ガリア戦記/注解編

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガリア戦記』の単語や構文を詳しく読み解く 注解編 のポータル。


各巻注解[編集]

原文テキスト[編集]


凡例[編集]

  • 原文テキスト : 校訂版から引用したラテン語テキスト。
    • 欄外に付されている、校訂版の伝統に則った項の番号 1, 2 ・・・ を上付き数字 1, 2, ... で挿入した。
    • 写本や他の校訂版との字句の異同などに黄色いマーキングを施し、下部に注記した。
      写本間の異同は網羅していないが、主要な校訂版どうしの異同はできるだけ注記した。
  • 整形テキスト : 以下の形式で、原文テキストを整形したもの。
    • 校訂版の伝統に則って付された項の番号 《1》 《2》 ・・・ を挿入した。
    • 原文にはない長母音の符号を付した形 Ā Ē Ī Ō Ū ā ē ī ō ū に整形した。
    • 原文では文頭の文字が小文字で表記されているものも、大文字に変更した。
    • 原文では略語で表記されているものも、できるだけ、つづり通りの表記に修整した。
    • 原文にはない句読点 . , ; : などを、判りやすいように補ったり改変したりした。
    • 校訂版にある記号 [ ] < > はできるだけそのままとした。
  • 注解


参考文献 (校訂版)[編集]

トイプナー古典叢書[編集]

トイプナー古典叢書 (Bibliotheca scriptorum Graecorum et Romanorum Teubneriana

Seel (1961)[編集]

  • C. Iulii Caesaris Commentarii rerum gestarum,  Vol.I  Bellum Gallicum,
    edidit Otto SeelLipsiae,  In aedibus B. G. Teubneri, MCMLXI.
    (オットー・ゼール(1907-1975)編、1961年刊。20世紀の代表的な校訂本のひとつ。絶版⇒⇒(WorldCat)

Hering (1987)[編集]

  • C. Iulii Caesaris Commentarii rerum gestarum, vol.I. Bellum Gallicum,
    edidit Wolfgang HeringLipsiae,  Teubner, 1987.
    ISBN 978-3-322-00351-5 (ISBN 3-322-00351-5)
    (ヴォルフガング・ヘーリンク(1928-1986)編、1987年刊。トイプナー最後の校訂版。
    写本の異読一覧などの情報量、文の完成度はゼール版より劣ると思われる。⇒(WorldCat)[1]

[[ガリア戦記/注解編#Seel (Teubner, 1961)|Seel]]
[[ガリア戦記/注解編#Hering (Teubner, 1987)|Hering]]

参考文献 (注釈書)[編集]

Les Classiques Latins Bordas (CLB)[編集]

フランスの教科書・辞書の出版社ボルダ (Bordas) の古典ラテン語注釈書シリーズ

Le Manzou (1965)[編集]

  1. CÉSAR : Bellum Gallicum tome premier,  par René-Yves LE MANZOU, Bordas, 1965


参考文献 (辞書)[編集]

参考文献 (文法書)[編集]

関連図書[編集]


脚注[編集]

  1. ^ [1], [2], [3] など、および電子書籍がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Greenough, D'Ooge, Daniell (1898)[編集]

Dickinson Classics Online[編集]