Python/組込み関数

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

組込み関数[編集]

Pythonインタープリターには、常に利用可能な関数や型がいくつか組込まれています。

組込み関数の一覧[編集]

組込み関数の一覧を得るスクリプト
for x in (name for name in (dir(__builtins__)) if callable(getattr(__builtins__, name))):
    a = getattr(__builtins__, x)
    if a.__doc__ == None:
        continue
    print(x, a.__doc__.splitlines()[0], sep=": ")
実行例
ArithmeticError: Base class for arithmetic errors.
AssertionError: Assertion failed.
AttributeError: Attribute not found.
BaseException: Common base class for all exceptions
BlockingIOError: I/O operation would block.
BrokenPipeError: Broken pipe.
BufferError: Buffer error.
BytesWarning: Base class for warnings about bytes and buffer related problems, mostly
ChildProcessError: Child process error.
ConnectionAbortedError: Connection aborted.
ConnectionError: Connection error.
ConnectionRefusedError: Connection refused.
ConnectionResetError: Connection reset.
DeprecationWarning: Base class for warnings about deprecated features.
EOFError: Read beyond end of file.
EnvironmentError: Base class for I/O related errors.
Exception: Common base class for all non-exit exceptions.
FileExistsError: File already exists.
FileNotFoundError: File not found.
FloatingPointError: Floating point operation failed.
FutureWarning: Base class for warnings about constructs that will change semantically
GeneratorExit: Request that a generator exit.
IOError: Base class for I/O related errors.
ImportError: Import can't find module, or can't find name in module.
ImportWarning: Base class for warnings about probable mistakes in module imports
IndentationError: Improper indentation.
IndexError: Sequence index out of range.
InterruptedError: Interrupted by signal.
IsADirectoryError: Operation doesn't work on directories.
KeyError: Mapping key not found.
KeyboardInterrupt: Program interrupted by user.
LookupError: Base class for lookup errors.
MemoryError: Out of memory.
ModuleNotFoundError: Module not found.
NameError: Name not found globally.
NotADirectoryError: Operation only works on directories.
NotImplementedError: Method or function hasn't been implemented yet.
OSError: Base class for I/O related errors.
OverflowError: Result too large to be represented.
PendingDeprecationWarning: Base class for warnings about features which will be deprecated
PermissionError: Not enough permissions.
ProcessLookupError: Process not found.
RecursionError: Recursion limit exceeded.
ReferenceError: Weak ref proxy used after referent went away.
ResourceWarning: Base class for warnings about resource usage.
RuntimeError: Unspecified run-time error.
RuntimeWarning: Base class for warnings about dubious runtime behavior.
StopAsyncIteration: Signal the end from iterator.__anext__().
StopIteration: Signal the end from iterator.__next__().
SyntaxError: Invalid syntax.
SyntaxWarning: Base class for warnings about dubious syntax.
SystemError: Internal error in the Python interpreter.
SystemExit: Request to exit from the interpreter.
TabError: Improper mixture of spaces and tabs.
TimeoutError: Timeout expired.
TypeError: Inappropriate argument type.
UnboundLocalError: Local name referenced but not bound to a value.
UnicodeDecodeError: Unicode decoding error.
UnicodeEncodeError: Unicode encoding error.
UnicodeError: Unicode related error.
UnicodeTranslateError: Unicode translation error.
UnicodeWarning: Base class for warnings about Unicode related problems, mostly
UserWarning: Base class for warnings generated by user code.
ValueError: Inappropriate argument value (of correct type).
Warning: Base class for warning categories.
ZeroDivisionError: Second argument to a division or modulo operation was zero.
__build_class__: __build_class__(func, name, /, *bases, [metaclass], **kwds) -> class
__import__: __import__(name, globals=None, locals=None, fromlist=(), level=0) -> module
__loader__: Meta path import for built-in modules.
abs: Return the absolute value of the argument.
all: Return True if bool(x) is True for all values x in the iterable.
any: Return True if bool(x) is True for any x in the iterable.
ascii: Return an ASCII-only representation of an object.
bin: Return the binary representation of an integer.
bool: bool(x) -> bool
breakpoint: breakpoint(*args, **kws)
bytearray: bytearray(iterable_of_ints) -> bytearray
bytes: bytes(iterable_of_ints) -> bytes
callable: Return whether the object is callable (i.e., some kind of function).
chr: Return a Unicode string of one character with ordinal i; 0 <= i <= 0x10ffff.
classmethod: classmethod(function) -> method
compile: Compile source into a code object that can be executed by exec() or eval().
complex: Create a complex number from a real part and an optional imaginary part.
copyright: interactive prompt objects for printing the license text, a list of
credits: interactive prompt objects for printing the license text, a list of
delattr: Deletes the named attribute from the given object.
dict: dict() -> new empty dictionary
dir: dir([object]) -> list of strings
divmod: Return the tuple (x//y, x%y).  Invariant: div*y + mod == x.
enumerate: Return an enumerate object.
eval: Evaluate the given source in the context of globals and locals.
exec: Execute the given source in the context of globals and locals.
filter: filter(function or None, iterable) --> filter object
float: Convert a string or number to a floating point number, if possible.
format: Return value.__format__(format_spec)
frozenset: frozenset() -> empty frozenset object
getattr: getattr(object, name[, default]) -> value
globals: Return the dictionary containing the current scope's global variables.
hasattr: Return whether the object has an attribute with the given name.
hash: Return the hash value for the given object.
help: Define the builtin 'help'.
hex: Return the hexadecimal representation of an integer.
id: Return the identity of an object.
input: Read a string from standard input.  The trailing newline is stripped.
int: int([x]) -> integer
isinstance: Return whether an object is an instance of a class or of a subclass thereof.
issubclass: Return whether 'cls' is a derived from another class or is the same class.
iter: iter(iterable) -> iterator
len: Return the number of items in a container.
license: interactive prompt objects for printing the license text, a list of
list: Built-in mutable sequence.
locals: Return a dictionary containing the current scope's local variables.
map: map(func, *iterables) --> map object
max: max(iterable, *[, default=obj, key=func]) -> value
memoryview: Create a new memoryview object which references the given object.
min: min(iterable, *[, default=obj, key=func]) -> value
next: next(iterator[, default])
object: The base class of the class hierarchy.
oct: Return the octal representation of an integer.
open: Open file and return a stream.  Raise OSError upon failure.
ord: Return the Unicode code point for a one-character string.
pow: Equivalent to base**exp with 2 arguments or base**exp % mod with 3 arguments
print: print(value, ..., sep=' ', end='\n', file=sys.stdout, flush=False)
property: Property attribute.
range: range(stop) -> range object
repr: Return the canonical string representation of the object.
reversed: Return a reverse iterator over the values of the given sequence.
round: Round a number to a given precision in decimal digits.
set: set() -> new empty set object
setattr: Sets the named attribute on the given object to the specified value.
slice: slice(stop)
sorted: Return a new list containing all items from the iterable in ascending order.
staticmethod: staticmethod(function) -> method
str: str(object='') -> str
sum: Return the sum of a 'start' value (default: 0) plus an iterable of numbers
super: super() -> same as super(__class__, <first argument>)
tuple: Built-in immutable sequence.
type: type(object_or_name, bases, dict)
vars: vars([object]) -> dictionary
zip: zip(*iterables) --> A zip object yielding tuples until an input is exhausted.

