コンメンタール刑法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

刑法(日本法)のコンメンタール。

目次

刑法[編集]

第1編 総則[編集]

第1章 通則(第1条~第8条)[編集]

第2章 刑(第9条~第21条)[編集]

第3章 期間計算(第22条~第24条)[編集]

第4章 刑の執行猶予(第25条~第27条)[編集]

第5章 仮釈放(第28条~第30条)[編集]

第6章 刑の時効及び刑の消滅(第31条~第34条の2)[編集]

第7章 犯罪の不成立及び刑の減免(第35条~第42条)[編集]

第8章 未遂罪(第43条・第44条)[編集]

第9章 併合罪(第45条~第55条)[編集]

  • 第45条(併合罪)
  • 第46条(併科の制限)
  • 第47条(有期の懲役及び禁錮の加重)
  • 第48条(罰金の併科等)
  • 第49条(没収の付加)
  • 第50条(余罪の処理)
  • 第51条(併合罪に係る二個以上の刑の執行)
  • 第52条(一部に大赦があった場合の措置)
  • 第53条(拘留及び科料の併科)
  • 第54条(一個の行為が二個以上の罪名に触れる場合等の処理)
  • 第55条 削除
連続犯についての規定が存在したが、1947年(昭和22年)に削除された。

第10章 累犯(第56条~第59条)[編集]

第11章 共犯(第60条~第65条)[編集]

第12章 酌量減軽(第66条・第67条)[編集]

第13章 加重減軽の方法(第68条~第72条)[編集]

第2編[編集]

第1章 削除[編集]

不敬罪規定

第2章 内乱に関する罪(第77条~第80条)[編集]

第77条(内乱)
第78条(予備及び陰謀)
第79条(内乱等幇助)
第80条(自首による刑の免除)

第3章 外患に関する罪(第81条~第89条)[編集]

第81条(外患誘致)
第82条(外患援助)
第83条 削除(通諜利敵の為の破壊行為)
第84条 削除(通諜利敵の為の物品供与)
第85条 削除(スパイ活動)
第86条 削除(前5条以外の全ての通諜利敵行為)
第87条(未遂罪)
第88条(予備及び陰謀)
第89条 削除(戦時同盟国に対する行為)

第4章 国交に関する罪(第90条~第94条)[編集]

第90条 削除(外国の元首に対する行為)
第91条 削除(外国の使節に対する行為)
第92条(外国国章損壊等)
第93条(私戦予備及び陰謀)
第94条(中立命令違反)

第5章 公務の執行を妨害する罪(第95条~第96条の3)[編集]

第95条(公務執行妨害及び職務強要)
第96条(封印等破棄)
第96条の2(強制執行妨害)
第96条の3(競売等妨害)

第6章 逃走の罪(第97条~第102条)[編集]

第97条(逃走)
第98条(加重逃走)
第99条(被拘禁者奪取)
第100条(逃走援助)
第101条(看守者等による逃走援助)
第102条(未遂罪)

第7章 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪(第103条~第105条の2)[編集]

第103条(犯人蔵匿等)
第104条(証拠隠滅等)
第105条(親族による犯罪に関する特例)
第105条の2(証人等威迫)

第8章 騒乱の罪(第106条・第107条)[編集]

第106条(騒乱)
第107条(多衆不解散)

第9章 放火及び失火の罪(第108条~第118条)[編集]

第108条(現住建造物等放火)
第109条(非現住建造物等放火)
第110条(建造物等以外放火)
第111条(延焼)
第112条(未遂罪)
第113条(予備)
第114条(消火妨害)
第115条(差押え等に係る自己の物に関する特例)
第116条(失火)
第117条(激発物破裂)
第117条の2(業務上失火等)
第118条(ガス漏出等及び同致死傷)

第10章 出水及び水利に関する罪(第119条~第123条)[編集]

第11章 往来を妨害する罪(第124条~第129条)[編集]

第12章 住居を侵す罪(第130条~第132条)[編集]

第130条(住居侵入等)
第131条 削除(皇居等侵入)
第132条(未遂罪)

第13章 秘密を侵す罪(第133条~第135条)[編集]

第133条(信書開封)
第134条(秘密漏示)
第135条(親告罪)

第14章 あへん煙に関する罪(第136条~第141条)[編集]

第15章 飲料水に関する罪(第142条~第147条)[編集]

第16章 通貨偽造の罪(第148条~第153条)[編集]

第148条(通貨偽造及び行使等)
第149条(外国通貨偽造及び行使等)
第150条(偽造通貨等収得)
第151条(未遂罪)
第152条(収得後知情行使等)
第153条(通貨偽造等準備)

