ガリア戦記 第2巻/注解/35節

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C・IVLII・CAESARIS・COMMENTARIORVM・BELLI・GALLICI
LIBER・SECVNDVS


  ガリア戦記 注解編     第2巻  

 34節 | 35節 | 3巻1節  

原文テキスト[編集]

[1] 35.    1His rebus gestis, omni Gallia pacata, tanta huius belli ad barbaros opinio perlata est, uti ab eis nationibus quae trans Rhenum incolerent mitterentur legati ad Caesarem, qui se obsides daturas, imperata facturas pollicerentur.    2Quas legationes Caesar, quod in Italiam Illyricumque properabat, inita proxima aestate ad se reverti iussit.    3Ipse in Carnutes, Andes, Turones quaeque civitates propinquae eis locis erant ubi bellum gesserat legionibus in hibernacula deductis, in Italiam profectus est.    4Ob easque res ex litteris Caesaris dies quindecim supplicatio decreta est, quod ante id tempus accidit nulli.


テキスト引用についての注記
  • † : 校訂者が、テクストが壊れていると判断した部分をこの記号で囲んでいる。

整形テキスト[編集]

[2] XXXV.    Hīs rēbus gestīs   omnī Galliā pācātā   tanta huius bellī ad barbarōs ōpiniō perlāta est, utī ab iīs nātiōnibus, quae trāns Rhēnum incolerent, mitterentur lēgātī ad Caesarem, quī sē obsidēs datūrās, imperāta factūrās pollicerentur.    Quās lēgātiōnēs Caesar, quod in Ītaliam Illyricumque properābat, initā proximā aestāte ad sē revertī iussit.    Ipse in Carnūtēs, Andēs, Turonēs, quaeque cīvitātēs propinquae iīs locīs erant, ubi bellum gesserat, legiōnibus in hībernācula dēductīs   in Ītaliam profectus est.    Ob eāsque rēs ex litterīs Caesaris diēs quīndecim (XV) supplicātiō dēcrēta est, quod ante id tempus accidit nūllī.


注記
  • 原文の eīs などは、
    それぞれ iīs などとした。
  • ①項
    • mitterentur lēgātī ad Caesarem : α系写本の語順で、Pontet, Constans らは、こちらを採る。
      • lēgātī ad Caesarem mitterentur : β系写本の語順で、Seel, Hering らは、こちらを採る。
      • lēgātiōnēs ad Caesarem mitterentur : Sauppe による修正で、Holmes, Klotz らは、こちらを支持する。
    • quī : 写本 χ系・B・M・S の記述で、Pontet, Constans, Seel, Hering らは、こちらを支持する。
      • quae : 写本 β系・L・N・Bc の記述で、Holmes, Klotz らは、こちらを支持する。
  • ②項
    • initā proximā aestāte : α系写本の記述で、Pontet, Holmes, Constans らは、こちらを支持する。
  • ③項
    • Turonēs : 主要写本ω の表記で、Pontet らは、こちらを採る。
      • Turonōs : Dittenberger による修正(第7巻4節・75節に合わせた表記)で、Holmes, Constans, Klotz, Seel, Hering らは、こちらを採る。
    • hībernācula : α系写本の記述で、Pontet, Constans らは、こちらを支持する。
      • hīberna : β系写本の記述で、Holmes, Klotz, Seel, Hering らは、こちらを支持する。
  • ④項
    • diēs : 主要写本ω の記述で、Pontet, Constans, Klotz, Seel, Hering らは、こちらを支持する。
      • diērum : Wesenberg による修正で、Holmes らは、こちらを支持する。

注解[編集]

1項[編集]

語釈




訳文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原文テキストについてはガリア戦記/注解編#原文テキストを参照。
  2. ^ 整形テキストについてはガリア戦記/注解編#凡例を参照。

解説[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]