ペルシア語/文字と発音

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペルシア語

目次 | ペルシア語/文字と発音| アルファベット |



ペルシア語もアラビア語と同様に、右から左に向かって横書きにする。ペルシア語のアルファベットは、32文字からなる。このうち28文字はアラビア語文字である。残りの四つの文字、پ (pe) 、چ (che) 、ژ (zhe) 、گ (gāf)はペルシア語に固有のものである。ペルシア文字では、ペルシア語にあって 更に、特徴的な字形を持つ 「ك」(kāf / k /)と「ي」(ye / y /)も、シンプルに「ک」と「ی」になっている。


英語などには、大文字と小文字があるが、ペルシア語ではこの区別はない。しかし単独に書く場合、語頭に書く場合、語中に書く場合、語尾に書く場合は、文字の形が異なる。

例えば、ب (be)と言う文字は、

単独に書けば、آب (水:āb)

語頭に書けば、بَد (悪い:bad)

語中に書けば、خَبَر (情報、ニュース:khabar)

語尾に書けば、شَب (夜:shab)

また、文字によっては、後の文字と接続して書かれないものがある。 例えば、و(vāv)がそうで、خوب(良い:khūb)のように خ(khe)とو(vāv)は接続しますが、و(vāv)と ب(be)は離して書く。 7文字 ا(alef)、د(dāl)、ذ(zāl)、ر(re)、ز(ze)、ژ(zhe)、و(vāv)は次に来る文字とくっつかない。 ペルシア語の単語は全部二つの文字からなる。وُ、 وَ(va, o:共に)と言う単語だけが例外である。 آ (alef) の上の ~  は maddeh مدّه と呼び原則として語頭のみにでる。語頭のこの maddeh مدّه を省略することはできない。

°(sokūn) この府号がついた文字は子音のみで、いかな母音もつかないことを表す。語尾の子音文字には短母音はつかず、(sokūn)の府号をつけなくてもよい。اَسْت(~です:ast)

短母音[編集]

ـَ  ファトヘ(fathe)。ペルシャ語では短母音のaを表す。これは「ア」(a)段の音で表記する。夜 (shab:شَب), 手 (dast: دَست)

ـِ  キャスレ(kasre)。ペルシャ語では短母音のeを表す。これは「エ」(e)段の音で表記する。شِش (六、6:shesh)

ـُ  ザンメ(zamme)。ペルシャ語では短母音のoを表す。これは「オ」(o)段の音で表記する。دُرُست (正しい:dorost) , خُدا (神:khodā)

長母音[編集]

ا  ペルシャ語では長母音のāを表す。これは「アー」と表記する。آب(水:āb)

و  ペルシャ語では長母音のūを表す。これは「ウー」と表記する。او (彼、彼女:ū)

ی  ペルシャ語では長母音のīを表す。これは「イー」と表記する。بازی (遊び:bāzī) ْ 

一般いこれらの府号は付けられていない。ただしもともと外国語や間違えやすい単語や正しい発音が簡単でない場合は府号を書くことが望ましい。

文字の書き方[編集]