第17章 文書偽造の罪(第154条~第161条の2)[編集]

第154条(詔書偽造等)
第155条(公文書偽造等)
第156条(虚偽公文書作成等)
第157条(公正証書原本不実記載等)
第158条(偽造公文書行使等)
第159条(私文書偽造等)
第160条(虚偽診断書等作成)
第161条(偽造私文書等行使)
第161条の2(電磁的記録不正作出及び供用)

第18章 有価証券偽造の罪(第162条・第163条)[編集]

第162条(有価証券偽造等)
第163条(偽造有価証券行使等)

第18章の2 支払用カード電磁的記録に関する罪(第163条の2~第163条の5)[編集]

第163条の2(支払用カード電磁的記録不正作出等)
第163条の3(不正電磁的記録カード所持)
第163条の4(支払用カード電磁的記録不正作出準備)
第163条の5(未遂罪)

第19章 印章偽造の罪(第164条~第168条)[編集]

第19章の2 不正指令電磁的記録に関する罪(第168条の2・第168条の3)[編集]

第168条の2(不正指令電磁的記録作成等)
第168条の3(不正指令電磁的記録取得等)

第20章 偽証の罪(第169条~第171条)[編集]

第169条(偽証)
第170条(自白による刑の減免)
第171条(虚偽鑑定等)

第21章 虚偽告訴の罪(第172条・第173条)[編集]

第172条(虚偽告訴等)
第173条(自白による刑の減免)

第22章 わいせつ、強制性交等及び重婚の罪(第174条~第184条)[編集]

第174条(公然わいせつ)
第175条(わいせつ物頒布等)
第176条(強制わいせつ)
第177条(強制性交等)
第178条(準強制わいせつ及び準強制性交等)
第178条の2 削除(集団強姦等)
第179条(監護者わいせつ及び監護者性交等)
第180条(未遂罪)
第181条(強制わいせつ等致死傷)
第182条(淫行勧誘)
第183条 削除(姦通)
第184条(重婚)

第23章 賭博及び富くじに関する罪(第185条~第187条)[編集]

第185条(賭博)
第186条(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第187条(富くじ発売等)

第24章 礼拝所及び墳墓に関する罪(第188条~第192条)[編集]

第188条(礼拝所不敬及び説教等妨害)
第189条(墳墓発掘)
第190条(死体損壊等)
第191条(墳墓発掘死体損壊等)
第192条(変死者密葬)

第25章 汚職の罪(第193条~第198条)[編集]

第193条公務員職権濫用
第194条(特別公務員職権濫用)
第195条(特別公務員暴行陵虐)
第196条(特別公務員職権濫用等致死傷)
第197条(収賄、受託収賄及び事前収賄)
第197条の2(第三者供賄)
第197条の3(加重収賄及び事後収賄)
第197条の4(あっせん収賄)
第197条の5(没収及び追徴)
第198条(贈賄)

第26章 殺人の罪(第199条~第203条)[編集]

第199条(殺人)
第200条 削除(尊属殺重罰規定)
第201条(予備)
第202条(自殺関与及び同意殺人)
第203条(未遂罪)

第27章 傷害の罪(第204条~第208条の3)[編集]

第204条(傷害)
第205条(傷害致死)
第206条(現場助勢)
第207条(同時傷害の特例)
第208条(暴行)
第208条の2(危険運転致死傷)
第208条の3(凶器準備集合及び結集)

第28章 過失傷害の罪(第209条~第211条)[編集]

第209条(過失傷害)
第210条(過失致死)
第211条(業務上過失致死傷等)

第29章 堕胎の罪(第212条~第216条)[編集]

第212条(堕胎)
第213条(同意堕胎及び同致死傷)
第214条(業務上堕胎及び同致死傷)
第215条(不同意堕胎)
第216条(不同意堕胎致死傷)

第30章 遺棄の罪(第217条~第219条)[編集]

第217条(遺棄)
第218条(保護責任者遺棄等)
第219条(遺棄等致死傷)

第31章 逮捕及び監禁の罪(第220条・第221条)[編集]

第220条(逮捕及び監禁)
第221条(逮捕等致死傷)

第32章 脅迫の罪(第222条・第223条)[編集]

第222条(脅迫)
第223条(強要)

第33章 略取、誘拐及び人身売買の罪(第224条~第229条)[編集]

第224条(未成年者略取及び誘拐)
第225条(営利目的等略取及び誘拐)
第225条の2(身の代金目的略取等)
第226条(所在国外移送目的略取及び誘拐)
第226条の2(人身売買)
第226条の3(被略取者等所在国外移送)
第227条(被略取者引渡し等)
第228条(未遂罪)
第228条の2(解放による刑の減軽)
第228条の3(身の代金目的略取等予備)
第229条(親告罪)

