Java/ラッパークラス

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラッパークラスとは、プリミティブ型に対して便利な動作を提供するクラスである。主に、ジェネリクスでプリミティブ型がジェネリックな型に格納される時と、プリミティブ型を文字列に変換するときに使用する。以下に、どのように変換されるかを示す。

プリミティブ ラッパー
byte java.lang.Byte
short java.lang.Short
int java.lang.Integer
long java.lang.Long
float java.lang.Float
double java.lang.Double
char java.lang.Character

なお、通常ラッパークラスのコンストラクタを直接使用するよりも、staticメソッドのvalueOfを使用したほうが良い。なぜかというと、Oracle JDKの実装ではnewせずにキャッシュしたインスタンスを返すことがあるためである。また、Booleanクラスにおいては、直接コンストラクタを使用するよりも、定数Boolean.TRUEやBoolean.FALSEを使用したほうが良い。そうすることで、 == での比較ができるようになる。 (コンストラクタを直接呼び出してしまうと、equalsを呼び出さない限り同一性が判定できなくなる)

このページ「Java/ラッパークラス」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。