一覧[編集]

abs[編集]

組込み関数 abs(x) は x の絶対値を返します[1]

関数定義
def abs(n):
引数nの型による動作の違い
整数
xが負の値なら -x を、そうでなければ x を返します。
浮動書数点数
xが NaN なら NaN を、負の値なら -x を、そうでなければ x を返します。
複素数
実数部と虚数部の自乗和の平方根を返します。実数部・虚数部のいずれかが NaN の場合は NaN+NaNj を返します。
メソッド __abs__ を持つクラスのインスタンス
メソッド __abs__ を呼出しその値を返します。
コード例
print(abs(12))
print(abs(-42))
print(abs(3.14))
print(abs(-2.73))
print(abs(+0.0))
print(abs(-0.0))
print(abs(2+2j))
print(abs(-3+-4j))

class AbsTest :
    def __init__(self, x) :
        self._x = x
    def __abs__(self) :
        return f"ABS({self._x})"
        
x = AbsTest(-12)
print(abs(x))
実行結果
12
42
3.14
2.73
0.0
0.0
2.8284271247461903
5.0
ABS(-12)

aiter[編集]

all[編集]

組込み関数 all(it) は、iterableオブジェクトitの要素がすべて真のときにTrueを返し、1つでも偽があればFalseを返します[2]

関数定義
def all(it: Iterable) -> bool:
コード例
# list
print(type([]))
print(all([True, True, True]))
print(all([True, True, False]))
print(all([]))

