会社法第397条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社第2編第4章 機関

条文[編集]

(監査役に対する報告)

第397条
  1. 会計監査人は、その職務を行うに際して取締役の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があることを発見したときは、遅滞なく、これを監査役に報告しなければならない。
  2. 監査役は、その職務を行うため必要があるときは、会計監査人に対し、その監査に関する報告を求めることができる。
  3. 監査役会設置会社における第一項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査役会」とする。
  4. 委員会設置会社における第一項及び第二項の規定の適用については、第1項中「取締役」とあるのは「執行役又は取締役」と、「監査役」とあるのは「監査委員会」と、第2項中「監査役」とあるのは「監査委員会が選定した監査委員会の委員」とする。

解説[編集]

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
会社法第396条
(会計監査人の権限等)
会社法
第2編 株式会社
第4章 機関
第9節 会計監査人
次条:
会社法第398条
(定時株主総会における会計監査人の意見の陳述)
このページ「会社法第397条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。