刑事訴訟法第37条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(国選弁護2)

第37条
左の場合に被告人に弁護人がないときは、裁判所は、職権で弁護人を附することができる。
  1. 被告人が未成年者であるとき。
  2. 被告人が年齢70年以上の者であるとき。
  3. 被告人が耳の聞えない者又は口のきけない者であるとき。
  4. 被告人が心神喪失者又は心神耗弱者である疑があるとき。
  5. その他必要と認めるとき。


解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第36条の3
刑事訴訟法
第1編 総則
第4章 弁護及び補佐
次条:
第37条の2
このページ「刑事訴訟法第37条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。