コンテンツにスキップ

会社法第977条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法商法コンメンタール会社法第8編 罰則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

第977条
次のいずれかに該当する者は、100万円以下の過料に処する。
  1. 第946条第3項の規定に違反して、報告をせず、又は虚偽の報告をした者
  2. 第951条第1項の規定に違反して、財務諸表等(同項に規定する財務諸表等をいう。以下同じ。)を備え置かず、又は財務諸表等に記載し、若しくは記録すべき事項を記載せず、若しくは記録せず、若しくは虚偽の記載若しくは記録をした者
  3. 正当な理由がないのに、第951条第2項各号又は第955条第2項各号に掲げる請求を拒んだ者

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第976条
(過料に処すべき行為)
会社法
第8編 罰則
次条:
会社法第978条
このページ「会社法第977条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。