文字の名称 単独形 語尾形 語中形

前後の文字に続く

語頭形 短母音  長母音 
alef ا ا ـا ا اَ اِ اُ آ او ای
be ب ـب ـبـ بـ بَ بِ بُ با بو بی
pe پ ـپ  ـپـ پـ پَ پِ پُ پا پو پی
te ت ـت ـتـ تـ تَ تِ تُ تا تو تی
se ث ـث ـثـ ثـ ثَ ثِ ثُ ثا ثو ثی
jīm ج ـج ـجـ جـ جَ جِ جُ جا جو جی
che چ ـچ ـچـ چـ چَ چِ چُ چا چو چی
he ح ـح ـحـ حـ حَ حِ حُ حا حو حی
khe خ ـخ ـخـ خ خَ خِ خُ خا خو خی
dāl د ـد ـد د دَ دِ دُ دا دو دی
zāl ذ ـذ ـذ ذ دَ دِ دُ دا دو دی
re ر ـر ـر ر رَ رِ رُ را رو ری
ze ز ـز ـز ز زَ زِ زُ زا زو زی
zhe ژ ـژ ـژ ژ ژَ ژِ ژُ ژا ژو ژی
sīn س ـس ـسـ س سَ سِ سُ سا سو سی
shīn ش ـش ـشـ ش شَ شِ شُ شا شو شی
sād ص ـص ـصـ صـ صَ صِ صُ صا صو صی
zād ض ـض ـضـ ضـ ضَ ضِ ضُ ضا ضو ضی
ط ـط ـطـ ط طَ طِ طُ طا طو طی
ظ ـظ ـظـ ظـ ظَ ظِ ظُ ظا ظو ظی
ein ع ـع ـعـ عـ عَ عِ عُ عا عو عی
ghein غ ـغ ـغـ غـ غَ غِ غُ غا غو غی
fe ف ـف ـفـ فـ فَ فِ فُ فا فو فی
qāf ق ـق ـقـ قـ قَ قِ قُ قا قو قی
kāf ک ـک ـکـ کـ کَ کِ کُ کا کو کی
gāf گ ـگ ـگـ گ گَ گِ گُ گا گو گی
lām ل ـل ـلـ لـ لَ لِ لُ لا لو لی
mīm م ـم ـمـ مـ مَ مِ مُ ما مو می
nūn ن ـن ـنـ نـ نَ نِ نُ نا نو نی
vāv و ـو ـو و وَ وِ وُ وا وو وی
he ه ـه ـهـ هـ هَ هِ هُ ها هو هی
ye ی ـی ـیـ یـ یَ یِ یُ یا یو یی

هَمزِه (hamze)ハムゼ 元来アラビア語で、前者では声門閉鎖を表す。ペルシア語では語頭で用いられない。 書き方:前と後の文字の発音よって書き方は違います。هَمزِه (hamze)、ع (ein) と الف  (alef) は同じ (a, e, o) の発音になる。

文字の名称
語尾形 語中形前

前後の文字に続く

語頭形 単独形
ء (همزه) ـئ ـأ‎ ـؤ

質問:soʿāl:سؤال

役人、派遣された人:maʿmūr:مأمور

ـئـ‎

責任者:masʿūl: مَسئول

ئـ‎

長、社帳:rʿīs:رئیس

ء أ

هَمزِه (hamze)の形してる符号は語尾の発音されない ه につけて ezāfe(エザーフェ)を表す。こな場合は(ye)と発音される。 خانِهٔ مَن(khāne-ye man:私の 家)

ペルシア語のラテン文字表記法[編集]

۱ - sokun

°

短母音

(fathe)

َ

短母音

(kasre)

ِ

短母音

(zamme)

ُ

長母音

ا

長母音

و

長母音

ی

۱ ا

ع

-

ʿ

a

ʿa

e

ʿe

o

ʿo

ā

ʿā

ū

ʿū

ī

ʿī

۲ ب b ba be bo
۳ پ p pa pe po
۴ ت ط t ta te to
۵ ث  س  ص s sa se so
۶ ج j ja je jo
۷ چ ch cha che cho chā chū chī
۸ ح  ه h ha he ho
۹ خ kh kha khe kho khā khū khī
۱۰ د d da de do
۱۱ ذ  ز  ض  ظ z za ze zo
۱۲ ر r ra re ro
۱۳ ژ zh zha zhe zho zhā zhū zhī
۱۴ ش sh sha she sho shā shū shī
۱۵ غ  ق q/gh qa/gha qe/ghe qo/gho qā/ghā qū/ghū qī/ghī
۱۶ ف f fa fe fo
۱۷ ک k ka ke ko
۱۸ گ g ga ge go
۱۹ ل l la le lo
۲۰ م m ma me mo
۲۱ ن n na ne no
۲۲ و v

