ガリア戦記/注解編/写本と校訂版

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  ガリア戦記 注解編  

  第1巻 |   第2巻 |  

ガリア戦記』の主要な写本、参照したおもな校訂版やアパラトゥス、校訂者や文献学者などを紹介する。


主要な写本[編集]

下表に、『ガリア戦記』の校訂に用いられる主要な写本を一覧する。用いられる写本は、アパラトゥスが詳しい クロッツ(Klotz)とゼール(Seel)によるトイプナー叢書(Bibliotheca Teubneriana)版 および コンスタン(Constans)によるビュデ叢書(Collection Budé)版 でほぼ同じであるが、写本を示す略記号がいくらか異なるので、併記した。

Bibliotheca Teubneriana Collection Budé 日本語説明[1]
記号 写本説明 (ラテン語) 記号 写本説明 (ラテン語・仏語) 写本名 所蔵図書館・登録番号、年代
A codex Amstelodamensis 81 s. IX/X A Bongarsianus. Amsterdam, 81. IXe-Xe siècle. アムステ
ルダム本
アムステルダム図書館蔵、81番、9~10世紀
Q codex Parisinus
(olim Moysiacensis) Lat. 5056 s. XII
M Moysiacensis. Paris, Bibl. Nat., lat.5056. XIIe siècle. パリ本 パリ、仏国立図書館蔵、5056番、12世紀
B codex Parisinus Lat. 5763 s. X B Parisinus. Paris, Bibl. Nat., lat.5763. IXe-Xe siècle. パリ本 パリ、仏国立図書館蔵、5763番、9~10世紀
C codex Vossianus Leidensis 53 s. XI ライデン本 ライデン図書館蔵、53番、11世紀
M codex Vaticanus Lat. 3864 s. X R Romanus. Rome, Bibl. Vat., 3864. Xe siècle. ヴァチカン本 ローマ、バチカン図書館蔵、3864番、10世紀
S codex Laurentianus
(olim Ashburnhamensis) R33 s. X
S Ashburnhamianus. Florence, Bibl. Laur., Ashburn. R. 33. Xe siècle. アッシュバ
ンハム本
フィレンツェ、メディチ・ロレンツォ図書館蔵、R33番、10世紀
L codex musei Britannici
(olim Lovaniensis) Add. 10084 s. XI
L Louaniensis. Londres, Brit. Mus., Add. MSS. 10084. XIe siècle. 大英博物館本 ロンドン、大英博物館蔵、追加10084番、11世紀
N codex Neapolitanus IV c.11 s. XII/XIII N Neapolitanus. Naples, Bibl. Nat., IV, c. 11. XIIe siècle. ナポリ本 ナポリ、国立図書館蔵、IV c.11番、12~13世紀
T codex Parisinus
(olim I.A.Thuani) Lat. 5764 s. XI
T Thuaneus. Paris, Bibl. Nat., lat. 5764. XIe siècle. トゥー本 パリ、仏国立図書館蔵、5764番、11世紀
V codex Vindobonensis 95 s. XII f Vindobonensis. Vienne, 95. XIIe siècle. ウィーン本 ウィーン、国立図書館、95番、12世紀
U codex Vaticanus
(olim Fulvii Ursicini) Lat. 3324 s. XI/XII
U Ursinianus. Rome, Bibl. Vat., 3324. XIe siècle. ウルシヌス本 ローマ、バチカン図書館蔵、3324番、11~12世紀
R codex Laurentianus Riccardianus 541 s. XI/XII l Riccardianus. Florence, Bibl. Laur., Riccard. 541. XIe-XIIe siècle. リッカルド本 フィレンツェ、図書館蔵、541番、11~12世紀

写本の系図[編集]

『ガリア戦記』に関する写本の系図理論は、20世紀においてはトイプナー版もビュデ版もおおむね同じである。以下、トイプナー版の記号を用いて系図にふれる。

  • ω  significat consensum codicum omniumα系とβ系、すなわち、主要写本のほぼ全てが一致していることを示す。ビュデ版などでは codd. と記す。
    • α  significat consensum codicum χφ :  χ系とφ系の写本がほぼ一致していることを示す。
      • χ  significat consensum codicum AQ : 写本A Q が一致していることを示す。
        • A = codex Amstelodamensis (Bongarsianus) 81
        • Q = codex Parisinus (Moysiacensis) lat. 5056
      • φ  significat consensum codicum BCMSLN : 写本B C M S L N がおおむね一致していることを示す。
        • B = codex Parisinus lat. 5763
          C = codex Vossianus Leidensis 53
        • M = codex Vaticanus (Romanus) 3864
        • S = codex Laurentianus Ashburnhamensis (Ashburnhamianus) R. 33
        • L = codex Lovaniensis Add. 10084
        • N = codex Neapolitanus IV, c. 11
    • β  significat consensum codicum πρπ系とρ系の写本がほぼ一致していることを示す。
      • π  significat consensum codicum TV : 写本T V が一致していることを示す。
        • T = codex Parisinus (Thuaneus) lat. 5764
        • V = codex Vindobonensis 95
      • ρ  significat consensum codicum UR : 写本U R が一致していることを示す。
        • U = codex Vaticanus (Ursinianus) 3324
        • R = codex (Laurentianus) Riccardianus 541
  • ζ  significat recentiores codicum : 上記の主要な諸写本よりも後代の写本を示す。




