刑法第234条の2

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(電子計算機損壊等業務妨害)

第234条の2
人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、5年以下の懲役又は 100万円以下の罰金に処する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第234条
(威力業務妨害)
刑法
第2編 罪
第35章 信用及び業務に対する罪
次条:
刑法第235条
(窃盗)
このページ「刑法第234条の2」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。