ガリア戦記/ガリア語の名前

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガリア周辺におけるケルト系部族(緑文字)と非ケルト系部族(赤文字)の分布

ガリア戦記』で言及されるガリア人の地名・部族名・人名などの名前(固有名詞)について解説する。

ガリア語とは[編集]

ケルト諸語の分布
ケルト諸語の分類系統樹

ガリア語 (羅 Lingua Gallica、英 Gaulish、仏 Gaulois) とは、ガリア (ガッリア)・イタリア半島北部・ヒスパニア中部・ルシタニアなどで5世紀頃まで話されていたケルト諸語の一派で、他の地域に居住する話者も母語として話していたとされている。ガリア語は死語ではあるが、多くの単語がヨーロッパ諸語、とりわけ地名に残されている。

Lingua Gallica fuit lingua Celtica, qua gentes Celticae in Gallia, Italia septentrionali, Hispania media, Lusitania nec non alibi habitantes lingua vernacula loquebantur usque ad saeculum quintum.  Lingua Gallica mortua est, etsi multa verba maneant in linguis Europaeis quibusdam et praesertim in nominibus locorum.
   (vide etiam paginam "Lingua Gallica" in Vikipaedia)

下の表および右下の系統樹に、ガリア語を含むケルト諸語の言語学的分類を示す。
ただし、これはケルト諸語を「島嶼ケルト」「大陸ケルト」に二分する伝統的な分類法であるが、近年では「Pケルト語[1]「Qケルト語」に二分する分類法もある。これは例えば、『ガリア戦記』でも言及されているように、アトレバテース族 Atrebates がブリタンニア島と大陸の双方にまたがって居住していたように、単純に島嶼・大陸と分けにくいことにもよる。





ケルト祖語 (Proto-Celtic)
島嶼
ケルト語
ゲール諸語 原アイルランド語古アイルランド語中期アイルランド語
アイルランド語スコットランド・ゲール語マン島語 など
ブリソ
ン諸語
西方[2] 古ウェールズ語中期ウェールズ語ウェールズ語
西南[3] 古コーンウォール語・コーンウォール語

古ブルトン語ブルトン語

大陸ケルト語 ガラティア語 (小アジアのガラティア
ノール語[4](中・東部ヨーロッパ)
ケルティベリア語ルシタニア語 (イベリア半島)
ガリア語レポント語 (ガリア:ベルギー~北イタリア)

特徴[編集]

語彙集[編集]

以下では、仏語訳を緑色で示す。アステリスク *再構を表わす。

単語要素[編集]

   

allo-[編集]

    autre:他の

allobrog-[編集]

    étranger, exilé:他国人、よそ者、亡命者

and-, ande-, ando-[編集]

    très :非常に、大変

arios[編集]

    homme libre, seigneur :自由人、貴族(領主・支配者)?

belo-, bello-[編集]

    fort, puissant:強い、強力な、有力な、勢力のある


bogius[編集]

    briseur, pourfendeur:破壊者、一刀両断にする(やっつける)人

bratu[編集]

    en gratitude, voeu:感謝して、祈願

brīuā[編集]

    pont:橋

brog(i)-[編集]

    pays :国・領土・境界

com-, con-, co-[編集]

   


dūnon[編集]

    citadelle, enceinte, fortifiée, mont:城砦、城壁、要塞化されたもの、丘


nouiios[編集]

    nouveau:新しい

orget(o)-, orgeno-[編集]

    tueur, meutre :殺人者、殺人
※戦功または軍事的な地位を表す言葉と考えられよう。


rēmos[編集]

    premier, prince :第一の(者)、指導者、
  • 語釈
    印欧祖語の *preh₂- からの派生語か?
    ラテン語の prīmus から p が脱落した語形に近い[5]
  • 派生語
    #Rēmi


rix (riks)[編集]

    roi :王

senos[編集]

    ancien, vieux :古い(古参の)、昔からの、老いた

uelio-[編集]

    modeste, honnête (ou 'meilleur') :謙虚な、誠実な

uid-, uidi-, uissu-[編集]

    connaissance, savoir :知識、知ること


   


固有名詞:地名の例[編集]

   

Bratu-spantion[編集]

    lieu où l'on dit les jugements :判決が宣べられる所
  • 語釈
    #bratuspantion の複合語。
  • Bratuspantium[6] ブラトゥスパンティウム
    ブラトゥスパンティウムは、ベッロウァキー族(Bellovaci)の城塞都市であった(『ガリア戦記』第2巻13節)が、ローマ人に服属した後で部族はローマ風の都市カエサロマグス(現在のボーヴェ市)に移住させられたため、ブラトゥスパンティウムがどこにあったのか正確な位置は不明である。[7][8]

Nouio-dūnon[編集]

Wikipedia
ウィキペディアfr:Noviodunumの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアen:Noviodunumの記事があります。
    Neuchâtel:新しい城砦


Sāmaro-brīuā[編集]

Wikipedia
ウィキペディアfr:Samarobrivaの記事があります。
    pont sur la Sāmarā :サーマラー川の橋
  • 語釈
    Sāmarābrīuā の複合語。サーマロブリーウァー
      Samara はラテン語でも SamaraSomena すなわち現在のソンム川Somme
      brīuā はラテン語でも Briva と記され「橋」を意味する。
  • Samarobriva[9][10] サマロブリウァ
    サマロブリウァは、アミアン市Amiens)の古代名[11][12]。アンビアーニー族(Ambiani[13])の城塞都市であった。

   


固有名詞:部族名の例[編集]

   

Allobroges[編集]

    les Etrangers, les Exilés :他国人たち、亡命者たち
Allobroges(羅 Allobroges、英 Allobroges、仏 Allobroges、アッロブロゲース)
  • ローヌ川の源流域とアルプス北部辺りに居住していた部族の名で、再建されたガリア語では *Allobrogis 、ギリシア語では Ἀλλοβρίγων, Ἀλλόβριγες などと表記されると考えられている。

