Python/数値入力と文字入力と出力表示

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

入力[編集]

文字の入力[編集]

文字の入力は、input()で行います。

print("文字を入力してみよう。")
x=input()

print(2 * x)

たとえば「a」と入力すると、「aa」が出力されます。

(実行例)
文字を入力してみよう。
a
aa

「fg」と入力すると、「fgfg」が出力されます。

なお、数字(「1」や「2」など)を入力しても、文字として認識されてしまい、たとえば上のプログラムの実行で「1」を入力すると、出力は「11」となります(文字「1」を2回つづけて並べます。)。


なお、上とほぼ同じ内容のコードとして、

x=input("文字を入力してみよう :")
print(2 * x)

というふうに、input()のカッコ内に表示メッセージをまとめることもでます。

(実行例)
文字を入力してみよう :t
tt

数値の入力と計算[編集]

では、数字を入力させて、計算をさせたい場合、どうすればい良いのでしょうか?

次のようにします。

print("数字を整数で入力してみよう。2倍にするよ。")
x=input()
y=int(x)
print(2*y)

上記のコードを実行すると、数字の入力を求められますので、たとえば4と入力してエンターキーを押すと、「8」が表示されます。自動的に2倍にした数字(4と入力た場合は「8」)が表示されます。

int()により、入力された数字を整数に変換します。intとは、整数「integer」の略です。なお、integerはインテジャーと読みます。

「int」の読みは、「イント」と読むのが一般的だと思います。

上のプログラムで求められる入力に、「2.7」のような小数点の数を入れるとエラーになります。

小数点で表される数を入力したい場合は、float()関数を使います。

print("数字を入力してみよう。2倍にするよ。")
x=input()
y=float(x)
print(2*y)

上のプログラムで求められる入力に、「2.7」のような小数点の数を入れると、出力として「5.4」が表示されます。

floatとは、「浮動小数点」という意味です。floatは「フロート」と読みます。

変数と文字列を同時に表示したい場合[編集]

print("文字を入力してみよう。")
x=input()

print(x,"が入力されたよ。")


print関数の表示で、変数(上例の場合は、xが変数)と文字を一緒に表示したい場合は、たとえば上記のコードのように、「,」(カンマ)で区切って、一緒に表示することができます。


さきほどの数値の入力と計算プログラムを、この方法で、書き換えましょう。

print("数字を整数で入力してみよう。(入力値をyと表示します。) 2倍にするよ。")
x=input()
y=int(x)
print("2*",y," = ",2*y)

これを実行して、たとえば「5」と入力してエンターキーを押すと、出力として「2* 5 = 10」と表示されます。