生成されたクラスファイルを格納する位置を指定する
  -encoding <encoding>       ソースファイルが使用する文字エンコーディングを指定する
  -source <release>          指定されたリリースとソースの互換性を保つ
  -target <release>          特定の VM バージョン用のクラスファイルを生成する
  -version                   バージョン情報
  -help                      標準オプションの概要を出力する
  -X                         非標準オプションの概要を出力する
  -J<flag>                   <flag> を実行システムに直接渡す


もし、インストールされていなければ、 Java開発者向け情報からインストールに必要なファイルをダウンロードし、ガイドに従ってインストールしてください。なお、このページは英語で書かれていますが、ページの右側に「Java SE」のダウンロードページへのリンクがあり、そのリンク先のページに行けば、日本語ページへのリンクを見つけることができます。

プログラミングに必要なもの[編集]

JDKの他に必要なものは何でしょうか?

プログラミングには、ソースコードを書くためのテキストエディタが必要です。Windowsのメモ帳やMac OS Xのテキストエディットでもプログラミングをすることができます。 とりあえずであれば、そうしたテキストエディタを使うこともできるでしょう。

しかし、プログラマはエディタ(テキストエディタのこと)にこだわるものです。まだ愛用のエディタを持っていない方は、プログラミングの学習方々、ぜひ手に馴染むエディタを探してみてください。


参考:
なお、本書では解説しませんが、テキストエディタではなく、統合開発環境(IDE)を使ってプログラミングすることもできます。JavaのIDEとして有名なものに、EclipseNetBeans IDEがあります。これらを使う場合は、わざわざコマンドプロンプトのようなCUI環境を使う必要もありませんし、実はJDKのインストールさえ不要な場合もあります(コンパイラ等がIDEに含まれている場合があるため)。詳しくは各解説書などを参照してください。


このページ「Java/プログラミングのための準備」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。