人事訴訟法第4条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール人事訴訟法

条文[編集]

(人事に関する訴えの管轄)

第4条
人事に関する訴えは、当該訴えに係る身分関係の当事者が普通裁判籍を有する地又はその死亡の時にこれを有した地を管轄する家庭裁判所の管轄に専属する。

2  前項の規定による管轄裁判所が定まらないときは、人事に関する訴えは、最高裁判所規則で定める地を管轄する家庭裁判所の管轄に専属する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
人事訴訟法第3条
(最高裁判所規則)
人事訴訟法
第1章 総則
第1節 通則
次条:
人事訴訟法第5条
(併合請求における管轄)


このページ「人事訴訟法第4条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。