コンメンタール刑事訴訟法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学刑事法コンメンタール刑事訴訟法

Wikipedia
ウィキペディア刑事訴訟法の記事があります。

目次

第一編 総則(第1条~第188条の7)[編集]

第一章 裁判所の管轄(2条~19条)[編集]

関連[編集]

第二章 裁判所職員の除斥及び忌避(20条~26条)[編集]

関連[編集]

第三章 訴訟能力 (27条~29条)[編集]

関連[編集]

第四章 弁護及び補佐 (30条~42条)[編集]

関連[編集]

第五章 裁判 (43条~46条)[編集]

関連[編集]

第六章 書類及び送達 (47条~54条)[編集]

関連[編集]

第七章 期間 (55条・56条)[編集]

関連[編集]

第八章 被告人の召喚、勾引及び勾留(57条~98条)[編集]

関連[編集]

第九章 押収及び捜索 (99条~127条)[編集]

関連[編集]

第十章 検証 (128条~142条)[編集]

関連[編集]

第十一章 証人尋問 (143条~164条)[編集]

関連[編集]

第十二章 鑑定 (165条~174条)[編集]

関連[編集]

第十三章 通訳及び翻訳 (175条~178条)[編集]

関連[編集]

第十四章 証拠保全 (179条・180条)[編集]

関連[編集]

第十五章 訴訟費用 (181条~188条)[編集]

関連[編集]

第十六章 費用の補償 (188条の2~188条の7)[編集]

関連[編集]

第二編 第一審(第189条~第350条の14)[編集]

第一章 捜査 (189条~246条)[編集]

関連[編集]

第二章 公訴 (247条~270条)[編集]

関連[編集]

第三章 公判[編集]

第一節 公判準備及び公判手続 (271条~316条)[編集]

関連[編集]

第一節の二 争点及び証拠の整理手続[編集]

第一款 公判前整理手続[編集]
第一目 通則(第316条の2~第316条の12)[編集]
第二目 争点及び証拠の整理(第316条の13~第316条の24)[編集]
第三目 証拠開示に関する裁定(第316条の25~第316条の27)[編集]
第二款 期日間整理手続(第316条の28)[編集]
第三款 公判手続の特例(第316条の29~第316条の32)[編集]
関連[編集]

第二節 証拠 (317条~328条)[編集]

関連[編集]

第三節 公判の裁判 (329条~350条)[編集]

関連[編集]

第四章 即決裁判手続[編集]

第一節 即決裁判手続の申立て(第350条の2・第350条の3)[編集]

第二節 公判準備及び公判手続の特例(第350条の4~第350条の11)[編集]

第三節 証拠の特例(第350条の12)[編集]

第四節 公判の裁判の特例(第350条の13・第350条の14)[編集]

関連[編集]

第三編 上訴(第351条~第434条)[編集]

第一章 通則 (351条~371条)[編集]

第二章 控訴 (372条~404条)[編集]

第三章 上告 (405条~418条)[編集]

第四章 抗告 (419条~434条)[編集]

第四編 再審(第435条~第453条)[編集]

第五編 非常上告(第454条~第460条)[編集]

第六編 略式手続(第461条~第470条)[編集]

第七編 裁判の執行(第471条~第507条)[編集]

刑事訴訟法規則[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]