クリティカル・アパラトゥスとその略号[編集]

クリティカル・アパラトゥス(critical apparatus) とは、テクストクリティーク(textual criticism本文批評) についての注釈。古典作品のテキストにおける写本間の異同、校訂者による修正提案などを記したもの(異読一覧)。単にアパラトゥスとも呼ばれ、テキスト本文に対して、脚注欄に記されることが多い。以下に、よく使われる略号を挙げる[2][3][4]

略号 ラテン語 英訳 和訳
add. addidit added 付け加えた
cett. ceteri other manuscripts 他の(写本)は
cod.
codd.
codex
codices
MSS
(manuscripts)
写本は
corr. correctio,
correctiones
correction
(corrected)
修正(した)
corr. recc. correctiones recentiores later correction(s) より後代の修正
deest
desunt
deest
desunt
(this word) is missing
(these words) are missing
欠落している
def. defendit defends,
defended
del. delevit deleted 削除した
dub. dubius
dubiter
doubtful
doubtfully
疑わしい
ed. pr. editio princeps,
editiones principes
the first printed edition(s) 最初の
印刷本[注 1]
edd. editores editors 編者たち
(校訂者たち)
edd. vett.
edd. vetust.
editores veteres old editors,
old editions
m.
man.
manus hand i.e. copyist
marg.
mg.
in margine in the margin 欄外に
om. omittit,
omisit
omits,
omitted
省いた
recc. recentiores later (MSS) より後代の
secl. seclusit has bracketed as corrupt
sq.
sqq.
sequens following (word(s)) 引き続く(語)

Editio princeps[編集]

  1. ^ 『ガリア戦記』の最初の印刷本(Editio princeps)は、1469年に、Giovanni Andrea Bussi 編のものが、ローマで二人の印刷者 Arnold Pannartz & Konrad Sweynheim によって印刷・刊行された(Editio princeps 参照)。



校訂版[編集]

おもな校訂者(校訂版)などの人名[編集]

Aldus[編集]

Wikipedia
ウィキペディアアルドゥスの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアアルド印刷所の記事があります。
  • Aldus Manutius (1449/1452-1515) (略号 Ald.) イタリア語名 Aldo Manuzio
    15世紀ルネサンスのヴェネツィアの古典学者で、印刷・出版業者。
    カエサルなど、多くのギリシア・ラテンの書物を印刷・刊行した。
    アルドゥス名義でアルド印刷所から発行された著作を含む。
#Manutius も参照。

Barwick[編集]

Ciacconius[編集]

  • Petrus Ciacconius [6] (1525-1581) (略号 Ciacc.) スペイン語名 Pedro Chacón(ペドロ・チャコン)
    16世紀、スペインの数学者・神学者、サラマンカ大学ギリシア語教授。
    著作:C. Julii Caesaris et Auli Hirtii quae extant omnia [7]

Daehne[編集]

  • Johann Christoph Daehne (1776-1832) : ドイツの文献学者[8]
    • 校訂版C. Iulii Caesaris Commentarii de bello Gallico et civili. Accedunt libri De bello Alexandrino, Africano et Hispaniensi [9] [10] [11]

Davisius[編集]

  • Iohannes Davisius (1567-1644) (略号 Dav.) 英語名 John Davies 
    後期ルネサンス期ウェールズの指導的学者(文法学者・辞書編纂者・翻訳者)。
    著作:C. Julii Caesaris et Auli Hirtii quae extant omnia [12][13]

Dinter[編集]

  • Bernardus Dinter   ;   Gottlob Bernhard Dinter (1825-?)[14] [15]
    校訂版C. Iuli Caesaris Commentarii cum A. Hirti aliorumque supplentis. Recognovit Bernardus Dinter. Lipsiae, sumptibus et typis B. G. Teubneri, MDCCCLXXVI. (トイプナー、1876年)
    (WorldCat [14] [15] などを参照せよ。)

Ernout[編集]

  • Alfred Ernout (1879-1973) : フランスのラテン語の文献学者。
    執筆記事A. Ernout : Revue de Philologie 27, 1953, 192-202

Flodoardus[編集]

Frigell[編集]

