会社法第849条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第7編 雑則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(訴訟参加)

第849条
  1. 株主又は株式会社は、共同訴訟人として、又は当事者の一方を補助するため、責任追及等の訴えに係る訴訟に参加することができる。ただし、不当に訴訟手続を遅延させることとなるとき、又は裁判所に対し過大な事務負担を及ぼすこととなるときは、この限りでない。
  2. 株式会社が、取締役(監査委員を除く。)、執行役及び清算人並びにこれらの者であった者を補助するため、責任追及等の訴えに係る訴訟に参加するには、次の各号に掲げる株式会社の区分に応じ、当該各号に定める者の同意を得なければならない。
    一 監査役設置会社 監査役(監査役が二人以上ある場合にあっては、各監査役)
    二 委員会設置会社 各監査委員
  3. 株主は、責任追及等の訴えを提起したときは、遅滞なく、株式会社に対し、訴訟告知をしなければならない。
  4. 株式会社は、責任追及等の訴えを提起したとき、又は前項の訴訟告知を受けたときは、遅滞なく、その旨を公告し、又は株主に通知しなければならない。
  5. 公開会社でない株式会社における前項の規定の適用については、同項中「公告し、又は株主に通知し」とあるのは、「株主に通知し」とする。

解説[編集]

責任追求等の訴えに訴訟参加に関する規定である。

関連条文[編集]


前条:
会社法第848条
(訴えの管轄)
会社法
第7編 雑則
第2章 訴訟
第2節 株式会社における責任追及等の訴え
次条:
会社法第850条
(和解)
このページ「会社法第849条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。