Wikibooks:なぜウィキブックスに寄稿するか

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Purple question mark.svg この文書はウィキブックス日本語版の公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。内容に関する議論はトークページで受け付けています。

教育者

使っている教科書の著者よりよいトピックを提示できる時があることでしょう。ウィキブックスには、これらの情報をどのようにして整理・提示するか、それによりあなたの担当クラスやひいては世界中に末永く貢献できるのか、といったことについてあなたの腕前を試すチャンスがあります。

教師は、教科書の開発をクラスの計画として考慮すべきです。生徒たちは手元にある内容だけを学ぶのではありません。共同して作業する方法も学び、そしてかれらは世界中からやってくる生徒たちとつながりを作っていくのです。これはまた、教育者自身にとってもすばらしい学習活動なのです。なぜなら、生徒たちがトピックについて理解していく方法について価値ある洞察をえることができるからです。

学習者

何かを学習するための最適な方法の一つは、誰か他のひとに教える事です。その教材についてあなたが実際にどれほどちゃんと理解できているのかということを確かめて御覧なさい。ウィキブックスは、あなたが学ぼうとする主題にあった教科書を使ったり作ったりする機会を与えてくれます。なんと言ってもフリーなのですから!

産業界のリーダー

現在の学生を未来の労働力として育てる必要があります。今、知識が彼らの手に入るのを手助けしてください。そうすれば彼らはその知識を記憶して、いつだって思い出して参照することができるはずです。

人道主義者

このサイトで開発された教材は全て、その情報が永遠に自由であり続ける事を保障するライセンスの下で公開されます。ウィキブックスのプロジェクトにちょっと手を携えて小さな遺産を残してみてください。その目的は、実際に人類の後援となることであり、あなたが同胞たる他者を手助けする際に、あなた自身の手助けとすることです。

わずか 2, 3 年の間に、そしてまったくのボランティア活動によって、ウィキペディアはウェブ上の代表的な百科事典の一つとなりました(ウィキペディアは百科事典ブリタニカのオンライン版よりも沢山のアクセスがあります)。ウィキブックスも同じような期間でこのような成功を再現することを模索中です。

技術者

関連文書