  • Andreas Frigell (1820-1897)(略号 Frig. ; スウェーデン名Anders Frigell
    スウェーデンの古典文献学者、ウプサラ大学助教授。著作についてはWorldCat[16]等を参照。
    校訂版C. Iulii Caesaris De bello gallico libri septem cum libro octavo A. Hirtii., Recensuit codices contulit commentationibus, Instruxit Dr. Andreas Frigell, in Reg. Acad. Upsal. Lingu. Lat. Dog., Upsalae, typis descripserunt edquist et socii, MDCCCLXI. [17](1861年)

Fuchs[編集]

  • Harald Fuchs (1900-1985) (略号 Fu.) ドイツの古典文献学者。  
    校訂版C. Julius Caesar: Commentarii Belli Gallici : cum A. Hirtii supplemento, Huber, Frauenfeld, 1944 [18]

Gertz[編集]

  • Martin Clarentius Gertz (1844-1929)[19]
    • 19~20世紀デンマークの哲学者[20]

Gruter[編集]

Heller[編集]

Hotomanus[編集]

Koller[編集]

  • Rudolf Koller
    記 事: Wien. Stud. 36(1914)143
    校訂版: Commentarii de bello Gallico (1928, 1939)[21] [22]

Kuebler[編集]

  • Bernardus Kuebler (略号 Kue. ; 独語名 Bernhard (Gustav Adolf) Kübler (1859-1940)) 
    ドイツの古典文献学者、法制史家。著作多数(WorldCat[23]、Wikisource[24] を参照)。
    • 校訂版(『ガリア戦記』『内乱記』多数):
      • C. Iulii Caesaris commentarii : cum A. Hirtii aliorumque supplementis 1, Commentarii de bello Gallico, Lipsiae Teubner 1895[25]
      • C. Iulii Caesaris Commentarii cum A. Hirtii aliorumque supplementis. Vol. 1, Commentarii de bello Gallico, Lipsiae : in aedibus B. G. Teubneri, 1908.[26] ほか

Lipsius[編集]

Wikipedia
ウィキペディアリプシウスの記事があります。

Manutius[編集]

Wikipedia
ウィキペディアパウルス・マヌティウスの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアアルド印刷所の記事があります。


Meusel[編集]

  • Henricus Meusel (1844-1916) (略号 Meu. : 独語名 Heinrich Meusel
    ドイツの古典文献学者。著作多数(WorldCat[29], Wikisource[30] 等を参照)。
    • 校訂版:
      • C. Iulii Caesaris Belli Gallici libri VII cum A. Hirtii liber VIII. Recensuit apparatu critico instruxit Henricus Meusel, Berlin, Bertolini, W. Weber, 1894.[31]

Mommsen[編集]

Wikipedia
ウィキペディアモムゼンの記事があります。

Nicasius[編集]

Nipperdey[編集]

  • Carl Nipperdey (1821-1875) (略号 Nipp.) ドイツの古典文献学者。『ガリア戦記』の近代的な校訂版を初めて著した。
    校訂版C. Julii Caesaris Commentarii cum supplementis A. Hirtii et aliorum. Ex rec. Car. Nipperdeii (1847)

Oehler[編集]

  • Franciscus Oehler (1817-1866) (独語名 Franz Oehler (Öhler)
    ドイツの古典文献学者、高校教員。著作については、WorldCat[32]等を参照。
    • 校訂版C. Iulii Caesaris Commentarii : cum supplementis A. Hirtii et aliorum., Recognovit Franciscus Oehler., Lipsiae., typis et sumptibus B. G. Teubneri. MDCCCLX. (トイプナー、1860年)
      ※Amazon.co.jp[33]、Googleブックス[34]等で購入・閲覧ができる。

Orosius[編集]

Wikipedia
ウィキペディアオロシウスの記事があります。
  • Paulus Orosius(略号 Oros.:英 Orosius 375/385-420頃)
    • 4~5世紀頃の現在のスペイン出身のキリスト教の司祭、著述家・史家[35]
    • 著作『異教徒に反論する歴史』全7巻(Historiae adversum paganos)の6巻7章10節が参照されている。

Oudendorp[編集]

  • Franciscus Oudendorpius (略号 Oud.) Frans van Oudendorp (1696-1761) オランダの文献学者、ライデン大学教授。
    • 校訂版C. Julii Caesaris Commentarii de bello Gallico et Civili: Accedunt libri De bello Alexandrino, Africano, et Hispaniensi
      WorldCat [36], Vaif.org[37] などを参照せよ。

Plutarchus[編集]

Wikipedia
ウィキペディアプルタルコスの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア対比列伝の記事があります。
などが、『ガリア戦記』の校訂においても重要な史料としてしばしば参照されている。

Rhenanus[編集]

RSchneider[編集]

Scaliger[編集]

Wikipedia
ウィキペディアスカリジェの記事があります。

Schiller[編集]

