会社法第100条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第1章 設立 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

第100条
  1. 設立しようとするw:株式会社w:種類株式発行会社である場合において、定款を変更してある種類の株式の内容として第108条第1項第四号又は第七号に掲げる事項についての定款の定めを設けるときは、当該定款の変更は、次に掲げる設立時種類株主を構成員とする種類創立総会(当該設立時種類株主に係る設立時発行株式の種類が二以上ある場合にあっては、当該二以上の設立時発行株式の種類別に区分された設立時種類株主を構成員とする各種類創立総会。以下この条において同じ。)の決議がなければ、その効力を生じない。ただし、当該種類創立総会において議決権を行使することができる設立時種類株主が存しない場合は、この限りでない。
    一 当該種類の設立時発行株式の設立時種類株主
    二 第108条第2項第五号ロの他の株式を当該種類の株式とする定めがある取得請求権付株式の設立時種類株主
    三 第108条第2項第六号ロの他の株式を当該種類の株式とする定めがある取得条項付株式の設立時種類株主
  2. 前項に規定する種類創立総会において当該定款の変更に反対した設立時種類株主は、当該種類創立総会の決議後二週間以内に限り、その設立時発行株式の引受けに係る意思表示を取り消すことができる。

解説[編集]

  • 108条(異なる種類の株式)
    第1項第四号 譲渡制限規定、第七号 全部取得条項規定

関連条文[編集]


前条:
会社法第99条
(定款の変更の手続の特則)
会社法
第2編 株式会社
第1章 設立
第9節 募集による設立
次条:
会社法第101条
(定款の変更の手続の特則)
このページ「会社法第100条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。