UEFIアプリケーションの書き方

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

UEFIとは、正式名称 unified extensible firmware interface といい、技術の古くなったBIOSを置き換えることを目的に作られたシステムです。このシステムを用いると、OSを起動せずにアプリケーションを動かすことができます。この本では、Linuxオペレーティングシステムでプログラミングすることを想定しています。

目次[編集]

  1. 環境を整える
  2. Hello Worldプログラム
このページ「UEFIアプリケーションの書き方」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。