  • Hermann Schiller (1839-1902)
    ドイツの教育者。文法学校長、のちにギーセン大学教授。
     『ローマ帝国史』(三部構成、全2巻)の著者。 『ガリア戦記』の校訂者ではない。
    著作: Geschichte der Römischen Kaiserzeit. 2 Bände in 3 Teilen. Perthes, Gotha 1883/1887.[39]

Spillmann[編集]

  • Emil Spillmann
    Caesariana, by Emil Spillmann (St. Gallen, 1878) の著者。

Vascosanus[編集]

Zeuss[編集]













脚注[編集]

  1. ^ 『ガリア戦記』の写本の事情については、日本語では國原吉之助訳 『ガリア戦記』 (講談社学術文庫、1994年)の巻末解説を参照。
  2. ^ 「critical apparatus abbreviations」 で検索すれば、詳しく知ることができる。
  3. ^ 例えば、Common Abbreviations Loeb Classical Library 参照。
  4. ^ 例えば、NT Textual Criticism Standard Apparatus Latin Symbols and Lingo 参照。
  5. ^ Barwick (Karl). Caesars Commentarii und das Corpus Caesarianum - Persée
  6. ^ w:fr:Pedro Chacón などを参照。
  7. ^ C. Julii Caesaris et Auli Hirtii quae extant omnia (書籍, 1727) [WorldCat.org ]
  8. ^ Daehne, Johann Christoph [WorldCat Identities ] などを参照。
  9. ^ WorldCat(64710439)を参照。
  10. ^ WorldCat(312032194)を参照。
  11. ^ WorldCat(887713890)を参照。
  12. ^ C. Julii Caesaris et Auli Hirtii quae extant omnia (書籍, 1727) [WorldCat.org ]
  13. ^ WorldCat
  14. ^ 14.0 14.1 Dinter, Gottlob Bernhard 1825- [WorldCat Identities ]
  15. ^ 15.0 15.1 Dinter, Bernhard 1825- [WorldCat Identities ]
  16. ^ Frigell, A. 1820-1897 (Anders) [WorldCat Identities ]
  17. ^ C. Iulii Caesaris De bello gallico libri septem cum libro octavo A. Hirtii (電子書籍, 1861) [WorldCat.org ]
  18. ^ Commentarii Belli Gallici cum A. Hirtii supplemento (書籍, 1944) [WorldCat.org ]
  19. ^ w:da:Martin Clarentius Gertz, c:Category:Martin Clarentius Gertz
  20. ^ Gertz, M. Cl [WorldCat Identities ]
  21. ^ [Commentarii de bello Gallico Auswahl (書籍, 1928) [WorldCat.org] ]
  22. ^ https--www.zvab.com-Julius-Caesar-Bello-Gallico-Sammlung-lateinischer-16208788923-bd
  23. ^ Kübler, Bernhard 1859-1940 [WorldCat Identities ]
  24. ^ s:de:Bernhard Kübler
  25. ^ C. Iulii Caesaris commentarii : cum A. Hirtii aliorumque supplementis 1, Commentarii de bello Gallico (書籍, 1895) [WorldCat.org ]
  26. ^ C. Iulii Caesaris Commentarii cum A. Hirtii aliorumque supplementis. Vol. 1, Commentarii de bello Gallico (書籍, 1908) [WorldCat.
  27. ^ リプシウスとは - コトバンク
  28. ^ Paulus Manutius · Aldus Manutius: A Legacy More Lasting Than Bronze · Grolier Club Exhibitions等を参照。
  29. ^ Meusel, Heinrich 1844-1916 [WorldCat Identities ]
  30. ^ s:de:Heinrich Meusel
  31. ^ C. Iuli Caesaris Belli gallici libri VII cum A. Hirti liber VIII (書籍, 1894) [WorldCat.org ]
  32. ^ Oehler, Franz [WorldCat Identities ]
  33. ^ Amazon.co.jp:ペーパーバック版(C. Iulii Caesaris Commentarii Cum Supplementis A. Hirti Et Aliorum Caesar, Julius, Oehler, Franz)およびハードカバー版。
  34. ^ Googleブックスで「C. Iulii Caesaris Commentarii Franz Oehler」で検索せよ。
  35. ^ オロシウスとは - コトバンク などを参照。
  36. ^ Oudendorp, Frans van 1696-1761 [WorldCat Identities ]
  37. ^ viaf.org(37257920)
  38. ^ プルタルコスとは - コトバンク などを参照。
  39. ^ Geschichte der römischen Kaiserzeit (書籍, 1883) [WorldCat.org ]
  40. ^ Vascosan, Michel de -approximately 1577 [WorldCat Identities ]
  41. ^ Michel de Vascosan (1500-1577) Biblissima
  42. ^ 27118843 - VIAF

関連項目[編集]