プログラミング言語/命令型言語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

命令形言語[編集]

命令形言語(Imperative Languages)、プログラミング言語のパラダイムの一種で、プログラムの状態を変化させる記述文で演算処理を行うものです。 しばしば、宣言型言語(Declarative Languages)と対比されます。 一般的な例としては、FORTRANCOBOLC言語Algol系言語Pascalなどがあげられますが、これらも命令形言語であるとともに、手続き型、構造化、モジュラー型などのパラダイムを含有しており、対立概念ではありません。

命令型プログラミング[編集]

コンピューターサイエンスにおいて、宣言型プログラミング(declarative programming)とは対照的に、命令型プログラミング(Imperative programming)は、プログラムの状態とプログラムの状態を変更する文によって計算を記述するプログラミングパラダイムです。自然言語における命令形ムードが行動を起こす命令を表すのと同様に、命令形プログラムはコンピューターに実行させる一連の命令です。ほとんどすべてのコンピューターのハードウェア実装は命令型です。ほとんどすべてのコンピューターのハードウェアは、命令型スタイルで書かれたコンピューター本来の機械語を実行するように設計されています。この低レベルの観点から、プログラムの状態はメモリの内容で定義され、文はコンピューターのネイティブな機械語の命令となる。より高度な命令型言語では、変数やより複雑な文が使われますが、それでも同じパラダイムに従います。レシピや工程表も、コンピュータープログラムではないものの、各工程が命令であり、物理世界が状態を保持するという点で、命令型プログラミングに近い身近な概念です。このように、命令型プログラミングの基本的な考え方は、概念的になじみやすく、かつハードウェアに直接的に具現化されるため、ほとんどのコンピューター言語が命令型スタイルになっています。