コンメンタール刑事訴訟法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学刑事法コンメンタール刑事訴訟法

Wikipedia
ウィキペディア刑事訴訟法の記事があります。

第一編 総則(第1条~第188条の7)[編集]

第一章 裁判所の管轄(2条~19条)[編集]

  • 第2条(土地管轄)
  • 第3条(関連事件の併合管轄1)
  • 第4条(関連事件の分離移送1)
  • 第5条(関連事件の審判1)
  • 第6条(関連事件の併合管轄2)
  • 第7条(関連事件の分離移送2)
  • 第8条(関連事件の審判2)
  • 第9条(関連事件)
  • 第10条(同一事件と数個の訴訟係属1)
  • 第11条(同一事件と数個の訴訟係属2)
  • 第12条(管轄区域外の職務執行)
  • 第13条(管轄違いと訴訟手続の効力)
  • 第14条(管轄違いと要急処分)
  • 第15条(管轄指定1)
  • 第16条(管轄指定2)
  • 第17条(管轄違いと訴訟手続の効力)
  • 第18条(管轄移転2)
  • 第19条(事件の移送)

関連[編集]

第二章 裁判所職員の除斥及び忌避(20条~26条)[編集]

  • 第20条(除斥の原因)
  • 第21条(忌避の原因、忌避申立権者)
  • 第22条(請求・陳述後の忌避申立て)
  • 第23条(忌避申立てに対する決定)
  • 第24条(忌避申立てに対する簡易却下手続)
  • 第25条(即時抗告)
  • 第26条(裁判所書記官の除斥・忌避)

関連[編集]

第三章 訴訟能力 (27条~29条)[編集]

関連[編集]

第四章 弁護及び補佐 (30条~42条)[編集]

関連[編集]

第五章 裁判 (43条~46条)[編集]

関連[編集]

第六章 書類及び送達 (47条~54条)[編集]

  • 第47条(訴訟書類の公開禁止)
  • 第48条(公判調書の作成・整理)
  • 第49条(被告人の公判調書閲覧権)
  • 第50条(公判調書未整理の場合の当事者の権利)
  • 第51条(公判調書の記載に対する異議申立て)
  • 第52条(公判調書の証明力)
  • 第53条(訴訟記録の閲覧)
  • 第53条の2(情報公開法の適用除外)
  • 第54条(送達)

関連[編集]

第七章 期間 (55条・56条)[編集]

関連[編集]

第八章 被告人の召喚、勾引及び勾留(57条~98条)[編集]

関連[編集]

第九章 押収及び捜索 (99条~127条)[編集]

関連[編集]

第十章 検証 (128条~142条)[編集]

関連[編集]

第十一章 証人尋問 (143条~164条)[編集]

関連[編集]

第十二章 鑑定 (165条~174条)[編集]

関連[編集]

第十三章 通訳及び翻訳 (175条~178条)[編集]

関連[編集]

第十四章 証拠保全 (179条・180条)[編集]

関連[編集]

第十五章 訴訟費用 (181条~188条)[編集]

関連[編集]

第十六章 費用の補償 (188条の2~188条の7)[編集]

関連[編集]

第二編 第一審(第189条~第350条の14)[編集]

第一章 捜査 (第189条~第246条)[編集]

  • 第189条(一般司法警察職員の捜査権)
  • 第190条(特別司法警察職員)
  • 第191条(検察官・検察事務官の捜査権)
  • 第192条(捜査に関する協力)
  • 第193条(検察官の司法警察職員に対する指示・指揮)
  • 第194条(司法警察職員に対する懲戒罷免の訴追)
  • 第195条(検察官・検察事務官の管轄区域外における職務執行)
  • 第196条(捜査の際の注意)
  • 第197条(任意捜査の原則)
  • 第198条(被疑者の出頭要求・取調べ)
  • 第199条(逮捕状による逮捕)
  • 第200条(逮捕状の方式)
  • 第201条(逮捕状の呈示)
  • 第202条(検察官・司法警察員への引致)
  • 第203条(司法警察員の逮捕手続、検察官送致の時間の制限)
  • 第204条(検察官の逮捕手続、勾留請求の時間の期限)
  • 第205条(司法警察員から送致を受けた検察官の手続き、勾留請求の時間の制限)
  • 第206条(制限時間遵守不能の場合の処置)
  • 第207条(被疑者の勾留)
  • 第208条(勾留期間、期間の延長)
  • 第208条の2(勾留期間の再延長)
  • 第209条(留置・弁護人選任申出)
  • 第210条(緊急逮捕)
  • 第211条(通常逮捕の規定の準用)
  • 第212条(現行犯人・準現行犯人)
  • 第213条(現行犯逮捕)
  • 第214条(私人による現行犯逮捕)
  • 第215条(現行犯人を受け取った司法巡査の手続き)
  • 第216条(通常逮捕の規定の準用)
  • 第217条(軽微事件と現行犯逮捕)
  • 第218条(令状による差押え・捜索・検証)
  • 第219条(差押さえ等の令状の方式)
  • 第220条(無令状差押え・捜索・検証)
  • 第221条(領置)
  • 第222条(押収等に関する準用規定等)
  • 第222条の2(電気通信の傍受を行う強制処分)
  • 第223条(第三者の任意出頭・取調べ・鑑定等の嘱託)
  • 第224条(鑑定措置の請求)
  • 第225条(鑑定受託者と必要な処分)
  • 第226条(公判前の証人尋問請求1)
  • 第227条(公判前の証人尋問請求2)
  • 第228条(公判前の証人尋問)
  • 第229条(検視)
  • 第230条(告訴権者1)
  • 第231条(告訴権者2)
  • 第232条(告訴権者3)
  • 第233条(告訴権者4)
  • 第234条(告訴権者の指定)
  • 第235条(親告罪の告訴期間)
  • 第236条(告訴期間の独立)
  • 第237条(告訴の取消し)
  • 第238条(告訴の不可分)
  • 第239条(告発)
  • 第240条(告訴の代理)
  • 第241条(告訴・告発の方式)
  • 第242条(告訴・告発を受けた司法警察員の手続き)
  • 第243条(告訴・告発と取消しへの準用)
  • 第244条(外国代表者等の告訴の特別方式)
  • 第245条(自首)
  • 第246条(検察官への事件送致)

