Windows入門

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Windowsとは[編集]

Windows®(Microsoft Windows®)とは、マイクロソフト社が開発したOS。家庭向けから企業向けまで幅広い範囲で使用されている。

最新バージョン[編集]

  • Windows 10 バージョン 2004

Windowsの機種一覧[編集]

Windowsは、MS-DOSベース(95以降はWindowsの名称に発行年の下二桁を冠しており、且つ、発行年が1990年代のものが多く、このWindowsの命名ルールに従い下二桁にすると「9x」となることから、俗に9x系とも呼ばれる)と NT系と呼ばれる系列に分かれていたが、MS-DOSベースの9x系は動作が不安定であったため、Windows Me以降はMS-DOSベースから、NT系に移行した。

9x系[編集]

以下のオペレーティングシステムが、Windows 9x系に該当する。

Win Ver. DOS Ver. プロダクト名 発売年
1.0 1.0 Microsoft Windows 1.0 1985年
2.0 2.0 Microsoft Windows 2.0 1987年
3.0 3.0 Microsoft Windows 3.0 1990年
3.1 3.1 Microsoft Windows 3.1 1993年
4.0 7.0
(OSR2以降は7.1)
Windows 95 1995年
4.10 7.1 Windows 98 1998年
4.10 7.1 Windows 98 Second Edition 1999年
4.90 8 Windows Me 2000年

なお、Windows MeでWindows 9x系のOSは終焉を迎え、それ以降はWindows XPをはじめとしたWindows NT系に一本化されている。また、2001年12月31日にWindows95が、2006年7月11日に残りの9x系のオペレーティングシステム全てがマイクロソフトによるサポートを打ち切られた。

NT系[編集]

Windows 8(8.1はサポート継続中)までのOSのサポートは終了している。 以下のオペレーティングシステムがNT系に該当する。なお、発売年は最初に発売された言語版もしくはエディションを記載する。

NT Ver. RTM Build プロダクト名 エディション 発売年
NT 3.1 528 Windows NT 3.1 Windows NT, Windows NT Advanced Server 1993年
NT 3.5 807 Windows NT 3.5 Workstation, Server 1994年
NT 3.51 1057 Windows NT 3.51 Workstation, Server 1995年
NT 4.0 1381 Windows NT 4.0 Workstation, Server, Server Enterprise Edition, Terminal Server, Embedded 1996年
NT 5.0 2195 Windows 2000 Professional, Server, Advanced Server, Datacenter Server 2000年
NT 5.1 2600 Windows XP Home, Professional, Media Center, Tablet PC, Starter, Embedded, Nエディション 2001年
NT 5.1 2600 Windows Fundamentals for Legacy PCs - 2006年
NT 5.2 3790 Windows Server 2003 Standard, Enterprise, Datacenter, Web, Storage, Small Business Server, Compute Cluster Server 2003年
NT 5.2 3790 Windows XP (64ビット) 64-bit Edition, Professional x64 Edition 2003年
2005年
NT 5.2 3790 Windows Home Server 2007年
NT 6.0 6000 Windows Vista Starter, Home Basic, Home Premium, Business, Enterprise, Ultimate, N Edition ビジネス向け:
2006年
一般消費者向け:
2007年
NT 6.0 6001 Windows Vista Service Pack 1 2008年
NT 6.0 6001 Windows Server 2008 Standard, Enterprise, Datacenter, Web, Foundation, Itanium-based Systems, Storage, Small Business Server 2008年
NT 6.0 6002 Windows Vista Service Pack 2 2009年
NT 6.0 6002 Windows Server 2008 Service Pack 2 2009年
NT 6.1 7600 Windows 7 Starter, Home Basic, Home Premium, Professional, Enterprise, Ultimate 2009年
NT 6.1 7600 Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter, Web, Foundation, Itanium-based Systems 2009年
NT 6.2 9200 Windows 8 無印, Pro , Enterprise , Windows RT 2012年
NT 6.3 9600 Windows 8.1 無印, Pro , Enterprise , Windows RT 2013年
NT 10.0 10240 Windows 10 Home, Pro, Education/Pro Education, Enterprise/Enterprise LTSB 2015年
NT 10.0 14393 Windows Server 2016 Standard, Enterprise, Datacenter 2016年
NT 10.0 (なし) Windows Server 2019 Standard, Enterprise, Datacenter 2018年
  • Windows 8.1は、Windows 8の使用改良版です。

Windowsのセットアップ[編集]

Windowsでの操作方法[編集]

この節では基本操作や基礎知識を説明する。

スタートボタン[編集]

Windowsではスタートボタンから、ソフトを起動したり、シャットダウンすることができる。Windows 3.51以前のものとWindows 8を除くすべてのOSでは左下のWindowsマーク(Windows Offical 7.pngWindows logo - 2012.svgなど)があるところがスタートボタンと呼ばれる。また、キーボードのショートカットキーはWindowsキーである。

コントロールパネル[編集]

Windowsの設定をすることができますプリンタの設定や使用するソフトウェアの管理などがある。OSによっては名称が異なる場合がある。最新のWindows10では、このコントロールパネルと「設定」と2つに機能が分散されていることに注意しましょう。

Windows Update[編集]

Windows UpdateはWindowsの更新プログラムの情報を表示したり、インストールなどを行う。

デバイスマネージャ[編集]

接続した周辺機器の情報を管理する。

プログラムと機能[編集]

インストールしたアプリケーションの削除や変更やWindowsの更新プログラムを表示する。

既定のプログラム[編集]

アプリケーションの関連づけの設定を行う。

拡張子が.docの場合はMicrosoft Wordを開く。

などの設定をする。

ファイルの使いかた[編集]

ここでは、ファイルの使い方を説明する。Windowsのファイルでは、おもにWindowsでは、最も標準的なファイル形式を使っている。また、Windows各種では、あらかじめ写真など(イメージ画像など)が入っている場合が多い。

Windows独自の拡張子で代表的なものとしては .exe (実行可能アプリケーション) が多い。

コンピュータ [編集]

コンピュータはコンピュータに接続されている周辺機器の情報を表示するウインドウである。 カメラなどをUSB接続する場合はコンピュータから開くこともできる。また、Windows XP以前はマイコンピュータというウインドウであった。

ホットキー[編集]

ホットキーとは、画面上のメニューからマウスで選択して実行する命令や、特定の文字列の入力などの利用頻度が高い連続したキー操作を簡単なキー操作で実行する機能である。また、そのために割り当てられたキー入力の組み合わせ入力数を減らしたり、マウスを使わずに操作できる。Windowsには、3つのホットキーが搭載されている(デスクトップパソコンのみ)。

クリック/ダブルクリック/ドラッグ/右クリック/ホイール[編集]

クリックとはマウスの左側のボタンを1回クリックする動作のことを言い、右側を1回クリックすることを右クリックという。右クリックは基本プロパティを開くために使われていて、基本使われることはない。左側を2回クリックすることをダブルクリックと言い、アイコンの上でダブルクリックすると、ソフトウェアが起動する。

左側のボタンを押したまま動かすとドラッグという動作になる。アイコンの上でドラッグをして、ファイルの移動などで使われるのが一般的である。
ホイールとは中心にある軸のことを言い、スクロールの操作などに使われる。最近のマウスでは左右に動かせるマウスもある。
一見どのパソコンにも共通しているような操作だが、微妙に違う。

脚注[編集]

関連項目[編集]

Commons
ウィキメディア・コモンズに、Microsoft Windowsに関連するマルチメディアがあります。
Wikipedia
ウィキペディアMicrosoft Windowsの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアMS-DOSの記事があります。
このページ「Windows入門」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。