コンテンツにスキップ

Java/Hello world

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

Hello World![編集]

「Hello World!」は、プログラミングの世界で伝統的に使われる初心者向けの最初のプログラムです。 Javaでも同様に、「Hello World!」プログラムは、基本的な構文や開発環境の設定を理解するために使われます。

ソースコードの書き方[編集]

まず、テキストエディタや統合開発環境(IDE)を使用して、Javaのソースコードを書きます。

以下が「Hello World」のソースコード例です。

HelloWorld.java
public class HelloWorld {
    public static void main(String[] args){
        System.out.println("Hello, world.");
    }
}

このコードでは、HelloWorldという名前のクラスを定義し、その中にmainメソッドを記述しています。 mainメソッドはJavaプログラムのエントリポイントであり、プログラムの実行が開始される場所です。System.out.printlnは、コンソールに文字列を出力するためのメソッドです。

コンパイル[編集]

Javaのソースコードをコンパイルするには、Java Development Kit(JDK)がインストールされている必要があります。 コンパイルは次の手順で行います。

  1. 以下のコマンドを入力して、ソースコードをコンパイルします。
    javac HelloWorld.java
    

これにより、HelloWorld.javaファイルがHelloWorld.classという名前のバイトコードファイルにコンパイルされます。

実行[編集]

コンパイルされたJavaプログラムを実行するには、以下の手順を実行します。

  1. 以下のコマンドを入力して、Javaプログラムを実行します。
    java HelloWorld
    

これにより、コンソールに Hello, World! という文字列が表示されます。

以上が、Javaでの「Hello World」プログラムの作成、コンパイル、実行の手順です。


Javaでの「Hello World」プログラムは、単純な文字列の表示に過ぎませんが、その背後にはいくつかの興味深い蘊蓄があります。

  1. クラスとメソッドの構造: Javaでは、全てのコードがクラスの中に存在します。そして、実行可能なJavaプログラムは、必ずmainメソッドを持つクラスから始まります。これは、Java仕様で定義されています。
  2. プラットフォームの移植性: Javaは、プラットフォームに依存しないという特徴があります。つまり、Javaで書かれたプログラムは、Java仮想マシン(JVM)上で実行されるため、どのオペレーティングシステムでも動作します。これは、Javaが初めて登場したときからの重要な利点であり、広範囲なデバイスやシステムでの使用を可能にしました。
  3. コンパイルと実行の分離: Javaプログラムは通常、ソースコードをコンパイルしてバイトコードに変換し、その後JVMで実行します。この2段階のプロセスにより、Javaは柔軟性とセキュリティを提供します。コンパイルされたバイトコードは、様々な環境で安全に実行されます。
  4. オブジェクト指向プログラミングの導入: Javaはオブジェクト指向プログラミング言語として設計されています。そのため、「Hello World」プログラムでも、クラスとメソッドの構造が強調されています。オブジェクト指向の原則に基づいて設計されたJavaプログラムは、柔軟性がありメンテナンス性が高くなります。
  5. 豊富な標準ライブラリ: Javaには、開発者が利用できる豊富な標準ライブラリが用意されています。これにより、多くの一般的なタスクを簡単に実装できます。例えば、文字列操作、ファイル入出力、ネットワーク通信などが含まれます。

Javaの「Hello World」プログラムは、単なる最初のステップに過ぎませんが、Java言語の重要な特徴や原則を理解するのに役立ちます。