介護保険法第7条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール介護保険法)(

条文[編集]

(定義)

第7条  
  1. この法律において「要介護状態」とは、身体上又は精神上の障害があるために、入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部又は一部について、厚生労働省令で定める期間にわたり継続して、常時介護を要すると見込まれる状態であって、その介護の必要の程度に応じて厚生労働省令で定める区分(以下「要介護状態区分」という。)のいずれかに該当するもの(要支援状態に該当するものを除く。)をいう。
  2. この法律において「要支援状態」とは、身体上若しくは精神上の障害があるために入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部若しくは一部について厚生労働省令で定める期間にわたり継続して常時介護を要する状態の軽減若しくは悪化の防止に特に資する支援を要すると見込まれ、又は身体上若しくは精神上の障害があるために厚生労働省令で定める期間にわたり継続して日常生活を営むのに支障があると見込まれる状態であって、支援の必要の程度に応じて厚生労働省令で定める区分(以下「要支援状態区分」という。)のいずれかに該当するものをいう。
  3. この法律において「要介護者」とは、次の各号のいずれかに該当する者をいう。
    一  要介護状態にある六十五歳以上の者
    二  要介護状態にある四十歳以上六十五歳未満の者であって、その要介護状態の原因である身体上又は精神上の障害が加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病であって政令で定めるもの(以下「特定疾病」という。)によって生じたものであるもの
  4. この法律において「要支援者」とは、次の各号のいずれかに該当する者をいう。
    一  要支援状態にある六十五歳以上の者
    二  要支援状態にある四十歳以上六十五歳未満の者であって、その要支援状態の原因である身体上又は精神上の障害が特定疾病によって生じたものであるもの
  5. この法律において「介護支援専門員」とは、要介護者又は要支援者(以下「要介護者等」という。)からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス又は地域密着型介護予防サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして第69条の7第1項の介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。
  6. この法律において「医療保険各法」とは、次に掲げる法律をいう。
    一  健康保険法 (大正十一年法律第七十号)
    二  船員保険法 (昭和十四年法律第七十三号)
    三  国民健康保険法 (昭和三十三年法律第百九十二号)
    四  国家公務員共済組合法 (昭和三十三年法律第百二十八号)
    五  地方公務員等共済組合法 (昭和三十七年法律第百五十二号)
    六 私立学校教職員共済法 (昭和二十八年法律第二百四十五号)
  7. この法律において「医療保険者」とは、医療保険各法の規定により医療に関する給付を行う全国健康保険協会、健康保険組合、市町村(特別区を含む。)、国民健康保険組合、共済組合又は日本私立学校振興・共済事業団をいう。
  8. この法律において「医療保険加入者」とは、次に掲げる者をいう。
    一  健康保険法 の規定による被保険者。ただし、同法第3条第2項 の規定による日雇特例被保険者を除く。
    二  船員保険法 の規定による被保険者
    三  国民健康保険法 の規定による被保険者
    四  国家公務員共済組合法 又は地方公務員等共済組合法 に基づく共済組合の組合員
    五  私立学校教職員共済法 の規定による私立学校教職員共済制度の加入者
    六  健康保険法 、船員保険法 、国家公務員共済組合法 (他の法律において準用する場合を含む。)又は地方公務員等共済組合法 の規定による被扶養者。ただし、健康保険法第3条第2項 の規定による日雇特例被保険者の同法 の規定による被扶養者を除く。
    七  健康保険法第126条 の規定により日雇特例被保険者手帳の交付を受け、その手帳に健康保険印紙をはり付けるべき余白がなくなるに至るまでの間にある者及び同法 の規定によるその者の被扶養者。ただし、同法第3条第2項 ただし書の規定による承認を受けて同項 の規定による日雇特例被保険者とならない期間内にある者及び同法第126条第3項 の規定により当該日雇特例被保険者手帳を返納した者並びに同法 の規定によるその者の被扶養者を除く。
  9. この法律において「社会保険各法」とは、次に掲げる法律をいう。
    一  この法律
    二  第6項各号(第四号を除く。)に掲げる法律
    三  厚生年金保険法 (昭和二十九年法律第百十五号)
    四  国民年金法 (昭和三十四年法律第百四十一号)

解説[編集]

  • 第69条の7(介護支援専門員証の交付等)
  • 同法第3条(定義)
  • 健康保険法第126条(日雇特例被保険者手帳)

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「介護保険法第7条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。