会社法第283条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第2編 株式会社第4章 新株予約権

条文[編集]

(一に満たない端数の処理)

第283条
w:新株予約権を行使した場合において、当該新株予約権の新株予約権者に交付する株式の数に一株に満たない端数があるときは、株式会社は、当該新株予約権者に対し、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額にその端数を乗じて得た額に相当する金銭を交付しなければならない。ただし、第232条第1項第九号に掲げる事項についての定めがある場合は、この限りでない。
一 当該株式が市場価格のある株式である場合 当該株式一株の市場価格として法務省令で定める方法により算定される額
二 前号に掲げる場合以外の場合 一株当たり純資産額

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第282条
(株主となる時期)
会社法
第2編 株式会社
第3章 新株予約権
第7節 新株予約権の行使
第1款 総則
次条:
会社法第284条
(金銭以外の財産の出資)
このページ「会社法第283条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。