ow 二重母音 ou 二重母音

va ve vo
۲۳ ی y

ey 二重母音 ei 二重母音

ya ye yo

ペルシア語のアルファベットでは、同音な文字がいくつかある。

1。ز (ze) と ذ (zāl) と ض (zād) と ظ (zā) は同じ z の音。

2。س (sīn) と ث (se) と ص (sād) は同じ s の音。

3。ت (te) と ط (tā)  は同じ t の音。

4。غ (ghein) と ق (qāf) は同じ gh の音。

5。ع (ein) と ا (alef) と هَمزِه (hamze) は同じ (a, e, o) の音。

6。ه(he) と ح (he)  は同じ h の音。

同じ音あればどの文字でかき表してもよいことには決してならない。各単語はそれぞれ歴史的に固定した綴りがあるからである。

二重母音[編集]

ペルシア語の二重母音は و ou - ow と ی ei - ey の二種類である。 言語学的に正確な表記は owーeyですが、このテキストでは黒柳さんの辞書に従って ouーei 用います。

و (vāv) の特別の発音[編集]

1。二重母音としては (ou): نوروز (nourūz:イランの正月、3月21日、春分の日)、چِطور (chetour:いかがですか)、دولَت (doulat:政府)

2。前の文字が ザンメ (zamme) (0/ُ ) の発音すると、و(vāv) は発音されない場合もあります。 تُو (to:君)、دُو (do:2) 、پاسپُورت(pāsport:パスポート) 、اُتُوبوس(otobūs:バス 、 خُودکار (khodkār:ボールペン) 、خُوردَن (khordan:食べる)、خُوشمَزِه (khoshmaze:おいしい) 

3。خوا  の綴りの場合は و は発音されない。 خواهَر (khahar:姉妹)、خوابیدَن (khābīdan:寝る)、خواهِش (khāhesh:頼み、願い)、 خواندَن(khāndan:読む)、 خواستَن (khāstan:欲しい、頼む、仮説法現在形と共に したい)

ی (ye) の特別の発音[編集]

1。二重母音として(ei):میدان(meidān:広場)、 لیلا (leilā:女性の名前)、 خیلی (kheilī:とても)、نَخیر (nakheir:いいえ)、کِی(kei:いつ)、صُبح بِخیر (sobh bekhir:おはよう)

2。もともとはアラビア語の単語で ā の発音する。使用は極めてかぎられている: عیسی (ʿīsā:イエス) 、 موسی (mūsā:モーセ) 、حتّی(hattā:~でさえ)

ه (he) が語尾にくる場合の発音[編集]

1。黙音の ه (he):語尾の前の母音が e 音の場合は ه (he)は発音ない。  خانِه(khāne:家)、سِه(se:3)、چِه(che:どんな、なんて) 例外:دِه(deh:村)、 مِه(meh:霧) 

2。語尾の前の母音が e 音以外の場合 は、 ه (he)は発音する。 دَه (dah:۱۰) 、کوه(kuh:山)、 راه(rāh:道、方法、道のり)、نُه(noh:9) 例外:نَه (na:いいえ)

tashdīd[編集]

٩

ّش

تَشدید(tashdīd) 子音が二つ重なっていることを示すために、用いられる。 たとえば ّخَط (khatt:文字)、اَوّل(avval:最初)、مُعَلّم(moʿallem:先生)、حَمّام(hammām:お風呂)

tanvīn[編集]

ً

تَنوین (tanvīn) もともとはアラビヤ語対格を示す符号であるが、ペルシア語では副詞としてのみ用いられ、(-an)の形で表せる。 例えば بَعداً (baʿdan:後で)、مَثَلاً (masalan:例えば)

府号[編集]

名前 発音 府号
ファトヘ(fathe) Short "a" ـَ
キャスレ(kasre) Short "e" ـِ
ザンメ(zamme) Short "o" ـُ
tanvīn -an اً
tashdīd 子音が二つ重なっている ّ
hamze-ye ezāfe (ye)
符号は語尾の発音されない ه につけて  ezāfe(エザーフェ)を表す
هٔ