# tuple
print(type(()))
print(all((True, True, True)))
print(all((True, True, False)))
print(all(()))

# range
print(range((0)))
print(all(range(5)))
print(all(range(5,2)))
print(all(range(0)))

# set
print(type(set()))
print(all({True, 1,"x"}))
print(all({True, 1, "x", False}))
print(all(set()))

# dict
print(type({}))
print(all({1:True, 2:1, 3:"x"}))
print(all({1:True, 2:1, 3:"x", 0:123}))
print(all({}))

# str
print(type(""))
print(all("abc"))
print(all("True"))
print(all("False"))
print(all(""))
実行結果
<class 'list'>
True
False
True
<class 'tuple'>
True
False
True
range(0, 0)
False
True
True
<class 'set'>
True
False
True
<class 'dict'>
True
False
True
<class 'str'>
True
True
True
True

anext[編集]

any[編集]

組込み関数 any(it) は、iterableオブジェクトitの要素がすべて偽のときにFalseを返し、1つでも真があればTrueを返します[3]

関数定義
def any(it: Iterable) -> bool:
コード例
# list
print(type([]))
print(any([True, True, True]))
print(any([True, True, False]))
print(any([False, False, False]))
print(any([]))

# tuple
print(type(()))
print(any((True, True, True)))
print(any((True, True, False)))
print(any((False, False, False)))
print(any(()))

# range
print(range((0)))
print(any(range(5)))
print(any(range(5,2)))
print(any(range(0)))

# set
print(type(set()))
print(any({True, 1,"x"}))
print(any({True, 1, "x", False}))
print(any({False, 0}))
print(any(set()))

# dict
print(type({}))
print(any({1:True, 2:1, 3:"x"}))
print(any({1:True, 2:1, 3:"x", 0:123}))
print(any({False:12, 0:34}))
print(any({}))

# str
print(type(""))
print(any("abc"))
print(any("True"))
print(any("False"))
print(any(""))
実行結果
<class 'list'>
True
True
False
False
<class 'tuple'>
True
True
False
False
range(0, 0)
True
False
False
<class 'set'>
True
True
False
False
<class 'dict'>
True
True
False
False
<class 'str'>
True
True
True
False

ascii[編集]

組込み関数 ascii(obj) は、組込み関数 repr(obj) と同様に,オブジェクトobjの印刷可能な表現を含む文字列を返しますが,repr()が返す文字列中の非ASCII文字を,\x, \u, \Uを用いてエスケープします[4]

関数定義
def ascii(obj: Any) -> str:
コード例
print(ascii(""))
print(ascii("abcABC1213#$"))
print(ascii("かなカナ漢字αβ"))
print(ascii((1, 2.0, "III", "四")))
print(ascii({1, 2.0, "III", "四"}))
print(ascii({0:1, 2:2.0, 3:"III", 4:"四"}))
実行結果
''
'abcABC1213#$'
'\u304b\u306a\u30ab\u30ca\u6f22\u5b57\u03b1\u03b2'
(1, 2.0, 'III', '\u56db')
{1, 2.0, '\u56db', 'III'} 
{0: 1, 2: 2.0, 3: 'III', 4: '\u56db'}

bin[編集]

組込み関数bin(i)は、整数iを2進数文字列に変換します[5]

関数定義
def bin(i: int) -> str:
コード例
for i in range(-2,0o10) :
    print(f"bin({i}) => {repr(bin(i))}")
for i in [False, True] :
    print(f"bin({i}) => {repr(bin(i))}")
実行結果
bin(-2) => '-0b10'
bin(-1) => '-0b1'
bin(0) => '0b0'
bin(1) => '0b1'
bin(2) => '0b10'
bin(3) => '0b11'
bin(4) => '0b100'
bin(5) => '0b101'
bin(6) => '0b110'
bin(7) => '0b111'
bin(False) => '0b0'
bin(True) => '0b1'
変換結果には2進数を示す '0b' が前置されます。
この表現は Python の2進数リテラルと同じ表記です。
負の値は、2の補数表現ではなく 絶対値の2進数表現に '-' を前置して表現します。
bool型はint型のサブクラスなので、bin()関数を適用できます。

bool[編集]

組込み関数bool(obj)は、オブジェクトobjを真理値に変換します[6]