第34章 名誉に対する罪(第230条~第232条)[編集]

第230条(名誉毀損)
第230条の2(公共の利害に関する場合の特例)
第231条(侮辱)
第232条(親告罪)

第35章 信用及び業務に対する罪(第233条~第234条の2)[編集]

第233条(信用毀損及び業務妨害)
第234条(威力業務妨害)
第234条の2(電子計算機損壊等業務妨害)

第36章 窃盗及び強盗の罪(第235条~第245条)[編集]

第235条(窃盗)
第235条の2(不動産侵奪)
第236条(強盗)
第237条(強盗予備)
第238条(事後強盗)
第239条(昏酔強盗)
第240条(強盗致死傷)
第241条(強盗・強制性交等及び同致死)
第242条(他人の占有等に係る自己の財物)
第243条(未遂罪)
第244条(親族間の犯罪に関する特例)
第245条(電気)

第37章 詐欺及び恐喝の罪(第246条~第251条)[編集]

第246条(詐欺)
第246条の2(電子計算機使用詐欺)
第247条(背任)
第248条(準詐欺)
第249条(恐喝)
第250条(未遂罪)
第251条(準用)

第38章 横領の罪(第252条~第255条)[編集]

第252条(横領)
第253条(業務上横領)
第254条(遺失物等横領)
第255条(準用)

第39章 盗品等に関する罪(第256条・第257条)[編集]

第256条(盗品譲受け等)
第257条(親族等の間の犯罪に関する特例)

第40章 毀棄及び隠匿の罪(第258条~第264条)[編集]

第258条(公用文書等毀棄)
第259条(私用文書等毀棄)
第260条(建造物等損壊及び同致死傷)
第261条(器物損壊等)
第262条(自己の物の損壊等)
第262条の2(境界損壊)
第263条(信書隠匿)
第264条(親告罪)

改正刑法草案[編集]

(昭和49年5月29日法制審議会総会決定)

第1編総則[編集]

  • 第1章(刑の適用)
  • 第2章(犯罪)
  • 第3章(未遂犯)
  • 第4章(正犯及び共犯)
  • 第5章(刑)
  • 第6章(刑の適用)
  • 第7章(累犯)
  • 第8章(競合犯)
  • 第9章(刑の執行猶予)
  • 第10章(没収)
  • 第11章(仮釈放)
  • 第12章(保護観察)
  • 第13章(刑の時効)
  • 第14章(刑の消滅)
  • 第15章(保安処分)
  • 第16章(期間)

第2編各則[編集]

  • 第1章(内乱に関する罪)
  • 第2章(外患に関する罪)
  • 第3章(国交に関する罪)
  • 第4章(職務に関する罪)
  • 第5章(公務妨害の罪)
  • 第6章(逃走及び蔵匿の罪)
  • 第7章(偽証及び証拠隠滅の罪)
  • 第8章(虚告の罪)
  • 第9章(騒動の罪)
  • 第10章(爆発物及び危険物に関する罪)
  • 第11章(放火及び出火の罪)
  • 第12章(出水及び水利に関する罪)
  • 第13章(交通妨害罪)
  • 第14章(船舶及び航空機の強奪及び運航支配の罪)
  • 第15章(公衆の健康に関する罪)
  • 第16章(通貨偽造の罪)
  • 第17章(有価証券偽造の罪)
  • 第18章(文書偽造の罪)
  • 第19章(署名押印偽造の罪)
  • 第20章(礼拝所に関する罪)
  • 第21章(風俗を害する罪)
  • 第22章(賭博及び富くじに関する罪)
  • 第23章(殺人の罪)
  • 第24章(傷害及び暴行の罪)
  • 第25章(過失傷害の罪)
  • 第26章(堕胎の罪)
  • 第27章(遺棄の罪)
  • 第28章(逮捕及び監禁の罪)
  • 第29章(略取及び誘拐の罪)
  • 第30章(姦淫の罪)
  • 第31章(脅迫の罪)
  • 第32章(住居を侵す罪)
  • 第33章(名誉に対する罪)
  • 第34章(信用及び業務に対する罪)
  • 第35章(秘密を侵す罪)
  • 第36章(堕胎の罪)
  • 第37章(詐欺の罪)
  • 第38章(恐喝の罪)
  • 第39章(横領及び背任の罪)
  • 第40章(贓物に関する罪)
  • 第41章(損壊の罪)

特別刑法[編集]

  • 軽犯罪法

外部リンク[編集]


このページ「コンメンタール刑法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。