会社法第852条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法コンメンタール会社法/雑則

条文[編集]

(費用等の請求)

第852条
  1. 責任追及等の訴えを提起した株主が勝訴(一部勝訴を含む。)した場合において、当該責任追及等の訴えに係る訴訟に関し、必要な費用(訴訟費用を除く。)を支出したとき又は弁護士若しくは弁護士法人に報酬を支払うべきときは、当該株式会社に対し、その費用の額の範囲内又はその報酬額の範囲内で相当と認められる額の支払を請求することができる。
  2. 責任追及等の訴えを提起した株主が敗訴した場合であっても、悪意があったときを除き、当該株主は、当該株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する義務を負わない。
  3. 前二項の規定は、第849条第1項の規定により同項の訴訟に参加した株主について準用する。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第851条
(株主でなくなった者の訴訟追行)
会社法
第7編 雑則
第2章 訴訟
第2節 株式会社における責任追及等の訴え
次条:
会社法第853条
(再審の訴え)
このページ「会社法第852条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。