関数定義
def bool(obj: Any) -> bool:
オブジェクトの属するクラスにメソッド __bool__ があった場合、メソッド __bool__ を評価しその値を返します。
オブジェクトの属するクラスにメソッド __len__ があった場合、メソッド __len__ を評価しその値が 0 以外なら True を返します。
典型的な偽の数
from decimal import Decimal
from fractions import Fraction

for x in [None, False,
        0, 0.0, 0j, Decimal(0), Fraction(0, 1),
        '', (), [], {}, set(), range(0)] :
    print(f"bool({repr(x)}) => {bool(x)}")
実行結果
bool(None) => False
bool(False) => False
bool(0) => False
bool(0.0) => False
bool(0j) => False
bool(Decimal('0')) => False
bool(Fraction(0, 1)) => False
bool('') => False
bool(()) => False
bool([]) => False
bool({}) => False
bool(set()) => False
bool(range(0, 0)) => False
Decimalは十進浮動書数点数、Fractionは有理数(分数)です。

breakpoint[編集]

bytearray[編集]

bytes[編集]

callable[編集]

callable[編集]

組込み関数callable(obj)は、オブジェクトobjが呼出し可能かを返します[7]

関数定義
def callable(obj: Any) -> bool:
オブジェクトの属するクラスにメソッド __call__ があった場合、True を返します。
callableの適用例
print(f"""\
{callable(int)=}
{callable(bool)=}
{callable(str)=}
{callable(True)=}
{callable([])=}
{callable(set())=}
{callable("abc".join)=}
{callable((1+1j).conjugate)=}
""")
実行結果
callable(int)=True
callable(bool)=True
callable(str)=True
callable(True)=False
callable([])=False
callable(set())=False
callable("abc".join)=True
callable((1+1j).conjugate)=True
型名はコンストラクターでcallableです。
メソッドもcallableです。

chr[編集]

classmethod[編集]

compile[編集]

complex[編集]

copyright[編集]

credits[編集]

delattr[編集]

dict[編集]

dir[編集]

divmod[編集]

enumerate[編集]

eval[編集]

exec[編集]

exit[編集]

filter[編集]

float[編集]

組込み関数float(x, base)は、数値または文字列xから構成される浮動小数点数を返します[8]

関数定義
def float(x=0: Any) -> float:
引数xが文字列の場合、文字列には10進数が含まれ、オプションで符号が先行し、オプションでホワイトスペースが埋め込まれます。
オプションの符号は'+'または'-'ですが、'+'符号は生成される値には影響しません。
また、引数には、NaN(not-a-number)、正または負の無限大を表す文字列を指定することもできます。
より正確には,入力は,先頭と末尾の空白文字を除去した後,以下の文法に従わなければならない。
sign           ::=  "+" | "-"
infinity       ::=  "Infinity" | "inf"
nan            ::=  "nan"
numeric_value  ::=  floatnumber | infinity | nan
numeric_string ::=  [sign] numeric_value
ここで floatnumber は、浮動小数点リテラルで説明されている Python の浮動小数点リテラルの形式です。
大文字小文字は区別されませんので、例えば、正の無限大を表すスペルとして、"inf"、"Inf"、"INFINITY"、"iNfINity "は全て許容されます。
その他、引数が整数または浮動小数点数の場合、同じ値の浮動小数点数(Pythonの浮動小数点精度の範囲内)が返されます。
一般的な Python オブジェクト x に対して、 float(x) は x.__float__() に委ねられます。
もし __float__() が定義されていなければ、__index__() にフォールバックします。
引数が与えられていない場合は 0.0 が返されます。
例外
引数が Python の float の範囲外であれば、 OverflowError が発生します。
バージョン3.6での変更
コードリテラルのようにアンダースコアで数字をまとめることができるようになりました。
バージョン3.7での変更
x は位置指定のみのパラメータになりました。
バージョン3.8での変更
float__()が定義されていない場合、__index__()にフォールバックするようになりました。

format[編集]

frozenset[編集]

getattr[編集]

globals[編集]

hasattr[編集]

hash[編集]

help[編集]

hex[編集]

組込み関数hex(i)は、整数iを16進数文字列に変換します[9]

