コンテンツにスキップ

Java/null

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

null

[編集]

プログラミングにおける「null」とは、値が存在しないことを表す特別な値です。nullはプログラムで使用されるさまざまなデータ型(オブジェクト、配列、ポインタなど)の初期値として設定されることがあります。

主な用途としては以下のようなものがあります:

  1. 値の不在を表現する: 変数が値を持たないことを示すために使用されます。例えば、ある関数が特定の条件下で値を返さない場合、通常はnullを返します。
  2. 初期化: 変数を初期化するために使用されることがあります。特に、オブジェクトや参照型の変数はnullで初期化されることがあります。
  3. オブジェクトの欠落を示す: オブジェクトが存在しないことを示すために使用されることがあります。例えば、あるオブジェクトのメンバー変数がnullであれば、そのオブジェクトが特定の状態にないことを意味することができます。

nullは便利な概念ですが、誤った使用やnullポインター例外などのランタイムエラーを引き起こす可能性があります。そのため、nullの使用は慎重に行う必要があります。近年のプログラミング言語では、null安全性を向上させるためにオプショナル型やnull許容型などの機能が導入されています。

Javaにおけるnull

[編集]

Javaにおける「null」とは、参照型(Reference Type)の変数が参照するオブジェクトが存在しないことを示す特別な値です。Javaのすべてのオブジェクトはヒープ領域に保存され、変数はそのオブジェクトへの参照(アドレス)を保持します。nullは、そのような参照がオブジェクトを指していないことを示します。

以下はnullの主な特徴です:

  1. オブジェクトの不在を示す: 変数がnullを持っている場合、その変数がどのオブジェクトも指していないことを意味します。つまり、その変数には有効な値が含まれていないということです。
  2. 参照型の初期値: 参照型の変数はデフォルトでnullに初期化されます。つまり、明示的に値を設定しない限り、参照型の変数はnullを持ちます。
    String str; // strはnullを持つ
    
  3. NullPointerException(NPE): nullへの参照を解決しようとすると、NullPointerExceptionが発生する可能性があります。つまり、nullが予期せずプログラムの実行中に使用されるとエラーが発生します。

Javaでは、nullを適切に扱うことが重要です。nullをチェックし、nullポインターエクセプションを防ぐための適切な手段があります。 例えば、条件付きのnullチェックやOptionalクラスの使用などが挙げられます。 Javaにはnull安全性を向上させるためのさまざまな手段があり、プログラマーはこれらの手段を活用してnull関連の問題を回避できます。