Bello-uaci[編集]

Commons
ウィキメディア・コモンズに、Bellovaciに関連するマルチメディアがあります。
    ?? puissant :力強い○○、勢力のある○○??
  • 語釈
    bello- 「力強い、勢力のある」から(後半部分の uaci については不詳)
  • Bellovaci/Bellovacos,  英 Bellovaci,   仏 Bellovaques
    ラテン語の Bellovaci はカエサルやプリニウスにより、Bellovacos はカエサルにより用いられた。
    ギリシア語では、ベッロアコイ Belloákoi (Βελλοάκοι)ストラボンプトレマイオス)。
  • ベッロウァキー族はベルガエ人の一派で、彼らの部族名は現在の仏ボーヴェ市Beauvais)の都市名の語源とされている。彼らはもともと城塞都市ブラソゥスパンティウム #Bratu-spantion を本拠地としていた(『ガリア戦記』第2巻13節)が、ローマ人に服属して帝制期になるとローマ風の都市カエサロマグスCaesaromagus)に移住させられて、その都市は「ベッロウァキー族の都市」を意味するキーウィタース・ベッロウァコールム(civitas Bellovacorum)またはベッロウァクムBellovacum)とも呼ばれ、これがボーヴェ(Beauvais)に訛って[14] 現在に至る。




Rēmi[編集]

Commons
ウィキメディア・コモンズに、Remiに関連するマルチメディアがあります。
REMO”と刻まれた、ガリアのレーミー族が発行したと考えられている青銅の貨幣。
    les Premiers, les Princes :第一の者たち、指導者たち




Senones[編集]

    Les Anciens :古参の者たち
  • 語釈
    #senos 「古い、古参の」の派生語
  • Senones(羅 Senonēs, 英 w:Senones, 仏 w:Sénons,    古希 Σένονες (Sénones), Σήνωνες (Sḗnōnes)
前4世紀頃にイタリア半島へ到来し、族長ブレンヌスに率いられてアッリアの戦いでローマ人を大いに負かした仇敵で、古参のガリア人部族。
『ガリア戦記』の時代には、ガリアのアゲディンクム Agedincum(現在のフランスのサーンス Sens)まで退いていた。

Uelio-casses[編集]

VELIOCAOI”と刻まれた、ベルガエのウェリオカッセース族が発行したと考えられている青銅の貨幣。
  • 語釈
    #uelio- 「謙虚な、誠実な」の派生語

Uero-mandui[編集]

Wikipedia
ウィキペディアfr:Viromanduensの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアen:Viromanduiの記事があります。



   

固有名詞:人名の例[編集]

   

Andecombogius[編集]

    Grand-Briseur :大破壊者
  • 語釈
    #ande-#com-#bogius の複合語。
  • Andecombogius アンデコンボギウスは、『ガリア戦記』第2巻3節 に、レーミー族の領袖・使節として言及されるが、写本・校訂版により綴りが分かれている。

Ariouistus[編集]

    Noble Savoir ou Qui-sait-en-avance:高貴な知識 (または) 前もって知る者
Ariouistus (羅 Ariovistus; w:Ariovistus, 英 w:Ariovistus, 仏 w:Arioviste
アリオウィストゥスは、『ガリア戦記』第1巻に「ゲルマーニア人」の王として登場するが、現代の研究者たちはこのアリオウィストゥスという名前をケルト系のガリア語から派生したと考えている。(w:en:Ariovistus#Etymology などを参照。)

Orgetorix[編集]

    Roi-des-Tueurs :殺人者たちの王(長?)
  • 語釈
    #orget(o)-#rix (riks) の複合語。※戦功または軍事的な指導者の地位を意味するとも考えられよう。
Orgetorīx (羅 Orgetorīx; w:Orgetorix, 英 w:Orgetorix, 仏 w:Orgétorix




   

脚注[編集]

  1. ^ w:en:Gallo-Brittonic languages を参照。
  2. ^ w:en:Western Brittonic languages を参照。
  3. ^ w:en:Southwestern Brittonic languages を参照。
  4. ^ w:en:Noric language を参照。
  5. ^ wikt:fr:Remus#la を参照。
  6. ^ wikt:ru:Bratuspantium
  7. ^ Bratuspantium: a Pleiades place resource
  8. ^ Bratuspantium — Brill
  9. ^ wikt:fr:Samarobriva
  10. ^ wikt:en:Samarobriva
  11. ^ w:fr:Amiens#Toponymie
  12. ^ w:fr:Amiens#Antiquité
  13. ^ w:fr:Ambiens
  14. ^ wikt:en:Beauvais#French
  15. ^ w:en:Remi など参照。

参考文献[編集]

以下、ガリア語の権威グザヴィエ・ドラマル(Xavier Delamarre, 1954- [1]による辞典など。

Delamarre (2012, 2021)[編集]

  • Noms de lieux celtiques de l'Europe ancienne. -500 – +500. Dictionnaire.
par Xavier Delamarre, Éditions Errance, ISBN 978-2-87772-483-8
1er Édition, Errance, Arles, 2012
2e Édition, Errance, Arles, 2021
※古代ヨーロッパ各地(BC500~AD500年頃)のケルト語の地名に関する研究成果をまとめた辞典。




関連項目[編集]

関連記事[編集]

ウィキペディア羅語版
ウィキペディア英語版
ウィクショナリー英語版
ウィキペディア仏語版
ウィクショナリー仏語版
  1. ^ Xavier Delamarre - Librairie Gallimard - TOUT LE FONDS GALLIMARD DISPONIBLE PARIS