健康保険法第165条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール健康保険法コンメンタール健康保険法施行令コンメンタール健康保険法施行規則 健康保険法第165条)(

条文[編集]

(任意継続被保険者の保険料の前納)

第165条  
  1. 任意継続被保険者は、将来の一定期間の保険料を前納することができる。
  2. 前項の場合において前納すべき額は、当該期間の各月の保険料の額から政令で定める額を控除した額とする。
  3. 第一項の規定により前納された保険料については、前納に係る期間の各月の初日が到来したときに、それぞれその月の保険料が納付されたものとみなす。
  4. 前三項に定めるもののほか、保険料の前納の手続、前納された保険料の還付その他保険料の前納に関して必要な事項は、政令で定める。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「健康保険法第165条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。