関数定義
def hex(i: int) -> str:
コード例
for i in range(-2,0x10) :
    print(f"hex({i}) => {repr(hex(i))}")
for i in [False, True] :
    print(f"hex({i}) => {repr(hex(i))}")
実行結果
hex(-2) => '-0x2'
hex(-1) => '-0x1'
hex(0) => '0x0'
hex(1) => '0x1'
hex(2) => '0x2'
hex(3) => '0x3'
hex(4) => '0x4'
hex(5) => '0x5'
hex(6) => '0x6'
hex(7) => '0x7'
hex(8) => '0x8'
hex(9) => '0x9'
hex(10) => '0xa'
hex(11) => '0xb'
hex(12) => '0xc'
hex(13) => '0xd'
hex(14) => '0xe'
hex(15) => '0xf'
hex(False) => '0x0'
hex(True) => '0x1'
変換結果には2進数を示す '0x' が前置されます。
この表現は Python の16進数リテラルと同じ表記です。
負の値は、2の補数表現ではなく 絶対値の16進数表現に '-' を前置して表現します。
bool型はint型のサブクラスなので、hex()関数を適用できます。

id[編集]

input[編集]

組込み関数input(prompt)は、標準入力から1行を読込み、それを文字列に変換して(末尾の改行を取り除いて)返します[10]

関数定義
def input(prompt: str) -> Any:
prompt 引数がある場合は、末尾の改行を除いて標準出力に書込まれます。
モジュールreadlineがロードされていれば、input()はそれを使って精巧な行編集や履歴機能を提供します。
例外
EOFを読み込んだ場合、EOFErrorが発生します。
入力を読込み前に、prompt 引数の値によっては、で監査イベント(auditing event)builtins.inputを発生させます。
入力を読込み後に、返数値によっては、で監査イベントbuiltins.input/resultを発生させます。

int[編集]

組込み関数int(x, base)は、引数xを基数baseで整数に変換します[11]

関数定義
def int(x=0: Any, base=10: int) -> int:
数値または文字列xから構築された整数オブジェクトを返します。
引数が与えられていない場合は0を返します。
xが__int__()を定義している場合、int(x)はx.__int__()を返します。
xが__index__()を定義している場合は、x.__index__()を返します。
xが__trunc__()を定義している場合は、x.__trunc__()を返します。
xが浮動小数点数の場合、これはゼロに向かって切り捨てられます。
xが数値でない場合、またはbaseが指定されている場合、xは基数ベースの整数リテラルを表す文字列、バイト、またはバイト配列のインスタンスでなければなりません。
オプションとして、リテラルの前に+または-(間にスペースを入れない)を付け、ホワイトスペースで囲むことができます。基数baseのリテラルは、0からn-1までの数字で構成され、aからz(またはAからZ)は10から35までの値を持ちます。
デフォルトのbaseは10です。
許容される値は0と2-36です。
基数2、-8、-16のリテラルには、コードの整数リテラルと同様に、0b/0B、0o/0O、0x/0Xのいずれかのプレフィックスを付けることができます。
基数0はコードリテラルとして正確に解釈することを意味し、実際の基数は2、8、10、16のいずれかであり、int('010', 0)は合法ではないが、int('010')は合法であり、int('010', 8)も同様です。
バージョン3.4での変更
baseがintのインスタンスではなく、baseオブジェクトにbase.__index__メソッドがある場合、そのメソッドが呼び出されてbaseの整数値が取得されます。以前のバージョンでは base.__index__ の代わりに base.__int__ を使用していました。
バージョン3.6での変更
コードリテラルのように数字をアンダースコアでまとめることができるようになりました。
バージョン3.7での変更
x は位置指定のみのパラメータになりました。
バージョン3.8での変更
__int__()が定義されていない場合、__index__()に戻るようになりました。

isinstance[編集]

issubclass[編集]

iter[編集]

len[編集]

license[編集]

list[編集]

locals[編集]

map[編集]

max[編集]

memoryview[編集]

min[編集]

next[編集]

object[編集]

oct[編集]

組込み関数oct(i)は、整数iを8進数文字列に変換します[12]

関数定義
def oct(i: int) -> str:
コード例
for i in range(-2,0o10) :
    print(f"{i=}: {oct(i)=}")
for i in [False, True] :
    print(f"{i=}: {oct(i)=}")
実行結果
i=-2: oct(i)='-0o2'
i=-1: oct(i)='-0o1'
i=0: oct(i)='0o0'
i=1: oct(i)='0o1'
i=2: oct(i)='0o2'
i=3: oct(i)='0o3'
i=4: oct(i)='0o4'
i=5: oct(i)='0o5'
i=6: oct(i)='0o6'
i=7: oct(i)='0o7'
i=False: oct(i)='0o0'
i=True: oct(i)='0o1'
変換結果には2進数を示す '0o' が前置されます(古いC言語の '0' 1文字を前置する2進数表現ではありません)。
この表現は Python の8進数リテラルと同じ表記です。
負の値は、2の補数表現ではなく 絶対値の8進数表現に '-' を前置して表現します。
bool型はint型のサブクラスなので、oct()関数を適用できます。

open[編集]

ord[編集]

pow[編集]

print[編集]

