Wikibooks:なぜフリーの教科書を使うのか

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Blue check.png このページはウィキブックス日本語版の考慮すべきガイドラインです。多くの利用者が基本的に同意しており、従うことが推奨されますが、公式な方針ではありません。必要に応じて編集することは可能ですが、大きな変更を加える場合は、先にトークページで提案してください。

自由という意味でフリーである[編集]

このサイトにある教科書は、永遠に自由であることを保障するオープンコンテントなライセンスに基づいて公開されています。誰にも、あなたがこれらの素材を利用・改変・再配布することを妨げることはできません。さらにライセンスは、これらの素材から作られるどのような作品も同様に、自由に利用・改変・再配布できることを保障するものです。

無料という意味でフリーである[編集]

あなたは、同じ情報が無料で手に入るとしたら、教科書を手に入れるために一万円以上の出費をしようと思うでしょうか。ここにある全ての文章は、市場を操作して高値をつけ、貧乏学生から搾取するような、どこか特定の裕福な教科書会社にではなく、ウィキブックスのコミュニティーひいては世界中の人々に属しているものなのです。

実情に即した学習内容を用意できる[編集]

我々の教科書は、主題に精通した人々の手ではじめられ、主題に精通した人々の手で継続的に増強されています。これは二次収入を追い求めるひとりの教授の手によるものではなく、最小限の手間で及第したり、次の段階への準備をするためにその教材を学ぼうとする人々の、コミュニティの手によるものなのです。それはそのまま、この教科書が意義あるものであることを意味しています。

最新の状態にアクセスできる[編集]

あなたは、その分野の最新の動向を取り込んだ新たな版を得るのに数ヶ月も何年も待つ必要はありません。新たな発見や進歩がなされた正にその瞬間に、その変化を反映して文章が更新され得るのです。

フィードバックが備え付けられている[編集]

教科書のどの分冊にもそれ専用のノートページが用意されており、そこで互いにその教材に関して質問を交わしたり、助け合ったりすることができます。

世界中からアクセスできる[編集]

ウェブにアクセスできる世界中の学習者は、経済状況、地域的な教育の制限、あるいは教育機関への近接性などの如何に関わらず、質の良い教育的な情報を知ることができます。

関連項目[編集]