不動産登記法第162条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法不動産登記法コンメンタール不動産登記法

条文[編集]

(検査の妨害等の罪)

第162条

次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。
一 第二十九条第二項第十六条第二項において準用する場合を含む。次号において同じ。)の規定による検査を拒み、妨げ、又は忌避した者
二 第二十九条第二項の規定による文書若しくは電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものの提示をせず、若しくは虚偽の文書若しくは電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものを提示し、又は質問に対し陳述をせず、若しくは虚偽の陳述をした者
三 第百三十七条第五項の規定に違反して、同条第一項の規定による立入りを拒み、又は妨げた者

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
不動産登記法第161条
(不正に登記識別情報を取得等した罪)
不動産登記法
第8章 罰則
次条:
不動産登記法第163条
(両罰規定)
このページ「不動産登記法第162条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。