組込み関数 print は引数のオブジェクトを文字列化しテキストストリームに書出します[13]

関数定義
def print(*objects: Any, sep=' ', end='\n', file=sys.stdout, flush=False) -> None:
引数
objects
str関数相当で文字列化されるオブジェクト
sep
objectsの間に表示する区切り文字
file
出力先のテキストストリーム(ディフォルト:sys.stdout)
flush
フラッシュの有無(ディフォルト:False)

property[編集]

quit[編集]

range[編集]

組込み関数 range() は、組込み型 Range クラスのコンストラクターです[14][15]

関数定義
def range(stop: int) -> range:
def range(start : int, stop: int[, step]) -> range:
引数は整数でなければなりません (組込みの int または __index__ 特殊メソッドを実装したオブジェクトのいずれか)。
step 引数
省略された場合、デフォルトで 1 になります。
start 引数
が省略された場合、デフォルトで 0 になります。
step 引数
0 の場合
ValueError 例外が挙がります。
正の場合
Range rの内容はr[i] = start + step*iの式で決まり、i >= 0 and r[i] < stopとなります。
負の場合
Range rの内容はr[i] = start + step*iの式で決まり、i >= 0 and r[i] > stopとなります。
r[0]が値の制約を満たさない場合、Rangeオブジェクトは空になります。
Rangeは負のインデックスをサポートしていますが、これらは正のインデックスによって決定されたシーケンスの最後からインデックスを作成すると解釈されます。
sys.maxsizeより大きな絶対値を含むレンジは許可されていますが、いくつかの機能(len()など)はOverflowErrorが挙がる可能性があります。
コード例
for i in range(5) :
    print(i, end=" ")
else :
    print()
for i in range(2, 12, 3) :
    print(i, end=" ")
else :
    print()
print(list(range(10)))
print(tuple(range(10)))
n = 10**8
print(n)
print(sum(range(n)))
print(type(range(5)))
実行結果
0 1 2 3 4 
2 5 8 11 
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
(0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9)
100000000
4999999950000000
<class 'range'>

repr[編集]

組込み関数 repr(obj) は、オブジェクトobjの印刷可能な表現を含む文字列を返します[16]

関数定義
def repr(obj: ANy) -> str:
コード例
print(repr(""))
print(repr("abcABC1213#$"))
print(repr("かなカナ漢字αβ"))
print(repr((1, 2.0, "III", "四")))
print(repr({1, 2.0, "III", "四"}))
print(repr({0:1, 2:2.0, 3:"III", 4:"四"}))
実行結果
''
'abcABC1213#$'
'かなカナ漢字αβ'
(1, 2.0, 'III', '四')
{'四', 1, 2.0, 'III'}
{0: 1, 2: 2.0, 3: 'III', 4: '四'}

reversed[編集]

round[編集]

set[編集]

setattr[編集]

slice[編集]

sorted[編集]

staticmethod[編集]

str[編集]

sum[編集]

super[編集]

tuple[編集]

type[編集]

vars[編集]

zip[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Built-in Functions -- abs()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ Built-in Functions -- all()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  3. ^ Built-in Functions -- any()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  4. ^ Built-in Functions -- ascii()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  5. ^ Built-in Functions -- bin()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  6. ^ Built-in Functions -- bool()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  7. ^ Built-in Functions -- callable()”. The Python Standard Library (2021年12月19日). 2021年12月20日閲覧。
  8. ^ Built-in Functions -- float()”. The Python Standard Library (2021年12月13日). 2021年12月14日閲覧。
  9. ^ Built-in Functions -- hex()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  10. ^ Built-in Functions -- input()”. The Python Standard Library (2021年12月13日). 2021年12月14日閲覧。
  11. ^ Built-in Functions -- int()”. The Python Standard Library (2021年12月13日). 2021年12月14日閲覧。
  12. ^ Built-in Functions -- oct()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  13. ^ Built-in Functions -- print()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  14. ^ Built-in Functions -- range()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月19日閲覧。
  15. ^ Built-in Types -- Ranges”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月19日閲覧。
  16. ^ Built-in Functions -- repr()”. The Python Standard Library (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。