JavaScript/String/prototype/toLocaleLowerCase

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

toLocaleLowerCaseメソッドは現在のロケールに基づいて文字列に含まれる大文字を小文字に変換して返します。多くのロケールにおいて、このメソッドはtoLowerCaseメソッドと同じ結果を返します。逆に現在のロケールに基づいて小文字を大文字に変換するにはtoLocaleUpperCaseメソッドを使用します。

構文[編集]

var lowerCaseString = string.toLowerCase();

[編集]

"ABC".toLocaleLowerCase(); // "abc"

解説[編集]

toLocaleLowerCaseメソッドは現在のロケールに基づいて文字列に含まれる大文字を小文字に変換して返します。トルコ語アゼルバイジャン語タタール語クリミア・タタール語などいくつかのテュルク諸語ではラテン文字 "I" ("\x49") の小文字は "i" ("\x69") ではなく点のない "ı" ("\u0131") であるため、それらのロケールにおいてこのメソッドは "I" を点のない "ı" に変換します。

日本語などでは全角大文字 "I" ("\uFF29") および全角小文字 "i" ("\uFF49") が使用されるため、それらのロケールにおいてこのメソッドは全角大文字 "I" を全角小文字 "i" に変換します。その他の多くの言語のロケールにおいては、toLowerCaseメソッドと同じ結果を返します。

関連項目[編集]

このページ「JavaScript/String/prototype/toLocaleLowerCase」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。