MathML

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

Mathematical Markup Language(マスマティカル マークアップ ランゲージ、MathML、マスエムエル)とは、XMLによって数式を記述するためのマークアップ言語です。W3Cオープン標準として勧告しています。[1]

目次[編集]

1 導入

1.1 数学的処理及び表記法
1.2 起源と目標
1.2.1 MathMLの目的とするもの
1.3 大要
1.4 始めの例

2 MathMLの基礎

2.1 MathMLの構文論と文法
2.1.1 全体の考慮すべき事柄
2.1.2 MathMLと名前空間
2.1.3 結果と理由
2.1.4 MathMLと描写
2.1.5 MathMLの属性の値
2.1.6 全てのMathML部分に共有される属性
2.1.7 入力における空白の虚脱
2.2 最高級の数学的要素
2.2.1 属性
2.2.2 非難されている属性
2.3 一致
2.3.1 MathMLの一致
2.3.2 エラーの取扱い
2.3.3 曖昧なデータの属性

3 マークアップの紹介

3.1 導入
3.2 トークンの要素
3.3 一般的なレイアウト図式
3.4 スクリプトと限界の図式
3.5 表にされた数式
3.6 基本数式
3.7 解りやすい表現
3.8 意味論とプレゼンテーション

4 内容のマークアップ

4.1 導入
4.2 内容をMathMLの要素で表現構造をコード化する
4.3 特異的構造用のMathMLの内容
4.4 特定の演算子および定数のためのMathMLの内容
4.5 使用の推奨されない内容要素
4.6 MathMLの変換の厳密な内容

5 数式のためにマークアップ言語を混合すること

5.1 注釈フレームワーク
5.2 意味的な注釈用の要素
5.3 プレゼンテーションおよび内容のマークアップを組み合わせること
5.4 並列マークアップ