関連[編集]

第二章 公訴 (第247条~第270条)[編集]

関連[編集]

第三章 公判[編集]

第一節 公判準備及び公判手続 (第271条~第316条)[編集]

関連[編集]

第二節 争点及び証拠の整理手続[編集]

第一款 公判前整理手続[編集]
第一目 通則(第316条の2~第316条の12)[編集]
第二目 争点及び証拠の整理(第316条の13~第316条の24)[編集]
  • 第316条の13(検察官による証明予定事実の提示と証拠調べ請求)
  • 第316条の14(検察官請求証拠の開示、証拠の一覧表の交付)
  • 第316条の15(検察官請求証拠以外の証拠の開示)
  • 第316条の16(検察官請求証拠に対する被告人・弁護人の意見表明)
  • 第316条の17(被告人・弁護人による主張の明示と証拠調べ請求)
  • 第316条の18(被告人・弁護人請求証拠の開示)
  • 第316条の19(被告人・弁護人請求証拠に対する検察官の意見表明)
  • 第316条の20(争点に関連する証拠開示)
  • 第316条の21(検察官による証明予定事実の追加・変更)
  • 第316条の22(被告人・弁護人による主張の追加・変更)
  • 第316条の23(証人等の保護のための配慮)
  • 第316条の24(争点及び証拠の整理結果の確認)
第三目 証拠開示に関する裁定(第316条の25~第316条の27)[編集]
第二款 期日間整理手続(第316条の28)[編集]
第三款 公判手続の特例(第316条の29~第316条の32)[編集]
関連[編集]

第三節 被害者参加(第316条の33~第316条の39)[編集]

  • 第316条の33(被告事件の手続きへの被害者参加)
  • 第316条の34(被害者参加人等の公判期日への出席)
  • 第316条の35(被害者参加人等の意見に対する検察官の説明義務)
  • 第316条の36(被害者参加人等による証人尋問)
  • 第316条の37(被害者参加人等による被告人への質問)
  • 第316条の38(被害者参加人等による弁論としての意見陳述)
  • 第316条の39(被害者参加人等への付き添い、遮蔽の措置)

第四節 証拠 (第317条~第328条)[編集]

関連[編集]

第五節 公判の裁判 (第329条~第350条)[編集]

  • 第329条(管轄違いの判決)
  • 第330条(管轄違いによる移送)
  • 第331条(管轄違い言渡しの制限)
  • 第332条(地方裁判書への移送)
  • 第333条(刑の言渡し、執行猶予の言渡し)
  • 第334条(刑の免除の判決)
  • 第335条(有罪の判決)
  • 第336条(無罪の判決)
  • 第337条(免訴の判決)
  • 第338条(公訴棄却の判決)
  • 第339条(公訴棄却の決定)
  • 第340条(公訴取消し後の再起訴)
  • 第341条(被告人の陳述を聴かない判決)
  • 第342条(判決の宣告)
  • 第343条(禁固以上の刑の宣告と保釈等の失効)
  • 第344条(禁固以上の刑の宣告後の勾留・保釈)
  • 第345条(勾留状の失効)
  • 第346条(没収の言渡しの無い押収物)
  • 第347条(押収物還付の言渡し)
  • 第348条(仮納付の裁判)
  • 第349条(刑の執行猶予取消しの請求)
  • 第349条の2(執行猶予取消し請求に対する決定)
  • 第350条(併合罪中大赦を受けない罪について刑を定める手続き)
関連[編集]

第四章 証拠収集等への協力及び訴追に関する合意[編集]

第一節 合意及び協議の手続(第350条の2~第350条の6)[編集]

第二節 公判手続の特例(第350条の7~第350条の9)[編集]

  • 第350条の7(被告人の事件における合意内容書面等の証拠調べの請求)
  • 第350条の8(他人の事件における合意内容書面等の証拠調べの請求1)
  • 第350条の9(他人の事件における合意内容書面等の証拠調べの請求2)

第三節 合意の終了(第350条の10~第350条の12)[編集]

第四節 合意の履行の確保(第350条の13~第350条の15)[編集]

第五章 即決裁判手続[編集]

第一節 即決裁判手続の申立て(第350条の16・第350条の17)[編集]

第二節 公判準備及び公判手続の特例(第350条の18~第350条の25)[編集]

第三節 証拠の特例(第350条の26)[編集]

第四節 公判の裁判の特例(第350条の27・第350条の28)[編集]

関連[編集]

第三編 上訴(第351条~第434条)[編集]

第一章 通則 (第351条~第371条)[編集]

第二章 控訴 (第372条~第404条)[編集]

第三章 上告 (第405条~第418条)[編集]

第四章 抗告 (第419条~第434条)[編集]

第四編 再審(第435条~第453条)[編集]

第五編 非常上告(第454条~第460条)[編集]

第六編 略式手続(第461条~第470条)[編集]

第七編 裁判の執行(第471条~第507条)[編集]

刑事訴訟法規則[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]